top of page

Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと

更新日:2023年10月9日

Magentoの概要

Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_0

Magentoは、500000を超えるのオンラインウエブサイトで使用されるの一流のEコマースプラットフォームです(2023年9月、Builtwithによる)。Magentoは、PHP言語で作成されるオープンソースであり、開発者や自社開発者のようなユーザに向けて無料で使用できます。


MagentoまたはMagento2は、2015にリリースされアップデートで、目立つ機能で最新の開発方法を提供します。Magento2リビューについて深く確認し、同じ分野のプラットフォームにより特別な利点・市場におけるMagento2の影響力についてわかります。


MagentoとERPに統合することは何ですか?

Magento 2 とERPの統合なぜ不可欠であるかと理解するには、まず「ERPとは何ですか」という質問を戻しましょう。ERPはオンラインストアとオフラインストアの間の同期に重要な役割を果たしていることは明らかです。


ERPはERPシステムを他のプラットフォーム・ビジネスアプリケーションに完全に連携し、同期するプロセスで、合理的な体験を提供し、唯一の真実のデータソースからリアルタイムのデータを収集、追跡、分析することができます。


Magento2ERPの統合はこの統合概念の代表的な例の一つです。このプロセスにより、2 つのプラットフォーム間でデータを Magento から ERP システムへ、またはその逆に両方向に転送できるようになります。このプロセスの同期タスクには、顧客情報、注文情報、製品リスト、在庫、請求書などが含まれます。また、MagentoをERPに統合すること通じて、ほとんどのビジネス業務が管理し、CRM、販売、会計などの一般的なビジネスアプリケーションを統合することができます。


ERP統合、特にMagento ERPの統合により、迅速な意思決定から企業の資源の効果的な使用まで、ビジネス戦略の開発が順調になります。この統合の利点をさらに詳しく調べるために、以下の質問に対する答えを見てみましょう。


MagentoをERPに統合する必要がありますか?

  • あなたはMagentoを使用している方ですか?

MagentoでEコマースストアを運用しています。それとともにERPシステムを開発する予定の方。

  • あなたはMagentoを使用する予定の方ですか?

企画資源計画・ERPシステムを使用しており、Magentoプラットフォーム上にEコマースチャネルを建築しようとしている方。


上記のどちらの場合でも、ERPとEコマースを管理し、さらにその二つのプラットフォームを同時に実行する際の追加アプリも管理することになります。統合しなければ、MagentoEコマースプラットフォーム間のデータは引き続きERPに送信されますが、主に精度が非常に低い手動入力によるものです。


したがって、どのような場合でもこれらの二つのプラットフォームを統合することあが、ビジネスの業務効果を向上させ、特に次の問題を解決する最良の方法です。

  • 異なるシステム間でのデータ転送のエラーや困ることを軽減

  • ビジネスプロセスを自動化し、運用コストを削減

  • 部門間でのを協力を強まり、データの信頼性を強化

  • 統合による無限のデータストレージ可能性があり、高度なデータ分析およびレポート機能を備えた。

MagentoストアをERPに統合することは全部の情報を含む唯一のシステムを通じて、販売、分析、サプライチェーン管理、在庫品などのビジネス業務と他の重要なビジネスシステムを管理できます。MagentoとERPとの統合が提供する信頼できる唯一の情報源を利用して、統合導入とビジネスの拡張について検討始めましょう。


MagentoとERPとの統合を導入する前に知っておくべきこと

次はMagentoストアとERPとの連携を導入する前に注意点がいくつかあります


適切な戦略と慎重に計画を立てる


Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_1

まず、統合を実行する目的を明確に定義するべきです。企業がこのプロジェクトから何を得ることを目指しているのか、またそのプロセス中にどのような問題が発生する可能性があるのかを必ず把握しておきます。


ERP統合の明確な戦略を立てるために、できれば多様な質問をするようにます。例えば:

  • この統合プロジェクトから何を達成したいですか?

  • ERPソリューションとMagentoシステム間で統合したい具体的なポイントはどれですか?

  • 自社のデータはどこからどこまで転送するか知っていますか?

  • デーデータを一方向に流す必要がありますか、それとも双方向に流す必要がありますか?タを一方向か?

  • その流れの頻度はどれくらいだと予想されますか?

要件を詳細に説明


Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_2

チャレンジを把握して詳細な計画を作成した後、計画内のすべての要件を詳細に説明しましょう。目的を確認し、あなたのすべての要件について「完了」を明確に定義することが日所に重要です。


今回のプロジェクトの要件に基づいて、次のポイントを慎重に検討しましょう。

  • 予算:このプロジェクトにどれくらいの資金を投資できますか?

  • タイミング:成果物を達成するのに必要な時間と、可能な限り最良のプロジェクト完了日。

  • 品質:要件と比較して受け入れるパフォーマンスのレベル。

最適なチーム


Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_3

ERPとMagento2との統合は簡単ではありません。それで、メンバーを慎重に選択してください。


Magento 2 ERP統合では、チームに次のメンバーが重要です。

  • ステークホルダー・関係者:このプロジェクトのユーザーまたは顧客として機能する関連ビジネス分野の方。

  • 統合により業務処理が影響を受ける財務、販売、在庫、顧客サービスなどの各事業部門のメンバー。

  • Magento2・EコマースとERPの両方の知識を持ち、両方間で情報を交換できる方。

  • 知識と経験のあるメンバーがプロジェクオーナーの役割を担って、目標を設定し、プロジェックとの範囲を定義し、プロジェックのすべての要件に対応する最終決定を下す必要があります。

なによりも、全部のチームメンバーがプロジェックとの全体的な目標、計画、範囲と要件、およびプロセスを明確に理解していることを確認してください。 メンバー間の透明性を確保することがプロジェクトの成功の鍵です。


データ準備


Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_4

準備が整っているデータプラットフォーム(十分にテストされ、処理されたデータ)はMagento2ERP統合プロジェックの複雑さを軽減します。もちろん、このプロセスを実装する際の時間とコストを節約できます。


では、データを準備するため、どうすればいいですか?

  • MagentoとERPの両方システムで十進法、データ、数値、テキストなどのデータ型をファイルに保存します。

  • 不正確の数値を修正し、重複を削除したり、豊富なインデックスやレコードを削除したりして、データベースをクリーンアップします。

  • e コマース ストアのバックアップとして在庫の会計をもう 1 つ追加します。 統合時に使用させていただきます。

  • 機密データを安全に保つ必要がある場合は、セキュリティとコンプライアンスの問題に事前に対処してください。

効果的な統合ソリューションとパートナーを選択します。


Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_5

現在、中小企業から大企業まであらゆる規模の企業向けのERP統合ソリューションがたくさんあります。したがって、企業の予算と目標に合った統合ソリューションを見つけるのは簡単です。ERP ソリューションを選択するときは、多くの機能を考慮する必要があります。統合プロジェクトで設定された要件に適合する限り、オンプレミス ERP またはクラウド ERP を選択できます。さらに、ビジネスワークフローに適合するモジュールと機能の種類を検討したほうがいいです。


ほとんどjのERPには、統合が組み込まれておりますが、その数と範囲は依然として制限されています。サプライヤーから完全なソフトウェアを購入するか、市場で人気のあるソリューションのみを使用しない限り、これらの組み込み統合では企業が必要とする統合要件をすべて満たすことはできないと言われています。次は企業がよく使用するERP統合方法です。

  • ポイントツーポイントの統合(Point-to-Point)

  • エンタープライズ サービス バス (ESB・Enterprise Service Bus )

  • サービスとしての統合プラットフォーム (iPaaS・Integration Platform as a Service)


Magento企業向けのバージョンには、「ERPとの連携」という機能がAdobe Experience Cloudの機能カテゴリーに組み込まれています。しかし、前述したように、この統合には多大な時間と費用がかかり、特に Magento のようなプログラミング知識を必要とするプラットフォームの場合、ERP との統合はさらに複雑になります。 これは、多くのビジネスオーナーがHexasyncのような適切なサードパーティプラットフォームを選択する理由です。


クロスプラットフォーム統合ソリューション・HexaSyncを使用して、Magentoを ERPと迅速かつ効率的に統合


Magento 2とERPの統合:統合を導入する前に知っておくべきこと_6

ミドルウェアは、使用中にユーザーフレンドリーな方法で多くの異なるアプリやプラットフォームを連携できるソフトウェアです。ビジネスプロセスを管理する同期に、企業の時間や資源を大幅に節約できるようにします。


リアルタイムでデータを監視し同期するためのミドルウェアとしてHexaSyncはMagentoストアとERPとの統合要件に適した信頼できるオプションです。これは、レガシー システムと最新のシステムを含む多くのシステムの接続に成功したマルチプラットフォーム データ統合ソリューションです。


次はMagento2ERP統合が順調に実行するための目立つ機能です。

  • ミドルウェア:すべての複雑な統合をサポートするアプリケーションに依存しないプログラム。

  • EAV Design Pattern:データモデリング機能の強化。

  • Message Queue-Based Architecture(メッセージ キュー ベースのアーキテクチャ): スタンドアロン アプリケーションのコードを削減しながら、パフォーマンス、信頼性、柔軟なスケーラビリティを向上させます。

  • Cell-based Mapping:永続的な同期のためにデータ ファイルを特定します。

  • 他のERPアプリケーションとの統合: HexaSyncを利用すれば、EコマースのストアフロントをあらゆるERPソリューションに簡単に接続できます。

つまり

Magento 2をERPに統合プロジェックの導入は複雑で多額の予算がかかりますが、なによりも業務プロセスの高速化と収益の増加が必要です。企業が拡張すれば、拡張するほどMagento2とERPとの統合が重要になり、売上を減らすことなくプロセスを自動的に管理できるようになります。


Magento 2 ERP 統合の実装の複雑さを軽減するには、適切な計画と準備が必要です。 明らかに、このプロセスには途中でさらなる課題が生じる可能性がありますが、目標を達成し、優れたチームを擁し、適切なソリューション パートナーと協力すれば、プロジェクトを完了するのはそれほど難しいことではありません。


閲覧数:6回0件のコメント

Comentários


bottom of page