top of page

楽天・Eコマースソリューション

更新日:2023年4月21日


Rakuten Ecommerce Solution_cover image

楽天グループ

楽天株式会社は、1997年2月に設立され、インターネットサービス開発する日本の IT 企業です。


楽天は創業当時、ECモールを中心とした事業体でしたが、現在はオンライン金融事業も行っています。


創業から3か月後、「楽天市場をサービスとしてリリース。2000年にJASDAQに上場した後、同社は積極的に他社の買収を進めました。


2020年の時点で、楽天は株式時価総額1.5兆円という圧倒的な大企業です。楽天グループは、楽天株式会社を中核会社とする多くの事業組織から成り立っています。


事業活動


Rakuten Ecommerce solution_activities

インターネットサービスセグメント


これらは楽天のコアサービスであり、現在の売上成長の主な成長源が事業投資です。


2019まで、事業投資は約3,592億円の売上高として、「楽天グループ全体の55%」を占めます。


国内EC

  • 市場事業:楽天市場、楽天オークション、楽天ブックス

  • 旅行事業:楽天トラベル

  • ファーストパーティービジネス:楽天24(日用品の販売サービスの提供)、楽天ブックス、楽天ファッション、楽天西友ネットスーパー。

  • C2Cビジネス:楽天ラクマ、楽天ドリーム、楽天スーパーロジスティクス。

そのほか

  • 楽天Viber(モバイルメッセージグサービス、VoIPサービスの提供)

  • 楽天Kobo

  • 楽天Rewards

フィンテックセグメント


  • クレジットカード事業:楽天カード

  • ペイメント事業:楽天ペイ、楽天ポイント

  • ネット銀行業:楽天バンク

  • ネット証券:楽天証券

  • ネット保険事業:楽天生命保険、楽天損害保険、楽天ペット保険

また、楽天IDは楽天が運営する70種類のサービス(楽天市場、楽天カード、楽天銀行など)に基づいて、1億人以上のユーザーIDからオンライン・オフラインのデータを収集する国内最大規模のサービスです。


モバイルセグメント

  • 楽天コミュニケーションズ

  • 楽天モバイル

  • 楽天シンフォニー

  • 楽天エナジー

  • 楽天TV

ほかのセグメント

プロスポーツ事業:ヴィッセル神戸

エネルギー事業:楽天エネルギー


Eコマース


楽天市場・楽天のコア事業


概要


楽天市場は1997年5月に設立され、日本最大の Eコマースセンターになりました。


2010年9月まで、楽天市場の契約企業数は約10万社で、取扱商品数は約6,300万点です。

会計配信がAmazon。


流通総額はAmazonを上回り、市場規模はより大きく、楽天市場の流通総額は約34億1300万円(同時に、Amazonは約27億5100万円、2019年実績)。


これは、日本におけるオンライン小売業者にとって優れた e コマース ソリューションと評価されます。


楽天市場は日本で最も利用されているウェブサイトであり、今後も増加すると予想されています。 特にデータによると、日本の高齢者の約80%がこのウエブサイトを利用しています。


楽天市場利用のメリット


顧客に対して

日本最大規模の市場

  • 楽天は日本に普及し、大勢のお客様に信頼されています。

  • カスタマーマッチは高齢者が大多数を占めます。

  • 多くの人が楽天市場に買い物し、生活必需品をはじめ、こちらのほとんど商品がよく売れている。

連携サービス -・楽天ポイント

  • 楽天のホームページでは、どこでもポイント30倍、ポイント44倍、30%オフのキャンペーンが見られます。

  • 普通の1~5%のポイントバックがあるサイトと比較して、楽天独自のポイントバックは明らかに優位性があります。 (プラットフォームの利点を表しています)。


小売業者に対して

楽天市場で小売業者は、多くの忠実な顧客に獲得できるため、売り上げを伸ばし、ブランドの認知度を高めることができます。


楽天グループの顧客基盤を活用し、潜在顧客の間で接点を設け、戦略目標を達成します。 (顧客は、買いてほしい商品を事前に購入するよりも、さまざまな商品を検索する傾向があります。)


お客様のビジネスのレベルに合わせた最適な計画を選択し、低コストでの開店をお手伝いします。オンラインショップを開店から開店後まで小売業者を包括的にサポートします。


楽天は、小売業者が販売リストを最適化し、売り上げを伸ばすのに役立つさまざまなツールとリソースを提供しています。


  • マーケティング ツール、行動分析ツール、カスタマー サポートツールにアクセスするツールを提供します。

  • オンラインショップにプリインストールされた専用の「ECコンサルタント」などの機能により、追跡、収益の増加、問題解決のサポートを提供します。

  • 小売業者は「楽天大学」の専門講師による講座を受講でき、オンラインショップの知識が学べます。「RUx」講座では、ネットショップ運営で必要なナレッジやノウハウを、他店舗様の事例などからいつでも学ぶことができます。

  • 開店成功オンラインショップ向けの「NATIONS」プログラムは実際の店舗様からアドバイス、ノウハウを提供し、売り上げを伸ばすプログラムです。

  • 物流ネットワークを通じて複数の配送オプションを提供することで、販売者が日本の顧客に商品を簡単に届けることができます。

  • 多様なサービス:楽天では、電化製品や衣料品から食べ物全体まで、幅広い商品を提供しています。このため、小売業者がプラットフォームで多様な商品を販売し、多様な消費市場に参入できるという意味です。

楽天市場は日本でオンライン販売しようとしている小売業者にとって最適な選択です。人気度、販売者のサポートと物流ネットワークにより、日本の消費者にリーチし、Eコマースビジネスを成長させるため、信頼できる効果的なプラットフォームとなっています。


楽天市場への出店のデメリット


他社に比べて出店料が高い

普通、楽天市場で出店する時、他社より出店料が高いということがあります。ただ、実店舗を立ち上げることを考えると、人気のエリアで人の往来の多い場所にある実店舗の出店料はもっとも高いです。


ネットショップでの出店のとき、他のお店に場所が占領されているという心配がありません。その代わりに、楽天市場のような「バーチャル空間にある場所」であれば、他の実店舗より、出店料が安いと評価されます。


一部のプロモーションが自由にできない

たとえば、小売業者は、ストアの管理画面から顧客のメールアドレスをダウンロードできません。

ECモール全体の信頼を高めるため、個人情報の漏洩しないよう常に努めているという意味です。



楽天ラクマ - 楽天のEコマースフリマアプリ


概要

楽天市場は主にモバイルプラットフォームを通じて運営され、楽天が所有するフリマアプリで、日本のピアツーピアマーケットプレイス業界をリードしてきした。


これはラクマと日本初のフリマアプリである「フリル」と楽天の「ラクマ」が統合して生れたサービスです。


2020年5月まで、ラクマアプリのダウンロード数は、累計3,500万を超えており、現在も伸ばしています。

ラクマの一番の特徴は他の楽天サービスと連帯できることで、楽天ポイントが貯まります。


ラクマの利用のメリット

顧客に対して

楽天ポイントが使える。楽天ポイント

  • 楽天市場での買い物

  • 楽天ポイントカード加盟店での買い物

  • 楽天カードでの買い物

  • 楽天銀行の利用(ハッピープログラム)

別の楽天サービスでためた楽天ポイントを楽天ラクマで使え、ポイントを効果的に使い、期限が迫ったポイントを使い切ります。


小売業者に対して
  • 販売手数料が安い

楽天ラクマの出品料が無料であり、出品した商品が売れたときに販売手数料がかかります。販売手数料は売上代金から引かれるので、別途支払う必要はありません。

  • 出品したお金が楽天キャッシュに貯まります。

ラクマの売上は楽天キャッシュに貯められ、楽天市場で買い物をする際に楽天ペイで買い物や支払いができます。


楽天ボックス - 日本最大級のオンライン書店


概要

楽天株式会社が運営するオンライン書店で顧客が本、CD、DVD、BD、ゲームソフトなど販売し、予約購入できる書店です。

楽天ボックスの利用のメリット


顧客に対して

  • 楽天ボックスで楽天市場で買い物を節約できます。 楽天はSPUプログラム(Super point up program)があり、スパーポイントを貯めることがより簡単になります。

  • SPU+0.5倍:SPUプログラムでは、楽天ブックスで1回1,000円以上の購入でSPUが+0.5倍になります。

  • 全国のコンビニ受け取り・引き取りは全て送料無料です。(本だけでなく、CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、パソコンソフトなども)

  • 使いやすい得るなクーポン:楽天ブックスは得るなクーポンを配布されています。意外と使えるクーポンもあったりするので購入前にチェックしておきましょう。

  • 「あす楽」:あす楽対象品は受付終了時間よりに注文で(ショップの次第で)翌日あるいは同日に届きます。

  • 楽天のメンバ(楽天アカウントがない人)ではなくても、楽天ボックスで買い物できます


楽天ボックスの小売業者に対して

  • 製品は大規模に顧客に届き、製品を宣伝できます: 高い信頼を持つ大規模な顧客ベースがあります

  • グローバル市場へのアクセスの可能があります

  • 小売業者は、商品のリストと管理を簡単に行うことができ、店舗のデザインをブランドに合わせて設定できます。

  • 取引コストは、他の多くの e コマース プラットフォームよりもはるかに低くなっています。


Rakuten Ecommerce Solution_ranking
楽天売上ランキング 国内1位(2021年のランキング)




閲覧数:34回0件のコメント
bottom of page