top of page

オンラインからオフラインまで(O2O)の販売管理ソフトの統合

O2O(Online To Offline)は店舗のオーナーがオンラインからオフラインへの効率を向上される優れたソリューションです。ビジネスの業界の将来はンライン需要とオフライン体験の組み合わせにうまく共鳴する現代の小売業者の手に委ねられることになります。HexaSync は、企業がマルチチャネルのビジネス データを CRM、ERP、または POS+、ORANGE、DCM STOREなどの一般的な販売管理ソフトウェアで一元管理に統合および同期できるようにするソリューションです。

POS+ (ポスタス), ORANGE, UBIREGI, DCM STORE

HexaSyncとO2Oシステムの運営プロセスを自動化

icon

ミッドウェア

HexaSyncは中間にあって、異なるプラットフォーム間でデータを転換できます。

icon

タスクカスタマイズ

HexaSyncはビジネスのニーズが求められていたあらゆるカスタマイズに対応できるように設計されました。

icon

セルベースマッピング

HexaSyncのセルベースマッピング可能はデータ点をあるシステムから別のシステムに反映できます。

icon

データ検証

HexaSyncはデータが宛先に到着する前に慎重に検証されることを保証します。

icon

データ追跡

HexaSync は、同期がいつ成功したか失敗したか、そしてその理由を正確に把握します。

cta-background-v2-01.png

HexaSyncにご接続してくだいさい

ビジネス自動化を焦点になることにしましょう

HexaSyncをO2Oシステムに統合するためのソリューション

POS + (ポスタス)POS Integration Solution

商品同期、迅速で正確な管理

販売プログラム、マーケティン、プロモーションをオンラインからオフラインへのすべてのチャネルで同期する必要があります。

同時に多くの販売チャネルで商品情報を更新することの誤りが発生し、多くの時間がかかる代わりにHexaSyncにより、オフラインからオンラインの販売ページ、Eコマースページ、パトナーページまで、リアルタイムで迅速で信頼性の高いデータを同期することができます。

同期できる商品情報は:カテゴリー、名称、説明、映画、色、サイズ、販売価格、プロモーション価格、グループ、ブランド、生産者など含まります。

在庫データを同期し、利益を増やし、在庫コストを削減します

良く管理された在庫デーは、企業が輸入コストや保管コストを削減し、需要と供給の不均衡を避けて、売上と利益を増加させ、顧客を維持するのに役立ちます。

在庫データを管理のは重要であり、物流管理モジュールと同期されたデータは、どのチャネルからの注文がある場合でも自動的に在庫を差し引きます。

HexaSync を使用すれば、企業はあまり時間をかけずに在庫を管理できます。それに加えて、需要と供給の不均衡を軽減し、 売上や利益を増加し、顧客の定着を図ります。

POS + (ポスタス)POS Integration Solution
UBIREGI O2O software integration solution

顧客情報を同期

多くのチャネルから顧客情報を更新し、一元管理することは大事です。ほとんどの注文は予測しない時で発生するため、データ同期により、企業は注文を即座に処理し、ユーザー エクスペリエンスを向上させ、返金やキャンセルを減らすことができます。

同期される情報:名前、支払い情報、配送先住所、電話番号、メール、他の情報などです。

注文情報を同期

HexaSync は、Web サイトや 楽天、MERCARI、ヤフオク などのEコマースプラットフォームなどのオンライン チャネルでの注文状況の更新と管理をサポートします。

適切な注文管理は、企業が不必要な返金、キャンセル、交換を減らしてコストを最適化し、利益を増やすのに役立ちます。

注文状況は、配送業者の受け取り、配達、返品、返金、注文のキャンセル、支払い済み、支払い待ち、確認など、リアルタイムで正確に更新されます。

DCM O2O software integration solution
  • Oracle ERPとは
    Oracle ERP は、Oracle社が提供するエンタープライズ・リソース・プランニング。このシステムには顧客管理、供給管理、物資管理、会計、在庫などとビジネス向けの多くのモジュールと他の内容が含まれています。Oracle ERP は、唯一で完全なデータ ソースを構築し、ビジネス オペレーションをよりスムーズかつ効率的にします。
  • Oracle ERP 統合とは
    Oracle ERP 統合は、関連する部門が一貫のプロセクでデータをマイニングできるため、個別の部門から企業の情報をより接続された共通のシステムに同期し統合することと見られます。Oracle ERPは、このシステムを適用する際のビジネスのニーズ、ロードマップ、および目的の次第で、すべてまたは一部の情報を統合できます。
  • Oracle ERP統合のメリット?
    Oracle ERP は企業に多くの実用的な利点があります、たとえば: 定期的にタイムリーに情報を更新し、より良い体験をもたらします。 すべてのデータを 1 つのツールで管理します。 プライバシーと情報セキュリティの向上。 サードパーティ製ソフトウェアとの簡単な統合。 統一されたワークフロー。 より高速で効率的なデータマイニングと処理。
  • Oracle ERPを統合する方法は
    Oracle ERP の統合は、HexaSync のようなサービス パートナーを通じて行うことができます。基本的に、Oracle ERP を統合する手順は次のとおりです。 プロジェクト設定します。 要件とプロジェクトの実践を分析します。 システムを設計とセットアップします。 データ変換とテスト システムの最適化 ビジネスの Oracle ERP 統合プロセスに関する詳細なアドバイスについては、HexaSync にお問い合わせください。
bottom of page