top of page

2023年最新版:ERP導入の7つの一般的な課題

更新日:2023年9月15日


最近、ビジネスプロセスに企業資源計画(ERP)システムを採用する企業が増加する傾向があります。このソリューションは、コスト、人材、ビジネス管理の削減に大きな効率をもたらします。ただし、ERPの導入プロセスは、いくつかの問題により複雑で時間がかかります。この記事では、7つの一般的なERP導入の課題について説明しますので、それについて詳しく知ります。



ERP の導入とは何ですか?


まず、ERPの導入をよりよく理解するために、ERPの定義を理解します。ERPとは何ですか?ERPは、会計、販売、マーケティング、人事など、ビジネスオペレーションを自動化および管理するためのソフトウェアです。ERPシステムは、企業の多様なビジネスプロセスを接続し、データの相互接続を可能にします。データの重複を排除し、データの完全性を提供します。このソフトウェアは、貴社のビジネスに多大な時間とコストを節約するのに役立ちます。


2023年最新版:erp実装の7つの一般的な課題 - 1

ERPの導入は、ERPシステムを計画、構成、および導入するプロセスです。このプロセスは、多くの異なる機能をサポートと自動化が複雑なため、数か月かかる場合があります。2020年現在、35.5%の企業は、自社が既存のERPシステムをアップグレードまたは再配置することにして、12.9%は、自社がより高レベルのERPベンダーに移行することを選択したと述べています(Statista)。


2023年最新版:erp実装の7つの一般的な課題 - 2

この導入は慎重に行い、いくつかの段階に分割し、明確な方向性が必要です。さらに、組織は、要件を慎重に定義し、プロセスをどのように再設計するかを決定し、導入する前にそれらを徹底的にテストする必要があります。そうすれば、ERPシステムは最大限に機能します。

ERPの導入プロセスは非常に複雑です。無限のメリットがあるにもかかわらず、ビジネスオーナーが克服しなければならない多くの障壁と課題がまだあります。ERPシステムを導入する前に取得しておくべき7つのERP導入の課題は次のとおりです。


7つの一般的なERP導入の課題


最適なベンダーソリューション


適切なERPシステムを選択することは、ERPをビジネスに導入する際に最初の課題の1つです。ERPの導入は、会社の戦略と将来の成功に大きな影響を与えます。現在、数千のERPベンダーが存在します。各システムには異なる特徴と機能があります。ビジネスに最適なERPシステムを選択するために、調査して慎重に選択する必要があります。


プロジェクト計画


ERPの導入する時に企業が直面する問題の1つは、見積もりの時間と予算を超えることです。ほとんどの企業は、このシステムを導入するのにかかる時間と予算を過小評価しています。したがって、特定のERP導入計画が非常に重要です。上記の2つの問題を防ぐために、企業は明確な目標を定義し、導入の計画を作成するしらなければなりません


データ品質


ERPシステムの導入において、データ品質は重要な問題です。しかし、新しいERPシステムに移行するときに長年保存されている以前の会社データは完全に正確ではない可能性があります。データ品質の問題は、組織の情報システムに大きな・重要な影響を与える可能性があります。したがって、ERP導入の成功を確保するためには、データ品質の問題を理解することが不可欠です。


技術要件


ERPを導入する際の最大のリスクの1つは技術的な問題です。企業で利用可能なサーバーとハードウェアを改造し、新しいモダンなものを購入し、インストールする必要があります。また、必要に応じてイントラネットを分析および近代化する必要があります。企業は、インターネットアクセスの速度と帯域幅を慎重に検討する必要もあります。クラウドベースのERPシステムを採用していない限り、これらは必要ありません。


もし上記の要件が十分に評価されない場合、ERP導入プロジェクト全体に悪影響を及ぼす可能性があります。企業は、パフォーマンスが低いソフトウェアの使用に直面し、これはビジネスの速度が低下します。


変化への抵抗


企業の規模でも、ERPの導入は、変化への抵抗によって困難になる可能性があります。新しいエンタープライズシステムを展開する場合に、従業員の間で常に不安と抵抗が生じます。彼らの最大の恐怖は、このシステムが彼らの以前の役割全体を置き換えて仕事を失うことです。さらに、従業員は、彼らの価値が低下し、すべてのビジネスプロセスと手順を制御できないことを恐れています。さらに、一部の人々がいますが、さらなる変化を受け入れることができないか、あるいは受け入れる意志がありません。これらのすべての理由が、変化への抵抗につながります。


総コスト


スタティスタによると、2020年までにERP導入プロジェクトが遅延していると答えた企業は46%そうです。コスト超過の主な原因は、ERP導入で完了する必要のある作業量を企業が過小評価していることです。実際、データ移行コスト、トレーニングコストなど、他のコストも予算を超過する原因になります。この問題を制限するために、企業はこれらのコストを計算し、考慮する必要があります。


2023年最新版:erp実装の7つの一般的な課題 - 3


データ統合


ERPシステムを導入する上で重要なステップは、以前のシステムから新しいERPシステムにデータを転送することです。すべての会社データを見つけるのに時間がかかる場合もあります。会社のデータは非常に広範囲にわたる可能性があり、永続的であり、多くの異なる部門に関係します。したがって、データ移行を慎重に計画して、ビジネスがERPプロジェクトを期待どおりに維持できるようにします。さらに、データはより正確で一貫したものになります。


ERP 導入の必要性


企業が成長すると、管理する必要がある仕事量は増加します。一方、手作業は企業を退屈させ、スケジュールに追いつくことができません。顧客のニーズに追いつかないため、成長段階の企業の品質と評判に影響を与える可能性があります。


ERPソフトウェアを導入する場合、すべてのプロセスを単一のアプリケーションにまとめることができます。すべての部門が同じデータにアクセスできる場合、それは非常に柔軟で便利です。さらに、ERPソフトウェアは、利用可能なデータを自動的に整理、分析、およびレポート生成します。したがって、他の顧客への応答時間は加速し、ビジネスの作業効率が向上します。


2023年最新版:erp実装の7つの一般的な課題 - 4

ERPの導入には、企業のビジネス運営を成功させるのに役立ついくつかの主要なメリットがあります。

お金の節約


顕著な利点の 1 つは、運用コストの削減です。ERPを導入するコストは大きな投資ですが、運用コストを大幅に削減できるようにになります。ほとんどの操作が自動化されているため、企業は従業員数を減らし、コストの重要な源を節約できます。また、一部のシステムのトレーニングにかかるコストも削減されます。このメリットは、時間の大幅な節約にもつながります。


連携強化


統合されたデータソースを使用すると、すべての部門が他の部門のデータソースを使用できます。ERPシステムは、会社内の部門間の以前の障壁を打破します。したがって、部門間の協力が促進され、誤ったデータエラーを回避できます。


効率化


ERPシステムは、手作業で行うには時間と労力がかかる業務プロセスを簡素化するのに役立ちました。部門の毎日の反復的なタスクはすべて自動化されており、従業員は他の人を煩わせることなく、主要な作業に集中できます。


データセキュリティ


ERPの優れた機能の1つは、優れたセキュリティです。システムには、データ侵害を防ぐためのファイアウォールと制限された制御があります。これにより、管理者は従業員のアクセス権を管理できます。管理者は、すぐにアクセスを無効にしたり、任意の従業員に新しいアクセス権を付与したりできます。


より良いアナリティクス


ERPシステムは、データ分析およびレポート機能といっしょに、ビジネスのすべてのデータを保存します。ソフトウェアは、企業がさまざまなレポートを迅速かつ簡単に作成するのに役立ちます。これらのレポートは、収入と支出レポートからKPI、人事など、会社のすべての部門をカバーできます。


なぜHexaSync統合プラットフォームを選ぶのか?


現在、企業はERP統合の多くのアプローチ選択できます。組織がERPシステムと外部アプリケーションの統合を構築する必要がないように、ミドルウェアがこの問題を解決します。したがって、企業は多くの時間と労力を節約できます。

HexaSync 統合プラットフォームは、企業が選択できるERPシステムを統合する効果的なミドルウェアソリューションの1つです。 HexaSyncは、古いシステムと最新のSaaSアプリケーションの両方に接続することで、シームレスにビジネスの操作を自動化します。


2023年最新版:erp実装の7つの一般的な課題 - 5

長年にわたり、HexaSyncは多くの異なるビジネスを成功裏に統合してきました。私たちは世界的に有名なERPシステムを成功裏に統合しました。私たちは次のようないくつかのプロジェクトを成功裏に統合しました。

SAP B1との統合、 Acumaticaとの統合、 Microsoft Dynamics 365 Business Centralとの統合 私たちは常に、お客様に最適な統合ソリューションを提供することを目指しています。その結果、貴社は統合プロジェクトで時間とコストを節約できます。

結論


ERPの導入は、ビジネスの未来を次のレベルに引き上げます。しかし、これらの完璧さに加えて、企業が克服しなければならない多くのERP導入の課題がまだあります。成功した導入と desired な結果を達成するために、組織はこれらの課題に直面するために慎重に計画する必要があります。


閲覧数:25回0件のコメント

Comments


bottom of page