top of page

5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)

Shopify上の配送プロファイルは何ですか?


Shopify配送プロファイルは製品と配送場所に基づいて、カスタム配送の設定と配送料の最適化を実行することに高度な機能です。これはShopifyプラットフォームで販売する商人向けに、配送ラベルを購入して印刷し、注文の出荷を追跡するためにShopifyの提供する組み込み機能です。


配送とフルフィルメントサビースは、Eコマース会社の持続性と長期の生存能力にとって重要です。可能な限りの最も費用効果がよくて信頼できる方法で商品を届けていないならば、お金を浪費しています。海運業界で使われる配送料を理解できるのは、配送コストを最小にする一つの方法です。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)1

Shopifyは最も人気のあるEコマースプラットフォームの一つので、企業に最高な配送選択をするため、必要があるすべての概要を持っています。残りの配送プロセスの基礎を築くのに役に立つ基本がいくつかあります。もっと知識を得るにつれてこれらのことを調整できますが、これらは高水準の配送戦略を作成する重要な決定や方法です。ビジネスの運営に役立つケーススタディもいくつかあります。


Shopify配送プロファイルの仕組みは何ですか

配送プロファイルを作成できる上で、まず配送地域と配送料の運営を理解するべきです。地域と料金は各プロファイルにおける場所に割り当てられます。


配送プロファイルを使って、特定の商品に配送料を設定し、多様な金額を変更できます。それは商品のどこからどこまで届けているかに基づいています。また、同じ配送料を共有する商品を配送プロファイルに追加し、その商が発送される場所ごとに配送地域と送料を設定します。


メリット

  • 異なる商品と地域に応じて、配送料をカスタム

  • 価格基準と重量基準のルール

  • 国内と海外の注文に応じて配送地域を作成

  • 支払いの時にリアルタイムで料金を表示

  • サードパーティにキャリアアカウントに接続

  • 現地での集荷と配達オプション


デメリット

  • 店舗の場所はShopify計画に基づく

  • 一度に製品またはバリアントは一つの配送プロファイルのみに属することができる

  • 支払い時に複数プロファイルから料金を結びづけるので、二重請求が発生する

  • 配送ルールを事前に設定することはできない。

  • 支払い時に配送方法を表示または非表示できない

  • 一度にラベルを20枚まで印刷することしかできない。


どのようにShopify配送プロファイルを設定しますか?


基本の配送プロファイル

これはあなたの配送のデフォルト設定で、配送地域を作成し、各地域に配送料を適用して全体のプロファイルをカスタマイズします。一つの製品またはバリアントがカスタムプロファイルにない場合は、基本のプロファイルの基本配送料を使用します。


カスタム配送プロファイル

追加の配送プロファイルは配送料や地域ごとの存在在庫状況が異なるにより、商品を処理するのに役に立ちます。製品またはバリアントを2番目の配送プロファイルに追加したら、最初の配送プロファイルを自動的に削除されます。注文が異なるプロファイルの製品を含まれば、Shopifyは自動的に配送料を組み合わせます。


配送料を分ける方法を見つけている場合、これは解決策かもしれません。ベンダーごとに、個別の配送プロファイルが作成できます。各ベンダーが独身の配送プロファイルを持って、お客さんが個別のベンター/配送プロファイルから購入する場合、チェックアウト時に合算料金を適用することができます。各配送プロファイルには独身の配送料セットがあるため、同じベンダーから多様な製品を購入でき、その注文には同じ料金が適用されます。たとえば、顧客が20ドルの一律送料と10 ドルの一律送料の二つの配送プロファイルから 2 つの商品を購入した場合、顧客は合計で30ドルを支払う必要があります。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)2

Shopifyの設定内で、配送と配達をクリックします。ここから、チェックアウト時に配送方法が表示されます。「新しいプロファイルを作成する」をクリックして新しい配送プロファイルを作成します。


配送プロファイルに名前を付け、商品を追加します。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)3


配送先は、商品の発送元となる場所を示します。たとえば、小売店の所在地があるが、ホーム オフィス、倉庫、店舗在庫から発送したいと考えているとします。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023) 4

プロファイルを設定し、商品を追加したら、配送ゾーンを作成します。これらは、配送オプションを設定しようとする各国に対応します。たとえば、ほとんどの顧客ベースは米国にありますが、カナダと英国から注文する顧客もいると思われる場合は、一つの配送ゾーンが米国で、もう一つがカナダで、もう一つは英国と設定します。最後に、他のすべての国をカバーする Rest of World ゾーン(そのほかの国)を設定することもできます。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)5

配送プロファイルでの配送料をどのように管理できますか。


基本の配送料

一律送料は、すべてのタイプの配送ボックスに適用される固定送料であり、一定の制限を下回る限り、商品の形状、サイズ、重量には依存しません。


価格ベースの配送料

価格ベースの配送料を使用すると、注文金額に基づいて特定の配送料を設定できます。 たとえば、50 ドル未満の注文には 4 ドルの配送料がかかり、50 ドルを超えると送料が安くなります。


重量ベースの配送料

価格ベースの料金と同じように、重量ベースの料金でも注文重量が配送料に考慮されます。


無料配送料

Shopifyでは、送料を0ドルに設定することで送料無料に設定できます。 ただし、注文の合計重量または合計価格に応じて、顧客はいくつかの条件を満たす必要があります。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)6

サードパーティの配送業者の計算済み配送料

Shopifyには、配送業者の計算済み配送料があり、自分のアカウントを配送業者に連続できるようになります。その業者が配送料を処理し、チェックアウト時に顧客に表示します。例えば、企業が米国を本拠地としていたら、USPS、DHL Express、または UPS の料金を表示できます。企業がカナダを本拠地としていたら、カナダ郵便の料金を表示できます。


配送業者の計算済み配送料を追加するときに、各製品に正確な重量を入力するべきで、チェックアウト時に顧客に正確な配送料を提供できます。そのため、正確なパッケージサイズと重量の製品を受け取ることができれば、USPSのCubic 配送料を活用します。多くの場合に、大金を節約できます。


サードパーティの配送業者の計算済み配送料を基本の隔月な計画は、以下の二つのオプションを利用され、基本月次計画で有効にすることができます:

  1. Shopifyサポートに、月次料金20USDでサードパーティの配送業者の計算済み配送料機能を有効にすることを求めます。

  2. 月次請求から年次請求に切り替えると、Shopify サポートにサードパーティの計算済み配送料機能を無料で追加してもらうことができます。


サードパーティのアプリの計算済み配送料

計算済み配送料は、チェックアウト時に注文の詳細に基づいて、サードパーティの配送サービスによって決定されます。これにより、配送ラベルを購入するときにUPS や FedEx などの配送業者が請求する正確な金額を顧客に請求することができます。


それに、チェックアウト時に表示される配送オプションがデフォルト パッケージだけに基づきます。Shopifyは現在製品の大きさの重要性を考慮を入れないため、最適なパッケージや一つのパッケージに合う商品の数を決定できません。これを解決するため、高度なパッケージング方法を支援するサードパーティのアプリを利用する必要があります。


配送アプリと統合するときに、顧客がカタログ内の商品を検索するときに配送ポリシーなどの情報が利用できるようになります。価格は顧客に提供され、注文の合計金額に追加するだけです。税金と関税はチェックアウト時に自動的に計算されます。


Shopifyの配送プロファイルを改善するための方法

チェックアウト時に合算配送料金を無効にする

一つの配送プロファイルに対して

複数の在庫場所があれば、これが機能し、顧客が二重請求されることなく両方から購入できるようにするには、多くの点を有効にする必要があります。

まず、すべての商品が両方の場所で利用可能である必要があります(Shopify は販売者が在庫を移転すると想定しているため、在庫数は無関係であるように見えます)

次に、オンライン注文を履行する行うため、その場所を確認する必要があります。

ソリューション

複数の在庫場所から配送を有効にするとともに二重請求が可能になるため、一つの在庫場所を配送場所として残すことで、二重請求を解消できます。


これは、顧客が特定の在庫品を販売可能には影響しません。これはまるで、Shopifyは必要の場合に販売者が在庫場所を移動すると想定しているかのようです。想定しているかのようです。想定しているかのようです。顧客が購入した在庫に配送場所として有効になっている在庫場所から差し引かれます。


複数の配送プロファイルに対して

複数の配送プロファイルがあり、お客さんが2以上のプロファイルからのプロダクトを注文する場合には、普通にShopifyは配送料を組み合わせてチェックアウト時に表示します。顧客が高い料金を目にすれば、カートを放棄してしまうことは問題になります。


では、同じ場所に顧客が二重請求にしないように発送できます?これはいくつかのおすすめソリューションですが、問題を十分に対処できません

  • あなたのオンラインストアプロファイルに移動し、翻訳セクションの小計行にメモを追加します。 二重料金は返金されることを顧客に説明してください。 顧客は返金のためだけにお金を払いたくないので、チェックアウト時に実際の費用を知りたいと考えているため、この方法は理想的ではありません。

  • 小さくて安い商品の価格を設定するのは、すべてを組み合わせたときに適切な料金で配送できるようにするためです。 これによりコンバージョンが減少したことは間違いありません。

正確に解決するため、複数のルールを作成して、いつでも希望どおりに請求できるようにするアプリを使用する必要があります。サードパーティのアプリが高すぎし、プレミアムプランに切り替えるとほとんどの時間がかかるので、Shopifyは販売者にもっとも理想的なEコマースソリューションを提供できません。将来、配送料を分けるため、チェックボックスを追加するのような調整をするかどうか分からなかったが、サードパーティのアプリに払うことは現時点の唯一のソリューションです。アプリに求めるべき機能は次のとおりです。

  • 商品の異なるプロファイルに応じて基本の配送料を設定します。

  • 最小/最大注文価格と重量、または注文に特定の商品が含まれているかどうかに基づいてレートを非表示または表示します。

  • 異なる配送料を準備しながら、複数の商品を購入する場合の最大基本送料も設定されます。

  • 商品が異なる配送プロファイルにあれば、最大配送料または最小の配送料のみが適用されます

  • 郵便番号に基づいて顧客にドアツードアの集荷と配達を提供します。

  • 商品の配送方法を制限します。


次のアプリを検討しましょう

  • Advanced Shipping Rules・高度な配送ルール

  • Advanced Shipping Manager・高度な配送管理

  • Better Shipping・より良い配送

  • Shipping Rates by Parcelify・パセリファイの配送料


販売したアイテムを制限

一日、一週間または一ヶ月ごとに販売せれたアイテム数を制限する場合に発生します。例えば、パン屋を開始する商人です。その屋の資源のため、一日にあらゆる書類のケーキも50個しか作られません。問題になったことは、在庫に制限を追加せずに、その日の制限を顧客に知らせることです。実は、アプリがなければそれは不可能です。


Shopifyアプリストアには、主な機能として、この機能を備えた他のアプリがいくつかあります。日あたりの注文数の制限などの特定の設定には、より高いプランが必要になります。 以下で確認できます。


  • OrderLogic - Min & Max Limits

  • Limits by Limitsfy

  • Mechanic


チェックアウト時に配送方法を表示


価格ベース条件

例えば、注文が100ドル以上になると、顧客は配送無料をもらえます。チェックアウト時に配送無料のみ表示するには、100ドル未満の条件で別の標準配送料を設定できます


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)7

重量ベース条件

配送プロファイルは多様な重量範囲に応じて速達配送料が設定されており、それに100ドル超えると配送無料になります。配送表にこの二つはお互いに除かないため、顧客のカードは100ドルを超えると配送料は最初のアイテムの価格です。ただし、それと同時に同じ価格の重量ベースの配送料も表示されます。この場面は重量ベース配送料と配送無料の両方がある場合に発生します。


重量物送料のみを表示するには: (重量ベースの送料は無料送料と重複します)

  • 軽量商品のみの配送プロファイルを作成します。 顧客が100ドル以上を注文した場合は送料無料とし、配送料を補えるよう商品価格を少し値上げします。

  • 二つ目の配送プロファイルには、配送料を払うため、重量ベース条件を追加できます。チェックアウト時にShopifyは配送料を組み合わせるので、どの送料を含まないことに心配しないでもかまいません。

  • この方法で、注文は二つのプロファイルからの商品があれば、Shopifyは重量物配送のみ表示します。


配送無料のみ表示します(配送無料は重量ベース配送と重複します)

  • 上記で述べた二つの配送プロファイルを作成します。重量物配送プロファイルには、100ドル超える注文に応じて他の配送無料を追加し、それは策略をします。

  • 考慮する必要があるのは、1 ドルから 100 ドルまでの注文だけです。それ以外の場合は、商品がどんなに重くても送料は無料です。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)8

Better Shipping と Advanced Shipping Manager というアプリにより、自分の商品に特定の配送を設定できるようになり、多くの時間を節約し、より正確な結果につながります。


配送方法が有効にしない

この「あなたのカートまたは届け先に利用可能な配送方法がありません」というエラーメッセージで、Shopifyストアから販売できないことはありますか?心配しないで、これはShopifyには一般的な配送設定問題です。次の変更でこの問題が解決できます。以下の設定をチェックしましょう


届け先の住所に配送ゾーンを設定しません。

  • Shopify 配送ゾーンを設定し、不足している料金を入力する

  • 配送統合を使用している場合は、在庫設定を変更します

配送設定を再度確認しましょう

  • あらゆる商品に応じて発送重量

  • 考えられるすべての配送重量に対する重量ベースの貨物

  • デフォルトの荷物重量をゼロに設定します

  • すべての可能なチェックアウト値に対する価格ベースの貨物

ドロップシッピング

使用しているドロップシッピングアプリ次第で、カスタムプロファイルが自動的に作成されます。各Dropshippingアプリには、独自の配送基準と実践のセットが付属しています。チェックアウト時に料金の矛盾を避けるために、一度に一つのドロップシッピングアプリをしたほうが良い。配送料を補うためウエブサイトに配送料を設定することを確認しましょう。特に、ドロップシッピング会社が送料を別途請求する場合です。


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)9

例えば、Oberloでドロップシッピングを行っており、Shopifyと統合している場合です。作成された全部のOberlo商品をOberlo配送プロファイルに自動的に配置し、その配送料を自動的に設定します。Oberloが設定したことに満足しなければ、そのプロファイルにアクセスし、料金を確認および変更することができます。


ショップから注文する顧客は、購入する商品が配送設定内で設定されているプロファイルの料金が表示されます。注文には様々な場所またはプロファイルの商品を含まれば、各発送の配送料はチェックアウト時に合計されて、合計料金を作成します。


複数の配送プロファイルがあり、一つ以上のプロファイルからの商品を注文すれば、Shopifyは常に配送料を組み合わせて、顧客にチェックアウト時に表示します。これを正確に解決するため、複数のルールを作成して、いつでも希望どおりに請求できるようにするアプリを使用する必要があります。すべての商品は独身のプロファイルにあれば、Multi Carrier Shipping Label を使用できます。唯一のピロファイルがある場合、配送から小さい商品をスキップするようにルールを調整できます。



ローカルピックアップ

ローカルピックアップを有効にするため、在庫が指定された場所に追加する必要があります。在庫が正確な場所に設定されているかどうか確認できますか?正確な場所設定になり、その機能が有効にするため、ローカルピックアップについてShopify ドキュメントを見直したほうがいいです。ローカル配送方法にはローカルピックアップとローカル配送の両方が含まれており、顧客が注文を確定した後はどちらも変更できないことに注意してください。


企業が配送注文よりローカルピックアップを多く行う傾向がある場合、顧客が普通にチェックアウト時にローカルピックアップのオプションが見えないまま、代わりに配送オプションに移動しまいます。そうなるとお客様はイライラしてしまいます。


チェックアウトページで「配送」オプションを取り除かなかったが、配送ゾーン/料金を削除または除去することで、顧客が配送可能な注文をできないようにすることができます。配送設定には、現地での集荷料金のみを表示する必要があります。


残された一つだけのオプションは、In Store Pickup Local Delivery や Store Pickup + Delivery などの Shopify サードパーティ アプリを使用して、ローカル配達と受け取りの日時をスケジュールすることです。 複数のルールベースのシナリオを作成できるサードパーティアプリもあるので、あらゆる状況に応じて希望する配送方法を常に正確に提供できます。


配送プロファイルを改善するためのベストShopifyアプリ


Advanced Shipping Rules


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)10

Advanced Shipping Rulesにより、簡単から特別な複雑な配送仕様を設定できるようになります。商品の異なるグループに基本の配送料を設定します。運送業者の料金を調整し、料金タイトル、発送元の郵便番号、関税/関税、荷物の寸法を編集します。アイテム別、価格のパーセントなどで使用します。 開発者の支援を必要とせずに、独自のレートとルールをすべて構成および管理できるようになります。


機能

  • 多くの変数や条件で料金を非表示、表示、調整します。

  • さまざまな製品グループに独自の料金を設定します。

  • パッケージ寸法の詳細設定

  • 「アイテム別」、「ポンド当たり」、「製品価格のパーセンテージ」などの高度な料金タイプ

  • Printful、Printify、Pixels、Gooten と統合


価格

  • 7日間の無料トライアル

  • $9/月: 2 製品グループ + 1 混合料金

  • $29/月: 5 製品グループ + 2 混合料金

  • $59/月: 20 製品グループ + 3 混合料金

  • $99/月: 無制限の製品グループ + 無制限の混合料金


Advanced Shipping Manager


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)11

Advanced Shipping Managerにより、すべての配送ルールと方法を完全にコントロールすることを提供します。課題がどれほど複雑であっても、配送方法に複数のルールを作成しやすkて、複数の発送元やさまざまな配送業者を 1 つの方法で考慮できるようにします。70 社を超える小包および貨物の宅配業者とつながります。 当社の統合には、Purolator、AusPost、CanadaPost、UPS LTL、FedEx LTL などが含まれます。


機能

  • リアルタイムの配送料

  • 品目レベルのオリジンZipまたは郵便番号

  • 配送方法をブロック

  • アイテムページおよび・またはチェックアウトのリアルタイムの配送見積もりを提供します

  • リアルタイムで関税と税金を請求するか、チェックアウト時に推定金額を提示します


価格

  • 7日間無料トライアル

  • $85/月

Better Shipping

5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)12

Better Shipping により、配送料の測定方法を完全にコントロールできます。顧客や店舗にとってより適切な配送料と規制を簡単に設定および管理できます。配送料金はチェックアウト時に簡単かつ定期的に返されるため、配送が処理されていることを確認して安心できます。 あらゆるレベルで配送料を完全にコントロールします。 小型、中型、大型の商品ごとに異なる配送料が必要な場合は、Better Shipping が対応します。

機能

  • あらゆるのレベルで配送料を完全にコントロールします

  • ストアのすべての単一の商品またはバリエーションに対して一律の配送料を設定します。

  • 郵便番号に基づいて、特定の商品の配達地域を制限します。

  • 複数のドロップシッピングサプライヤーからの製品であっても、一貫したカスタマーエクスペリエンスを維持します。

価格

  • 7日間無料トライアル

  • $19/月: チェックアウト時の無制限の配送料 + 無制限の配送ルール


Shipping Rate by Parcelify


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)13

Parcelify の配送料を使用することで、製品タグ、製品タイプ、製品名、コレクション、ベンダー、SKUなどの製品情報に基づいてカスタム配送料を作成できます。最小/最大注文価格と重量、または注文に特定の商品が含まれているかどうかに基づいてレートを非表示にしたり表示したりして、レートをフィルタリングします。

機能

  • ローカル配送とピックアップ:特定の郵便番号、郵便番号、または都市名からの注文に対してローカル配送またはストア内ピックアップを提供します。

  • 無料配送:特定の価格以上の注文で無料配送があります。

  • ドロップシッピング:Oberlo、Printful、Printifyなどドロップシッパーのアイテムごと設定します。

  • 送料固定: 特定の製品または製品の組み合わせが注文に含まれている場合、注文全体が送料固定で配送されます。

  • 重量ベースのレート: 注文の重量に基づいてレートを計算します。

価格

  • 14日間無料トライアル

  • $14.99/月

販売したアイテ制限ためのShopifyベストアプリ


Order Limits - MinMaxify


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)14

MinMaxifyは、カートの注文プロセスに対する制限の実装を合理化するのに役立ちます。全体のカート、特定の製品、または製品グループに制限を適用できます。 MinMaxify を使用すると、単純から複雑なものまで、注文の製品とカートの最小制限と最大制限を簡単に定義できます。

機能

制限は以下に設定できます。

  • カート内の合計金額

  • カート内の商品の総数

  • 個別アイテムの数

  • 製品グループ内の複数の品目 (つまり、1 ケースに6本のボトルがある)

  • 卸売などの顧客タグに基づく制限

  • カート内の商品の総重量

価格

  • 14日間無料トライアル

  • $4.99/月

OrderLogic - Min & Max Limits


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)15

OrderLogicにより、Shopifyストアのすべての製品の最大および最小の製品数量を定義できるようになります。簡単なインタフェース使用して、顧客が注文できる各製品の数または数量に制限を設定できます。最小および最大の注文金額と数量を設定できます。 今すぐ卸売ショップをセットアップし、顧客に最低注文金額または数量を簡単に強制します。

機能

  • 製品の最小値と最大値を指定する

  • 価格または商品数量の制限によって、最小注文と最大注文を指定します。

  • タグ制約を使用して製品のグループを設定し、最小、最大、または複数の制約を適用します。

価格

  • 7日間無料トライアル

  • $4.99/月: 製品の制約 + 注文の制約

  • $9.99/月: 製品の制約 + 注文の制約 + タグの制約

  • $14.99/月: 製品の制約 + 注文の制約 + タグの制約 + 購入ボタンの制約


Min&Max Limits by Limitsify


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)16

Limitsify は、注文に制限を追加する方法を再定義する min max アプリです。 カートの最小値と最大値を設定するための柔軟性と使いやすいインターフェイスを提供し、さまざまな注文ロジックをサポートします。 Limitsify を使用すると、ストアに複数の最小制限と最大制限を設定できます。 価格、SKU、重量、カテゴリ、ベンダーに基づいて、日、週、または月ごとの最小制限と最大制限を設定します。


機能

次の Shopify 制限をサポートしています。

  • チェックアウトごとの購入金額

  • ストア内の製品または任意の SKU

  • 特定の製品タイプに属する製品

  • 特定のベンダーのアイテム数


価格

  • 10日間の無料トライアル

  • $4/月: 配送を除くすべての制限

  • $7/月: 1日/週/月あたりの単位制限


Shopifyのベスト配送ラベルアプリ


Shippo

5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)17

Shippoは配送を合理化し、企業の成長に集中できるようになります。割引配送料、ラベルをイン作詞、唯一の場所から顧客に追跡情報を送信します。バッチラベル印刷と自動化を使用して、プロセスを加速し、手動エラーを防ぎます。

機能

  • 追跡ページ、配送メール、納品書などにブランド、ロゴ、色を追加します。

  • 世界中の50以上の通信事業者と接続します。

  • パッケージ情報を Shopify に自動的に同期します。

  • 税関フォームとコマーシャルインボイスを自動的に生成します。

価格

無料: 少額の月額料金またはレーベルごとの料金で送料を使用できます。


Multi Carrier Shipping Label


5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)18

Multi Carrier Shipping Label により、チェックアウトページで顧客にFedEx, UPS, USPS, DHL など運送業者から複数のリアルタイムの配送料を表示します。ワンクリックで、その日のすべての配送ラベルをプリンターで印刷できるようになります。また、複数の注文の集荷の予定を組んだり、マニフェストを生成したり、出荷追跡の詳細を電子メールで顧客に提供したりすることもできます。



機能

  • 国内および海外の配送料

  • 複数の配送業者からの実際の配送料

  • 重量ベースの梱包による柔軟な梱包

  • 配送ラベルを一括で生成およびダウンロードします

  • 返品ラベルの生成

  • ライブ追跡ダッシュボード

  • 複数の通信事業者のライブ料金を自動化します


価格

  • 14日間の無料トライアル

  • $9/月: 100 注文

  • $29/月: 1000 注文

  • $49/月: 3000 注文

  • $99/月: 無制限の注文

Shipandco

5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイド(2023)19

ユーザーフレンドリーなインタフェースを備えたShip&coは複数のストアから注文を自動的に取り組み、運送業者アカウントの配送料を比較、ラベルと顧客のドキュメントを印刷、出荷の追跡をすべて勇逸のダッシュボードで行うに役に立ちます。配送先住所の変更、注文に商品向けの注意、編集など注文の更新は、Ship&co のダッシュボードでも自動的に更新されます。

機能

  • 複数のストアからの注文をリアルタイムで統合します

  • 自分の運送業者を追加することで、複数の運送業者の配送料を簡単に比較できます。

  • 配送ラベル、請求書、国際税関書類をワンクリックで印刷します。

  • ショップに自動的に同期される追跡番号を使用して、荷物のステータスを追跡します。

  • 複数の場所にある Shopify ストアの注文を処理します。


価格

インストールは無料 1 配送あたり0.25 USD、または1か月あたり9USDから


結論

各配送方法を構築してマッピングした後、すべてが適切に機能していることを確認するためにテストしてみましょう。 顧客であるかのようにストアに移動し、カートにいくつかの商品を追加したり、配送先住所を変更したりできます。 顧客を真似て、ライブテスト注文を行うことができれば完璧です。 Shopify配送プロファイルは、Shopifyプラットフォームでのみ販売する小規模販売者にとって、特にラベル価格が大幅に割引される非常に便利なツールです。 ただし、成長している小売業者や大規模な小売業者のほとんどが避けたいデメリットがいくつかあります。


閲覧数:156回0件のコメント

Comments


bottom of page