top of page

コマース21 統合・ショップ管理のコストと時間を
節約

コマース21をERP, CRM, POS, 会計など管理システムに接続により、商品を同期し、倉庫や倉庫のデータや商品の販売価格や商品の説明などの管理し、注文データを同期することに役立ちます。それに、注文ステータスを自動的にトラッキング及び更新することに役立ちます。

コマース21統合ソリューション

コマース21 プラットフォーム統合

コマース21統合ソリューション

コマース21 は多くのプラットフォームやシステムと統合でき、リソースを節約し、作業効率を上げられます。

コマース21 プラットフォームを統合するプロセスにより、自動化します

ステップ1:設定

データソースと最後的な宛先のデータにアクセスして、すべての必要なデータを確認するため、簡単な設定手順を有効にします。

ステップ2:同期

商品の価格や請求書の情報などのデータを同期しようとして、システムがどうやっているか確認します。

ステップ3:モニター

リアルタイムにデータを同期するため「Runtime service」を有効にして、そのあとコマース21と統合する必要のプラットフォームの間にあるデータフローを監視します。

コマース21統合ソリューション

詳細はお問い合わせください!

最も単純なデータから自動化します。あなたが重要なことに焦点を当てて、あとは HexaSyncにお任せください。

コマース21 統合ソリューションはラットフォーム間で商品の情報が迅速、簡単かつ正確に同期できます。

同期され情報は:カテゴリ、商品名称、説明、画像、色、サイズ、価格、価格プロモーション、グループ、ブランド、メーカーなど含まれます。

商品の情報を同期

注文・顧客情報を管理

注文をよく管理することで必要な返品交換やキャンセルの状況を減らし、企業がコストを最適化します。

変更された注文は:新注文、進行中、出荷中、返品中、払い戻し、キャンセル済み、未決済、入金待ち、調整中など含まれます。

在庫管理、優れた在庫の場所が企業が輸入コストを最適化し、売上を向上し、発表された商品がない場合のプラットフォームの処罰することをを減らすのに重要な役割を果たします。

HexaSyncにより、企業はあまり時間をかけずに在庫と輸送を管理できます。同時に、需給の不均衡を減らし、売上や利益を伸ばし、顧客とのつながりを保つのに役立ちます。

在庫データ管理

企業が会計を支払情報やコマース21での注文情報と繋げて、収益と利益を迅速かつ正確に記録し、規制に従ってタイムリーに電子請求書を発行するのに役立ちます。

顧客情報:氏名、住所、電話番号、…

支払情報:未決済、入金待ち、調整中

効果的な活動の概要

  • Oracle ERPとは
    Oracle ERP は、Oracle社が提供するエンタープライズ・リソース・プランニング。このシステムには顧客管理、供給管理、物資管理、会計、在庫などとビジネス向けの多くのモジュールと他の内容が含まれています。Oracle ERP は、唯一で完全なデータ ソースを構築し、ビジネス オペレーションをよりスムーズかつ効率的にします。
  • Oracle ERP 統合とは
    Oracle ERP 統合は、関連する部門が一貫のプロセクでデータをマイニングできるため、個別の部門から企業の情報をより接続された共通のシステムに同期し統合することと見られます。Oracle ERPは、このシステムを適用する際のビジネスのニーズ、ロードマップ、および目的の次第で、すべてまたは一部の情報を統合できます。
  • Oracle ERP統合のメリット?
    Oracle ERP は企業に多くの実用的な利点があります、たとえば: 定期的にタイムリーに情報を更新し、より良い体験をもたらします。 すべてのデータを 1 つのツールで管理します。 プライバシーと情報セキュリティの向上。 サードパーティ製ソフトウェアとの簡単な統合。 統一されたワークフロー。 より高速で効率的なデータマイニングと処理。
  • Oracle ERPを統合する方法は
    Oracle ERP の統合は、HexaSync のようなサービス パートナーを通じて行うことができます。基本的に、Oracle ERP を統合する手順は次のとおりです。 プロジェクト設定します。 要件とプロジェクトの実践を分析します。 システムを設計とセットアップします。 データ変換とテスト システムの最適化 ビジネスの Oracle ERP 統合プロセスに関する詳細なアドバイスについては、HexaSync にお問い合わせください。
bottom of page