top of page

ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法

更新日:2023年9月15日



概要


ERP、CRM、BIなどの多くのシステムは、強力なビジネスツールとして設計されており、現在の多くのビジネスで簡単に見つけることができます。しかし、これらのシステムを別々に動作させることは、すべての離散データを十分に管理できないという別の問題を引き起こします。



技術的変化の速いペースにより、すべてのビジネスがデジタル化をようとしています。ハイブリッド統合を持つことにより、システムは効率的にデジタル化の実践を可能にします。したがって、ERP統合のようなハイブリッド統合システムを実施することは、現在のビジネスシステムを同期させ、ビジネスがデータを実践的な情報に変換できるということです。これにより、企業はより迅速により良い意思決定を行うことができます。


2019年にStatistaが行った、グローバル組織における統合の実装に関する調査では、ほとんどの企業が高い評価を受け、頼りにされる用意があることが示されました。具体的な結果では、「回答者の69%がEdge Computingをクラウドシステムと組み合わせて使用している」と報告しています。また、29%の回答者が近々エッジテクノロジーとクラウドテクノロジーを統合する計画を立てているとフィードバックしています。したがって、デジタル化は統合と共に進む必要があると言っても過言ではありません。


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法

ERP 統合とは何か?


ERP統合に入る前に、ERPとは何かを知っておきたいかもしれません。ERP(エンタープライズリソースプランニング)は企業資源計画ソフトウェアです。このシステムにより、共有内部データにアクセスして企業の運営を管理することができます。


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法 - 1

ERP統合とは、ERPシステムを他のソフトウェアやシステムと接続することです。最善のERPシステム統合を実施することで、異なるソースからビジネス情報とワークフローを一元化したシステムに効率的に整理することを目指しています。


なぜERP統合はビジネスにとって不可欠なのかと考えられますか?


もしビジネスがCRMやPOSなど複数のビジネスシステムを使用すれば、異なるソースからのデータをすべて管理するのは難しいことです。ERP統合は、データをシステム間でエクスポートしたりインポートしたりする手間を軽減します。自動的なデータを2つ以上のシステム間で転送し、すべてを1つに集約することで、手動エラーを排除し、データの概要を改善するのに役立ちます。


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法 - 2

ERP統合の利点は、ビジネスが機能を拡張することができることです。これは、現在のERPシステムに存在しない機能を含めることができます。例えば、ERPシステムに高度なロジスティクス機能が含まれていない場合、ERPシステムとロジスティクス管理ソフトウェアの統合により、ERPシステムの機能が拡張され、ビジネスオーナーが効果的に管理するための好環境が作成されます。


いちに、統合されたERPシステムは、ビジネス戦略を立てることを容易にし、より良いビジネスの意思決定を行い、手動エラーを減らし、より重要なタスクのために時間と労力を節約することができます。


異なるERP統合のタイプ


多くのシステムやエンタープライズソフトウェアはERPシステムと統合することができます。目的や特定の問題を解決する必要に応じて、企業は次の種類のERP統合をご検討ください。


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法 - 3


Eコマース とERP 統合


オフラインとオンラインの2つの取引チャネルを処理するのは比較的な複雑です。膨大なデータを持つ2つの別々のシステムの負荷を監視するのは賢明な方法ではありません。。代わりに、統合方法を使用することで、eコマースプラットフォームから重要な、注文、在庫、顧客情報、配送などデータをERPシステムと同期することができます。その自動化により、従業員はデータを手動で収集する必要がありません。さらに、集中管理されたソフトウェアにより、会社はこれらのデータをより効果的に管理できます


顧客関係管理 とERP 統合


CRMは顧客のデータ、取引、注文、連絡先情報などを保持する必要不可欠なソフトウェアです。一方、ERPは企業のリソースに関する情報を保存するソフトウェアです。なぜCRMシステムをERPシステムと統合しないのでしょうか?それにより、購買力や販売力について正確な予測が可能になります。両ソフトウェアを統合することで、ビジネスは利用可能なリソースについて包括的な見解を得ることができ、顧客により良いサービスを提供するためのキャンペーンが調整できます。


会計と ERP 統合


ERPと会計ソフトウェアを統合するプロセスにより、ERPシステムは会計データと会計機能を受け継ぐことができます。これは、財務報告、バランス管理、定期支払い管理、回収、税金処理、収益認識などのさまざまな会計機能を持つERPシステムを維持する素晴らしい方法です。


ビジネスインテリジェンス とERP 統合


ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアは、企業にとって欠かせない技術製品です。BIソリューションは、企業が内部データ(顧客サービス、マーケティング、販売など)および外部データ(顧客、サプライヤー、ソーシャルメディア、ビジネスなど)を収集するのを支援します。その後、BIソフトウェアはこれらのデータを収集し、分析して評価し、ビジネス戦略に役立つレポートを生成します。BIシステムをERPソリューションと統合することで、これらの2つのシステムを活用できます。ビジネスデータをリアルタイムで交換し、シームレスな情報フローを作成します。


マーケットプレイス とERP 統合


オンラインマーケットプレイスが小売業の未来を急速に再形成ていること当然のことです。マーケットプレイスERP統合は、ビジネスが拡大し、運用を管理するのに役立ちます。注文受付、出荷、倉庫管理などの活動を処理します。


例えば、Amazon、eBay、Walmartなどのいくつかのマーケットプレイス間で注文データを移動することは、ほとんどの販売者にとってかなりの手作業が必要です。統合を実施することで、Amazonや他のマーケットプレイスとの間での注文、商品、在庫データの流れが標準化されたワークフローで迅速に移行します。


販売時点・POS と ERP 統合


現代の小売業者は、POSソフトウェアを事業活動の管理と、「フロントオブザハウス」のデータ(売上取引、顧客情報、在庫情報など)を収集する補完的な手段として使用しています。しかし、POSとERPソフトウェア(内部またはバックオフィス情報を収集)の間の統合されたソリューションが実施されていない場合、次のようなリスクが考えられます。最新のデータが取得できず、実際の在庫や再購入注文の処理が困難となる等、さまざまなリスクが存在します。そのため、統合手法によりリアルタイムのデータにアクセスし、より良い意思決定ができるようになります。


既存のソフトウェアオペレーションとERPの統合方法


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法 - 4

この記事では技術的な統合プロセスの各ステップの詳細には深く触れていません。これは複雑で、技術に詳しくない人々にとっては根本的な知識を得るために多くの時間がかかります。それでも、ビジネスオーナーがERP統合を導入する前に事業主が検討すべき一般的な実装方法がいくつかあります。


ポイントツーポイント統合


ポイントツーポイントは、統合の最も簡単な形式と考えられています。しかし、これは古い方法でかなり時代遅れと言えます。このタイプの統合では、大量のデータを持つ企業は2つのシステム間で情報を連続的に切り替えることができません。ポイントツーポイント統合の動作方法は、「2つ以上のエンドポイント間での密接に結合された統合」となります。つまり、各ソフトウェアやツールを個別に接続します。


iPaaS 統合


iPaaS(Integration Platform as a Service)は、クラウド内およびクラウドとエンタープライズ間で統合を構築し展開するためのプラットフォームです。iPaaSを使用することで、ユーザーは迅速に統合を構築し、組織のアプリケーションエコシステム全体でリアルタイムのアップデートを受け取ることができます。


ESB統合(エンタープライズサービスバス)


ESBは複雑なミドルウェアツールであり、個々のコンポーネントやサービスを一つのシステムに統合し、これらのコンポーネントとサービスの間で「通信バス」を使用して作業を分散させるのに役立ちます。


BeehexaのERP統合能力


ビジネスオーナーがプログラミング知識なしに統合プロセスを実行することは困難であると強く述べられています。ことはできないということです。複数のプラットフォームからデータを同期させるために開発者チームを組成すれば、それは確かに高額な費用がかかることになります。

したがって、コンサルティングから統合の実装、24/7の保守のパッケージ化されたサービスを提供する統合ソリューションプロバイダーを選ぶことは適切で合理的な選択です。

Beehexaは、ERPシステムを他のエンタープライズソフトウェアやシステムと接続できるプロフェッショナルな統合を提供する会社です。今こそそのようなソリューションを検討する時であり、Beehexaはあなたの特定のビジネスの問題に対して無料のデモ、ガイダンス、コンサルティングを提供します。


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法 - 5

ERPシステム統合のベストプラクティス


Acumatica統合


Acumaticaは2008年に設立され、クラウドベースのERP管理ソリューションを提供する最初の企業の1つです。AcumaticaのERPソリューションには、ファイナンス、流通、CRM、プロジェクト会計モジュールを備えた統合されたビジネス管理アプリケーションのスイートが含まれています。


さらに多くのアプリケーションが追加されるにつれて、データ管理はより複雑になります。そのため、Acumatica ERPと統合することは、オペレーションを効率化するための最適な解決策です。データの統合が複雑であることを心配しないでください。Hexasyncは、ビルトイン機能の中でアジャイルな開発プロセスを採用することにより、これらの障壁をできるだけ短い時間で排除するように設計されています。


SAP Business One統合


SAP Business OneはERPソフトウェアパッケージです。これは、中堅企業向けに特別に設計された強力なERPソリューションです。SAP Business Oneのレビューは、その機能と利点、欠点を理解するのに役立ちます。


SAP B1はプラグアンドプレイのシナリオパッケージを提供しており、ミドルウェアよりも高く評価されており、統合フレームワークにプラグインされています。ユーザーは自分のスキルに応じて、新しい統合シナリオを作成できます。


ただし、ビジネスが十分な開発者チームを持っていない場合、個別にプロセスを実行することは良い点ではありません。そのような状況では、第三者のインテグレーターがビジネスをサポートできます。


SAP B1 ERPと統合することで、企業内のスムーズな情報フローを活用し、財務、販売、顧客関係管理、在庫、運用など、全ての重要なビジネス情報が一つのデータベースに保存され、ビジネスは即座にそれにアクセスできます。


Microsoft Dynamics 365 Business Central統合


Microsoft Dynamics 365 Business Centralは、中小企業向けのMicrosoftの新しいERPソリューションです。構成可能なワークフローや組み込みのダッシュボードなどのツールを使用するにより、Business Centralは企業が手作業を排除し、瞬時のパフォーマンス指標に簡単にアクセスできるように支援します。


D365 Business Central ERPと統合することで、顧客、注文、製品、在庫などのデータが連携されることが保証され、財務的な意思決定能力を向上させ、戦略的な効果を持ちながらコストを削減し、グローバルな財務リスクと複雑さを減らすのに役立ちます。一般的に、効率を向上し、新しい会社のモデルをサポートし、財務パフォーマンスを向上させます。


Infor Syteline統合


Infor CloudSuite Industrial (ERP SyteLine)は、あらゆる製造プロセスに適した包括的な機能を提供するエンドツーエンドのソリューションです。他のERPシステムと同じように、Infor CloudSuite Industrialの基本的な目標は、全部の部門から共有されるすべての情報の中央リポジトリを提供し、データフローの品質を向上させることです。


Infor CloudSuite Industrial (CSI) / Syteline ERPは、すでに多くの企業で使用されている一般的なシステムと統合されています。さらに、Infor CloudSuite Industrialには簡単な統合を可能にするオープンなAPIとIntelligent Open Networkも備わっております。そのため、ビジネス拡大に応じて、新しい統合プロセスが求められても、あまり複雑ではありません。そのような場合は、Beehexaに相談したほうがいいです。HexaSyncは顧客のニーズに満足するフルパッケージのソリューションを提供します。


Infor Syteline ERPと統合することで、データ共有プロセスを自動化し、人為的なエラーの可能性を減らすことができるため、会社は効率と収益に集中することができます。Beehexaが提供する強力なカスタムAPIソリューションは、SytelineシステムをCRM、Eコマースソリューション、マーケティングオートメーションシステム、電子メールなど、ビジネスが必要とするすべてのものに接続することができます。


Dynamics 365 Finance & Operations統合


Dynamics365は、ビジネスがデジタル変革を実現するための相互接続されたSoftware-as-a-Service(SaaS)モジュールのセットです。


D365 Finance and Operationsの統合は、サードパーティのデータプロバイダーとデータを交換ことです。実装後は、REST API(データ構造変換とAPIの記述のためのアーキテクチャスタイルの一種で、シンプルなHTTPメソッドを使用してマシンツーマシンの通信を容易にします)を統合プロバイダーによって利用されて、D365F0との間でデータのインポートとエクスポートが行われます。


D365 FOの統合には5つの異なる方法があります。その中で、カスタムサービスは最も柔軟性があり、データフローを自由にカスタマイズし、サードパーティからの専用のサポートと保守を受けることができます。


ERPとDynamics 365 Finance and Operationのシームレスな統合を行うのに適した時間であり、それによりビジネスプロセスがより迅速に進行し、よりスマートな意思決定が可能となります。


ERP統合に関するFAQ


ERP 統合 :複数のERPシステムを統合する方法 - 6


ERPにおけるEDIとBPM統合とは何ですか?


ERPにおけるEDI統合


電子データ交換(EDI)は、ビジネスパートナー間で標準の電子形式のビジネス文書をコンピュータ間で交換することです。紙のビジネス文書の交換電子ビジネス文書切り替えにより、企業はコストの削減、処理速度の向上、エラーの減少、ビジネスパートナーとの関係の改善などの主な利点を享受します。 EDIの電子データ交換では、最も一般的に使用されるタイプは発注書と請求書です。 EDIにより、この作業に関わる手動プロセスを最小化または排除することができます。


ビジネスパートナー(サプライヤー、銀行、生産者など)に情報と文書をスムーズかつ正確に送信するために、EDIをERPソフトウェアと組み合わせることは特別な解決策です。 ERPソフトウェアはビジネスのデータソースを含んでいるため、両システムからデータを組み合わせることでEDIソフトウェアのパフォーマンスが向上します。


ERPにおけるBPM統合


ビジネスプロセス管理(BPM)ソフトウェアは、ビジネスプロセス管理ソフトウェアです。日常のビジネスプロセスとオペレーションをマッピングするためのプロセス自動化ツールとして機能します。BPMプラットフォームは企業内のビジネスプロセスを自動化するための高度なシステムです。


ERPとBPMはよく同じものと混同されますが、実際は異なります。BPMシステムは企業の生産段階を追跡することに特化しています。一方、ERPソフトウェアは企業内の多くの領域の概要情報を収集して分析します。BPMシステムがERPシステムと統合されると、BPMは組織全体のプロセスに対して追加の管理と制御のレイヤーを提供します。


ERP統合の費用はいくらですか?


一般的に、統合の展開にかかる時間とコストは、企業の規模、同期化が必要なデータの量、ユーザー数、および現在のビジネスシステムなどの要因に依存します。もちろん、専門の開発チームを採用することで、ビジネスは統合ソリューションを構築することができます。ただし、「社内」の開発チームを雇うことは経済的に難しい場合もあります。


そのため、信頼性のあるアドバイスを得るためにコンサルタントが必要であり、第三者の統合は最高のサービスを期待できるものです。それがBeehexaが優れたプロバイダであり、すぐに相談を受けることができる理由です。


閲覧数:28回0件のコメント
bottom of page