top of page

API結合とは何ですか?

更新日:1月5日


API統合とは何ですか?

マーケティング部門で働いているか、オペレーション部門で働いているかに関係なく、おそらくAPIsとAPI結合についてよく聞いたことがあるでしょう。近年、ますます多くの企業がデジタルトランスフォーメーションのトレンドを受け入れるにつれて、これらはIT部門の中で「ブズ」用語となっています。それが言われていると、開発者ではないか、IT部門で働いていない場合、APIsやAPI結合については明確なイメージを持っていないかもしれません。もしあなたがAPIの世界に慣れていなければ、こちらはあなたに向けの場所です。このガイドでは、API結合の概念を最初から包括的に紹介します。


以下は、API結合に関する5つの重要なポイントです:

  • API結合は、アプリケーション間のコミュニケーションを促進し、デジタルトランスフォーメーションを支えます。

  • APIsはデータ交換を可能にし、REST APIsの柔軟性から、最も人気があります。

  • 最適なAPI結合の実践には、セキュリティの優先順位付け、標準プロトコルの使用、定期的なテストが含まれます。

  • API結合は手作業のコーディング、コネクタツール、または結合管理プラットフォームを使用して確立できます。

  • 2023年のAPI結合のトレンドには、自動化、オープンスタンダード、改善された顧客体験、拡張性、ビジネス革新が含まれます。


API 結合の概要


API結合は、複数のアプリケーションまたはサービスがそれぞれのAPIs(アプリケーションプ・ログラミングイ・ンターフェース)を介して通信できるデータ接続です。これらの結合がなければ、異なるアプリケーション、マイクロサービス、マイクロアプリ、およびSaaSプラットフォームがより大きなアプリケーション(または大規模なITエコシステム)を構成し、通信および対話することができません。これはAPI結合の一般的な概要です。詳細な理解を得るには、APIとREST APIについての基本から始める必要があります。


APIsとは何ですか?


APIsは、アプリケーションがお互いにデータを交換するために使用する定義、プロトコル、およびコマンドのセットです。各APIは、それの背後にあるアプリケーションまたはサービスのためのいくつかのサービス(またはエンドポイント)を公開しています。他のアプリケーションは、これらのAPIエンドポイントを通じて、コマンドを送信し、アプリケーションとやり取りできます。APIsには通常、人間が読み取れるドキュメンテーションも含まれています。このドキュメンテーションにより、開発者は提供するサビースを使用するため、システムがAPIに送信できるコマンドとリクエストをこうーどかする方法が取得できます。


APIの概念をより良く理解するために、レストランがアプリケーションコンポーネントであると想像してみてください。リクエストを受けるウェイターがAPIであり、何をリクエストできるかとどのようにリクエストするかを伝えるメニューがAPIドキュメンテーションであるとします。メニュー(APIドキュメンテーション)を読んだ後、ウェイター(API)にドリンクやハンバーガーなどを注文する方法を知っています。レストラン(アプリケーションコンポーネント)がどのように動作するかを知る必要はありません。


あなたはどんな種類のレストランにも入り、メニューをすばやくスキャンして、欲しいものを注文できます。同様に、開発者はアプリケーションコンポーネントがどのように動作するかを知る必要はありません。アプリケーションのAPIが公開するサービスと、それらのサービスをリクエストする方法を知っている必要がありません。この知識を持っていれば、開発者は他のシステムのAPIと対話するために必要なコードを迅速に書くことができます。最終的に、1つのAPIが他のAPIと対話するできるようにするコードはAPI結合です。APIsはユーザーインターフェイス(ユーザーインターフェース)ではないということを理解しておいていただければと思います。UIは人間がアプリケーションと対話するために使用するものです。APIsはアプリケーションが他のアプリケーションと対話するために使用するものです。


REST APIsとは何ですか?


最も人気のあるWebベースのサービスやクラウドベースのSaaSプラットフォーム(Salesforce、SAP Concur、Office 365など)に関しては、これらのシステムは一般的に他のアプリケーションやシステムが結合できるREST APIsを公開します。特定の一連のと制約に従うAPIsは「REST」(表現的状態の転移)と呼ばれます。近年、RESTはアプリケーションを結合する最も流行の方法となりました。すべてのAPIsの約80%はREST APIsです。REST APIは、XMLメッセージング形式を使用する古い標準であるSOAPの代わりに、最も一般的なAPIのタイプとなりました。·そして、SOAPよりも柔軟で学習しやすいです。また、REST APIsは流行で理解されているHTTPプロトコルを使用し、XMLの代わりにHTTP URLを使用します。動作に関しては、REST APIsは以下の4つのコンポーネントに依存しています:

  • Webベースの、APIが有効化されたアプリケーションまたはサービス

  • リモートサーバー

  • APIに対するリクエスト

  • リクエストに対する応答としての機能またはデータ

REST APIsを使用する最も重要な利点の1つは、相互運用性です。ソフトウェアがどの言語で書かれたか、どのプラットフォームで実行されているか関係なく、REST APIは理解しやすいHTTPコマンドを理解する2つのシステムの間の標準インターフェースとして機能できます。この方法で、この方法により、REST APIは流行で理解されているプロトコルを使用し、多様なアプリケーション間のエンドツーエンドの通信を実現しています。


API結合のベストプラクティス

成功したAPI結合は、単に2つのシステムを接続するだけでなく、戦略的な計画、注意深い実行、および継続的な管理が要求します。API結合プロジェクトが成功するようにするために、考慮すべきベストプラクティスがいくつかあります。


API結合


セキュリティを優先

APIsを結合する際にはセキュリティを最優先にするべきです。データ転送がすべて暗号化されており、APIへのアクセスがトークンベースの認証などを介して保護されていることを確認してください。進化する脅威に対応するために、セキュリティ対策を定期的に見直し、更新するべきです。


標準プロトコルを使用

互換性と結合の容易さを確保するために、RESTやSOAPなどの標準プロトコルを採用するべきです。特に、RESTは広くサポートされ、使用が簡単で、多くの企業にとって人気のある選択肢です。


拡張性を設計

将来的に結合がどのように拡張される可能性があるかを考えましょう。ビジネスが成長するにつれて、API結合のニーズも変化する可能性があります。それを把握し、APIsを設計し、ニーズが変化するにつれて柔軟性と拡張性を提供するべきです。


エラーハンドリングとログ記録

効果的なエラーハンドリングとログ記録は、問題の診断と迅速な解決には、不可欠なものです。APIsが有用なエラーメッセージを返し、将来の参照のためにすべてのAPI呼び出しを記録するようにしてください。


ドキュメンテーション

効果的なAPI結合のためには、良いドキュメンテーションが重要です。これにより、開発者がAPIの使用方法、利用可能なエンドポイント、データ形式、エラーの処理方法などを理解できます。


定期的なテスト

定期的なテストは、API結合が正しく機能していることを確認するために重要です。これにはパフォーマンステスト、機能テスト、セキュリティテストが含まれます。自動化されたテストにより、これを一貫して徹底的に実行するで。


これらのベストプラクティスに従うことで、API結合の効果を最大化し、システムのパフォーマンス、セキュリティ、拡張性を向上させることができます。



API統合のベストプラクティス

API結合の詳細


API結合の詳細すでにきずきあげられているように、API結合により複数のアプリケーションがお互いのAPIsを介して接続し、対話できるようになります。このデータ結合の形式を導入すると、二つ以上のアプリケーションは同じタスクで協力し、より大きなアプリケーションアーキテクチャを形成するために結合したり、単にお互いの間でデータを同期したりできます。企業が、CRMシステムをマーケティング自動化システムに接続することでAPI結合をビジネスプロセスの一部として採用することは最も一般的な方法の1つです。、CRMシステムをマーケティング自動化システムに接続することです。たとえば、企業はZoho CRMのデータをMarketoのマーケティング自動化データと結合したい場合があります。


この場合、開発者は、片方のシステムの対応するデータが変更されるたびに他のシステムのデータを自動的に更新する結合を確立できます。したがって、両方のシステムのデータは常に同期されています。また、開発者は、API結合を使用してアプリケーション開発プロジェクトを高速化できます。アプリケーションのすべてのサービスと機能をゼロからコーディングする代わりに、開発者はアプリケーション事前構築の機能を結合するAPI結合に焦点を当てることができ、したがってアプリケーションをより速く完成させることができます。これにより、開発者はモジュラーで、マイクロサービスベースのアプリケーションを高速で構築できます。最終的に、API結合はITインフラストラクチャとアプリケーションを開発する際に以下の利点を提供します。

  • 柔軟性:API結合により、システムコンポーネント間の相互依存関係が最小限に抑えられます。これにより、ビジネスニーズの変化に対応して多様なサービスや機能を追加、アップグレード、削除するのが迅速で費用効果の高い方法となり、開発サイクルが速くなります。

  • 高可用性のシステム:APIベースのシステムは、冗長性のあるさまざまなシステムコンポーネントを複製するのが簡単です。サーキットブレーカー戦略などの安全対策を使用して、ネットワークサービスの障害がシステムの他の部分に連鎖的に影響を与えるのを防ぐなど、可能です。これらの利点により、開発者はより柔軟性で高可用性のシステムを構築できます。

  • スケーラビリティと効率を向上:マイクロサービスベースのAPI接続システムをスケーリングでき、費用対効果も向上します。システムの一部の需要が増加する増加しても、必要なリソースを必要な個々のコンポーネントに複製および転送するだけで済みます。


API結合をどのように構築するのか?

開発者がAPI結合を確立するために使用するいくつかの技術が必要です。主な3つのメソッドは、API結合を手動でコーディングすること、APIコネクタツールを使用すること、およびAPI結合管理プラットフォームを使用することです。以下にそれぞれについて簡単に説明します。


手動でコーディングされたAPI結合

過去、開発者はすべてのAPI結合をゼロからコーディングしなければならなかった。ITインフラストラクチャを横断する2つのAPIを接続するか、より大きなシステムを形成するために複数のデータソースを接続するかに関係なくでも、開発者はこれらのコンポーネント間の結合を手動でコーディングする必要がありました。さらに、両方のコンポーネントのAPIがすでに存在しなかった場合、開発者はAPIも手動でコーディングする必要がありました。APIを手動でコーディングする問題には、多くの時間と費用がかかります。単一のAPIを手動でコーディングすることは、結合の複雑さに応じて、1つのAPI当たり10,000ドル以上の費用がかかることがあります。


APIコネクタツール

API接続を確立する最も簡単な方法は、APIコネクタツールを使用することです。Zapierのようなこれらの使いやすいプラットフォームは、一般的なエンタープライズアプリケーション用の事前に構築されたAPIコネクタのホストを提供します。これらのツールは、2つのアプリケーション間のワークフロー自動化に焦点を当てたノーコードのポイント・アンド・クリックインターフェイスを提供します。APIコネクタツールの利点は、APIおよびAPI結合を手動でコーディングする必要がなくなることです。これらのツールの欠点は、複雑なワークフローを作成する能力を提供しないことです。さらに、それらはマイクロサービスベースのアプリケーションを形成する開発者には役立ちません。以下は、APIコネクタツールが役立つ場合です:

  • ITインフラストラクチャ全体で基本的なワーク・フロー・オートメーション結合を設定する必要があります。

  • コネクトしようとする目的なサビースのための事前に構築されたAPI結合はコネクタツールに含まれています。

  • ワーク・フロー・オートメーションのニーズは複雑ではありません。

  • APIコネクタツールは必要なワークフローオートメーション機能を提供しています。

API結合管理プラットフォーム

API結合管理プラットフォームは、開発者がそれらのアプリケーションを作成するために必要なすべて(またはほとんど)の手動コーディングを削減しながら、複雑なAPI結合を構築するのを支援します。APIコネクタツールと同様に、結合管理プラットフォームは 予め構築されたAPI結合を提供します。さらに、API結合プラットフォームはAPIコネクタツールより、複雑なAPI結合により深い機能を提供します。また、マイクロサービスベースのアプリケーション開発のユースケースにも対応します。API結合管理プラットフォームが役立つ場合は次のとおりです。

  • 一つのITインフラストラクチャ内のアプリケーション間で複雑なワークフローを開発する必要がある場合。

  • マイクロサービスベースのアプリケーションを構築する際には、マイクロサービスおよび他のコンポーネントのAPIを結合する必要がある場合。

残念ながら、MuleSoftやIBM App Connectなどの流行のAPI管理プラットフォームにはいくつかの重大な欠点があります。第一に、それらは複雑で使いにくいフロントエンドを持っています。ほとんどの企業は、こんなプラットフォームを操作するため、専門的なコーディングスキルと特別な認定資格を持つ経験豊富な開発者を求めます。


これらのスキルを学ぶことは時間がかかるかもしれません。第二に、ライセンスおよびホスティングの費用がかかります。MuleSoftやIBM App Connectのようなプラットフォームは、API結合以外の幅広いサービスを提供しているため、高額です。これらの欠点のため、これらの従来のプラットフォームは厳格な予算の小規模・中規模の企業や企業部門には適していません。しかし、予算が厳しい企業向けには、HexaSyncなどの新しいAPI結合管理プラットフォームが手頃な価格で堅牢なAPIの作成と結合の道を開いています。


結論

私は、API、APIs、およびREST APIs用語に関する情報が、API結合の概念よりも、それらがどのように動作し、拡張されるかについての包括的な見解を提供したことを願っています。もしあなたがAPI結合のより詳細な側面に興味がある場合は、このシリーズの二番目のブログにアクセスしてください。

さらに、HexaSyncと私たちのソリューションについて詳しく知るには、HexaSyncがもたらすユニークな側面とポテンシャルについて紹介したいと思います。HexaSyncは単なるAPI結合ツールにとどまらず、ビジネスプロセスを迅速かつ費用効果的に自動化する手段でもあります。

私たちは、あなたがAPIおよび私たちのHexaSyncソリューションについてさらに探求し、理解することを望んでいます。




閲覧数:13回0件のコメント
bottom of page