top of page

【2023】Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法

更新日:2023年9月26日

自社のInfor SyteLineは複数のビジネスプロセスを最適化する強力な特徴だったが、Infor SyteLine ERPとCRM、POS、会計、Eコマースなど他のソリューションにデータを連携することには時間や資源やお金がたくさんかかります。どうやってこの問題を取り組めるか、答えはこれから詳しく説明する「Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法」にあります。


Infor SyteLine統合とはなんですか?

【2023】Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法

Infor SyteLineについて少し話しましょう!ご存じかもしれませんが、Infor SyteLineは中堅規模の組立製造業をはじめ、製造業向けに特化された企業資源計画(ERP)ソリューションです。強力なBOM機能や高度なレポート機能を搭載されており、生産プロセスをよりスムーズに実行できます。


Infor SyteLineの機能、強み、優れた評価により、ERPソリューション業界で、Infor SyteLineが製品中心企業向けのクラウドERPリーダーの一つであるというGartnerの評価を確認できるものです。


では、Infor SyteLine統合とは何でしょうか?企業デジタル変革のプロセスにはERP統合もう珍しいことではありません。その中で、Infor SyteLine統合は、企業が自社の企業資源計画システムを他のソフトウエア・データベース・外部のシステムを連携し、異なる無事ネス機能間でシームレスな方法でふぉうきすることを目的としたソリューションの一つです。


Infor SyteLineはこちらのInfor SyteLine ERPシステムと他の多くのソフトウエア・ツールにかかる橋として機能し、それらが調和して十個することを可能にするものと想像しましょう。つまり、ERP統合はERPシステムの機能を拡張し、多様なソースのデータを利用して可視性を向上させ、効率を向上させ、ビジネス上の意思決定を支援します。


Infor SyteLine統合を導入する前に、企業はどのような問題に直面していますか?

Infor SyteLineは、組織向けの単一の情報ソースを作成し、ビジネスプロセスを合理化するのに重要な役割を果たしています。ただし、効率的に機能されるには、データの品質やデータ入力方法は重要であり、ERP導入時に直面する困難な問題の一つです。以下に、Infor SyteLine ERPに依然として存在するいくつかの問題点について触れたいと思います。


1.手動データ入力

ERPを他のアプリケーションに連携しないことは、データがまだ別のシステムに存在しているということです。それで、メール、Google sheet、請求書、在庫などから手動データ入力の日常的な業務を従業員に負担させます。


【2023】Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法

ビジネスプロセスの自動化がないと、多くのリソースが消費だけではなく、手入力のエラーや重複データなど、他の多くの操作エラーの原因になってしまい、重要なビジネスプロセスを中断します。


2.企業には、レガシーシステムは最新のシステムと互換性がない

ほとんどの場合には、企業がレガシーシステム実行していれば、以前システムとCRM、POS、会計など、最新のシステムとの間の非互換性により、システム間におけるデータ交換がスムーズでなく、統一性がなくなり、データの正確さに影響を与えます。


3.意思決定能力を減らす

個別システムは手動データ入力で、データが発生する時すぐにERPに送信できないこともわかります。それで、リアルタイムで処理できないデータに基づいくデータが信頼性の低下、ビジネスプロセスの停滞、収益の損失などを引き起こします。


4.顧客の満足度を低下

上記の問題を表示されるように、部門・システム間のスムーズではないというコミュニケーションの障壁が統一性がないデータの原因となり、顧客のライフサイクルにおける重複エラーが増加させていることがわかります。


情報が更新されないし、在庫切れので注文が間違っているし、ある段階から別の段階に移動するには多くの時間がかかるし、提供されたデータが実際に比べると違うなど、影響を受けるのは顧客です。



企業が直面しているのはそれだけではないと認識しています。なぜなら、ERPシステムの拡張、ビジネスのデジタル変革、顧客の定着と満足を目指す道において、これらは単なる問題であり、この先には多様な困難が積み重なっているからです。ERP統合の導入を検討することは、問題を根元から改善する方法を見つけ、組織の欠点を改善し、それをERPシステムを拡張を発展の機会として捉えることです。


Infor SyteLine ERP統合はどのように実行されますか?

Infor SyteLine統合をはじめ、ERP統合はInfor SyteLine(ERP)と他のアプリケーション・ソフト・システム間でコミュニケーションチャネル・デーら交換チャネルを作成するという原則に基づいて動作します。具体的には、一つのOpen APIs・Infor ION(Intelligent Open Network)などのInfor SyteLine のアプリケーション・プログラミング・インタフェース(APIs)を外聞システム・ビジネスアプリケーションのAPIsに連携し、フロー データをシームレスに交換できるようにします。Infor IONプラットフォームはデータを標準化されたXMLの共通言語に変換し、Infor SyteLine システムを簡単に統合できるようにします。


【2023】Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法

統合することは、普通にシステム間の仲介的な役割を果たすミドルウェアまたは統合プラットフォームに依存します。ミドルウェアソリューションはデータ形式を移動し、変換にし、システム間の互換性と一貫性を確保します。


統合プロセスはERPシステムと統合されたシステム間のデータマッピングに基づいて、データが正確に編成され、同期されている子ことを確認します。重複のデータやデータの誤解は、どちらもこの重要なステップによって判断されます。



ERP統合の違いは、導入できた後はシステム間で双方向にデータを交換できるため、情報をリアルタイムで更新し共有できることです。


Infor SyteLine 統合を導入するメリット

今から、SyteLine統合がもたらす利点を通じて、すぐにそれをさらに詳しく理解できるようになります。


【2023】Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法

ERPシステム精度向上

手動入力を最小限に抑えることで、時間節約・従業員が常に犯す間違いを最小限に抑えることができます。したがって、Infor SyteLine ERPにデータ入力はリアルタイムで実行されることが確認されます。


すべてのデータをInfor SyteLine ERPに収集することで、これが唯一の信頼できる情報源となり、情報の不一致が発生すれば従業員がERP内のデータを参照できるようになります。


前に述べたように、ERPシステムに入力されたデータの精度が向上するのはInfor SyteLineを改善のポイントであり、新機能の導入、ビジネスプロセスの自動化、Infor SyteLineを拡張の基盤となります。


ビジネスプロセスを自動化

Eコマース、CRM、POS、EAMなどのソフトウエアから発生られる顧客データ、請求書データ、および多様なビジネスデータは発生するときにERPシステムに送信する必要があります。つまり、リアルタイムでデータを更新する必要があります。


Infor SyteLine導入できれば、時間の無駄や従業員の負担となるERPにデータ手動入力について心配しなくなります。その代わりに、すべてのシステムはERPに連携し、人的エラーを削減し、システムや部門全体でビジネスとワークフローのプロセスを合理化するのに役立ちます。


そうすると、一連の複雑なビジネスプロセスを管理することに心配なくなります。ビジネスプロセス、マーケティング、カスタマーケアーに至るまで、組織の概要を把握するのに役立つシステム上に明確かつ統一的に整理されています。


意思決定可能を改善

Infor SyteLine統合は人的エラーを最小限に抑えるだけでなく、システム内に正確でリアルタイムのデータを提供します。それに基づいて、高いレベルで実行的なインサイトを導き出し、ビジネスが新たな高みへと上昇するのに役に立つビジネス上の意思決定を下します。


販売変換のスピードアップ

改善されたERPシステムと最適化された拡張機能のおかげで、顧客の体験を向上します。販売変換のスピードを上げるのはそれの一つであり、Webサイトにアクセスする顧客が見込み顧客に変換し、見込み顧客が顧客に変換できることを意味します。Infor SyteLineにより、統合を導入する前より成功率でこのプロセスの時間を短縮できます。


注文はリアルタイムでInfor SyteLine ERPに送信されるのため、お客さんが注文・注文状況につて最新の情報を簡単に変更できます。Eコマースプラットフォームのビジネスユーザーは簡単にログインして前払いできます。 顧客体験の向上は、古い顧客を呼び戻し、新しい顧客を引き付けるための鍵です。


マルチプラットフォーム統合ソリューション・HexaSyncで、Infor SyteLine統合を迅速かつ最適なコストで導入


【2023】Infor SyteLine統合:自動化・自社のERPシステムを拡大する方法

全部のシステムが相互に一貫性のないデータを利用する混乱は、企業全体に大きな波及効果をもたらすことを想像してください。生産の停滞、在庫水準の上昇、コストの高さといった課題に直面すると、お金、人員、時間を費やして解決する以外に選択肢はありません。


今検討すべきことは、Infor SyteLine統合を迅速かつ最適なコストで導入することです。そのため、課題に対応して、データを監視および同期するミドルウェアであるHexaSyncマルチプラットフォーム データ統合ソリューション、リアルタイムが問題を解決する選択肢です。 HexaSyncのInfor SyteLine 統合ソリューションは、あらゆる種類のデータ、特に製品カタログ、保証、出荷、顧客、在庫、請求書、注文、製品など、重要なデータを処理できます。


いつでもどこでもサポートするHexasyncの主な機能:

  • ミドルウェア:すべての複雑な統合をサポートするアプリケーションに依存しないプログラム。

  • EAV Design Pattern:データモデリング機能の強化。

  • Message Queue-Based Architecture(メッセージ キュー ベースのアーキテクチャ): スタンドアロン アプリケーションのコードを削減しながら、パフォーマンス、信頼性、柔軟なスケーラビリティを向上させます。

  • Cell-based Mapping:永続的な同期のためにデータ ファイルを特定します。

  • 他のERPアプリケーションとの統合: HexaSyncを利用すれば、EコマースのストアフロントをあらゆるERPソリューションに簡単に接続できます。


SyteLine は、サポートされるアプリケーションを提供し、できるだけ完全なソリューションを作成およびアップグレードすることを目的としているという点で、他のERPベンダーとは大きく異なります。 Infor SyteLine がShopify、BigCommerce などあらゆるシステム に接続できることは理解できるでしょう。


HexaSyncを使用すると、ビジネス プロセスの自動化がこれまでより簡単になり、すべてのデータを正確かつシームレスに、最も手頃なコストで同期できます。


結論

Infor SyteLine統合をはじめ、ERP統合が必要不可欠であり、既存のInfor SyteLineシステムを完成させ、より多くの新機能を開発するをようにしてビジネスのERP拡張を促進します。


この記事を通じて、Infor SyteLine 統合と、それをビジネスに導入する必要がある理由を詳しく理解していただければ幸いです。 ご質問がある場合は、遠慮なくすぐにHexaSyncにお問い合わせください。


閲覧数:23回0件のコメント
bottom of page