top of page

SAP S/4 HANA導入オプション・導入プロジェクトにおける役割

概要

企業が組織を最新化し、デジタル変革に適応できるよう、SAPをゼロから導入する新たなケースが増えています。 2027 年までサポートを終了するという SAP ERP の発表により、多くの SAP ユーザーがSAP S/4 HANA (S/4 HANAへの移行を検討するようになりました。ほとんどの導入プロジェクトは、技術アップグレード、機能アップグレード、または変換です。 SAP プロジェクトと、各 SAP S/4 HANA プロジェクトに含まれる役割について学び始めましょう。


SAP S/4 HANAとは・SAP S/4 HANA導入の意味


SAP S/4 HANA導入オプション・導入プロジェクトにおける役割_1

SAP S/4HANA」は、ドイツSAP社が提供するERPソリューションで、「SAP ERP」の第4世代後継ソリューションであり、インメモリデータベース「SAP HANA」を基盤としました。デジタル エコノミーで成功する目的を目指する組織向けに設計されたソリューションです。一般的なデータベースがハードディスクなどの補助記憶装置にデータを保持するのに対し、インメモリ データベースはすべてのデータをメモリ (ストレージ メイン データベース) に保持することで高い処理速度を実現します。

SAP社は、リリースされたソフトウェアバージョンを限られた期間のみサポートします。もちろん、他のソリューション プロバイダーと同様に、SAP ERP のサポート終了は必要です。この理由に加えて、SAP S/4 HANAがビジネスの移行先ポイントであることには、次の理由もあります。

  • SAP HANA データベースを基盤としてSAP S/4 HANA の高速データ処理速度です。統一システムでのレポート作成と分析により、企業が迅速なビジネス上の意思決定を行えるようになります。

  • インフラストラクチャと技術アーキテクチャは技術の発展に対応し、企業が外部の世界、特に 顧客と機械と迅速かつ簡単に接続できるようにします。

  • シンプルで使いやすい新設計のUX・UIシステム SAP Fioriを搭載 - ビジネスと外部の世界 - 顧客と機械を接続します。

  • SAP S/4 HANAには、財務会計、販売調達、サービス、資産管理などのさまざまなモジュールが含まれています。SAP S/4 HANAのモジュールは緊密に統合されているため、企業は必要なときに情報に迅速にアクセスでき、柔軟に拡張できます。

もちろん、他にも二次的な理由はたくさんありますが、SAP の優れた ERP ソリューションがもたらすメリットをより具体的に知るには、SAP S/4 HANAの概要を参照してください。


SAP S/4 HANA導入オプション

システムコンバージョン

SAP (ECC) でビジネスが順調に成長している場合、S/4 HANAシステムへの移行は非常に便利です。十分に文書化されたプロセスとアプローチ、およびシステム変革に利用可能なツールのおかげです。実際、多くの既存の SAP ECC バージョンは、レガシー データをそのまま残したままSAP S/4 HANAに正常に変換されました。このプロセスでは、既存のシステムで開発されたカスタム コードのコード最適化手順を含む、新しいデータ モデルへのデータ移行が実行されます。 SAP S/4 HANA に移行する 3 つのアプローチの詳細については、「SAP S/4 HANAに移行する3つの方法」を参照してください。


SAP S/4 HANA導入オプション・導入プロジェクトにおける役割_2

S/4 HANAの新規導入

これは、SAP上で運営しながら、最適なSAP実装計画を持っていない企業にも完全に適しています。この場合、蓄積されたデータの量は非常に多くなりますが、最善の選択肢はSAP S/4 HANA の新しい実装である可能性があります。


最適とは言えない企業構造

多くの場合では、企業はSAP導入において組織要素の定義を再定義する必要があります。これは、ほとんどの場合、これらの要素の定義は、SAPプロセスを完全かつ包括的に理解していない実装の開始時に行われるからです。

他の特定のケースでは、元の実装時のSAPの制約が企業構造の定義の決定に影響を及ぼし、その結果、あまり最適なセットアップが得られなかった可能性があります。いくつかの新機能により、前の制約は無関係になり、より現実的なエンタープライズ アーキテクチャ定義の範囲が広がります。 したがって、このようなケースには、S/4 HANA を開始することが最適な解決策となります。


データ品質の低下

マスターデータをはじめ、データの問題はSAP上で運営している企業の一般な状況です。

ビジネス構造定義が最適化されていないのと同様に、データ構造定義も間違っている可能性があります。例えば、品目マスターの番号付けロジック、顧客または仕入先のアカウント グループの定義の基礎、勘定科目表の構造など。これらすべてが、ビジネス プロセスの柔軟性の低下につながり、それによってビジネスを斑点のある作業に縛り付ける可能性があります。

またマスターデータのガバナンスの欠如:多くのケースでは、大量のデータが無制限に作成され、適切な管理メカニズムが適用されていないため、システム内に過剰なデータが存在します。


企業がSAPを最大限に活用しない

以下は、SAPの機能が十分に活用されていない主な理由です。

  • ビジネス要件は大幅に変化または進化している一方で、IT ランドスケープ内のプロセスを更新するための時間、リソース、予算の利用可能性などのさまざまな理由により、対応する ERP セットアップが追いついていません。

  • 基本の計算など単純な条件で、当初の導入プロジェクトの前提は単純です。それに。結果の設定方法が時差氏のビジネス要件に実際のメリットやサポートを提供していないため、SAP の機能が十分に活用されません。

  • 与信管理、実際の原価    計算、返品処理、現金割引、資材計画など、特定の特殊を必要とする工程でデータを確保できなければ品質が低下するため、これらの工程を冗長化または廃棄されることになります。


高レベルのカスタム開発

企業が基準の実行方法のベストプラクティスに従わない規制プロセスを導入していることがあります。初期の実装かた、主にシステムを古いプロセスのやり方に適応させるために必要な多くの進行中の変更。それで、このような環境になります。

  • 変化に対して、柔軟な対応ができません(多大な労力とコストがかかります)

  • 重度のメンテナンス – 高度にカスタマイズされた環境では、メンテナンスのために下位組織全体が発生し、組織のリソースと収益に負担がかかります。

  • 新しいイノベーションを活用できません。

このような環境では、S/4 HANAへの移行は、行われたカスタマイズを確認し、新たな実装を通じて標準のベスト プラクティスに適応する良い機会となります。


SAP S/4 HANA導入プロジェクトにおける役割

SAP S/4 HANAプロジェクトを最適に実行するには、組織内外の人材と専門家の間で調整が必要です。以下は各SAP S/4 HANAプロジェクトにおける7つの主要な役割です。

  • プロジェクトマネージャー:プロジェクトを一度に実行するための一般的なプロジェクト管理、予算、人的リソース。

  • ソリューションアーキテクト:ソリューション全体に対する影響、変更、影響を明確に理解する必要がある人。

  • チームリーダー:各分野には、同じアプリケーションに基づく分野の変化を誰でもより深く理解しているチーム リーダーがいます。この役割はプロジェクトがどのような影響を受けるかを知り、変更ゾーンや s4 hana の使用時に発生する問題を検出しる責任を持ちます。

  • SAPコンサルタント: 変更された各項目を確認し、割り当てられた問題を確認、理解して修正します。彼らは、変更によって特定の機能が失敗した場合に次に何をすべきかについてアドバイスを与え、どの変更が組織に悪影響を及ぼさないかを判断する役割を担います。   

  • SAPテクニカル コンサルタント: ABAP開発言語を使用し、変更された機能について SAPコンサルタントと協力します。

  • ビジネスリーダー:ビジネスプロセスで何かが変化しているかを取得します。必要に応じてプロセスや組織の変更を行う人たちです。

  • ビジネスユーザー:自分が利用するシステムはどのように変化しているかを理解できます。

では、SAP 導入プロジェクトにおけるこれらの役割間の関係はどのように行われるのでしょうか?通常、S/4 HANAプロジェクトでは次のように行われます。

  • まず、プロジェクトマネージャーとビジネスリーダーの2つの役割の決定からです。相談した後で、「新しいMRPを実行しようとする」という決定に至ります。(MRPはS/4 HANAの用語では若干の違いがあります)

  • ソリューション アーキテクトと話し合って、アーキテクトは「了解です。この機能は実装できます。OOOのような影響が生じる可能性があります...」と判断します。

  • 決定後、この業務はコンサルタントとSAPテクニカル (コンサルティング、実装、テスト) という2つのコンサルティング役割に割り当てられ、ビジネス ユーザーに送信されます。

SAP S/4 HANA導入プロセスの注意点

SAPのような大規模のシステムへ移行する際には、次のようなことを身につけましょう。


SAP S/4 HANA導入オプション・導入プロジェクトにおける役割_3

その他システムデータを連携

SAPには、販売管理、在庫管理、製品の品質管理、財務会計から受発注・物流など、ビジネスの中核をなすモジュールで構成された基幹システムだけでなく、給与計算、ECサイト、BI用のDWHなど多数含まれることは一般的です。データを外部のシステムやサービスにリンクする必要があります。

したがって、S/4 HANAに移行する場合は、S/4 HANAとこれらの周辺システムおよびサービスの間のデータ連携を再確立することが不可欠です。

Hexasync データ統合プラットフォームSAP S/4 HANA 統合ソリューションは、データファイルなどの大量のデータをリアルタイムで統合する問題を解決し、企業がビジネスプロセスでのエラーを回避できるようにします。

そのマスタ移行・連携とコード変換

SAP ERP、マスター統合、その他の基幹システムからS/4 HANAへのデータの移行も問題です。基幹システムからの移行では、旧システムを運用しながら段階的に移行していくのがいパン的なアプローチとなります。

この際、初期移行では既存の基幹システムを有効活用し、並行運用開始後は旧システムと新システムの連携がスムーズに行われる必要があります。ただし、移行元マスタと移行先マスタが異なるケースも多、その場合はコード変換が必要になります。変換自体は複雑ではありませんが、数が多いため変換プログラムを作成するなど何らかの仕組みが必要です。


つまり

SAP S/4 HANAの導入は避けられず、上記の導入オプションを使用すると、企業は自社のS/4 HANAを満たすための条件を考慮した上で、適切な 導入アプローチを選択する必要があります。どのようなオプションのERPプロジェクトでもS/4 HANAを実装するには課題があり、現在のシステムの動作方法を変更するかどうかなど、ビジネス チームとの調整が必要があります。


閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page