top of page

トップ9のベストSaaS ERPソフトウェアソリューション[2023年に更新] :メリットとデメリットの完全な比較

更新日:2023年7月6日

SaaS ERP ソリューションとは?


企業資源計画(ERP)とは、企業の全体プロセスを自動化し、マーケティング、セール、会計、人事など企業活動を管理するシステムです。SaaS または「Software as a Service」はクラウドベースのERPソリューションモデルの一つです。


SaaS ERP ソフトウェアが購入サーバーとインフラストラクチャーで実行する代わりに、このソフトウェアのERPベンダーのデータセンター(オンプレミスERP)で実行されます。SaaS ERP ソフトウェアで、企業のエンドユーザーがインターネット経由で、またはソフトウェアサビースプロバイダーのネットワード経由で、ソフトウェアにリモートアクセスすることに役に立ちます。


現在、自社の最重要のビジネスプロセスを基準化するソリューションを選択する企業が増加しています。なぜなら、効率と投資収益率(ROI)を増やすことに目指しています。 それに従って、グローバルなERPシステムはあらゆる規模のビジネスにとって優先されるITソリューションになっています。


企業に適当なソリューションの選択のように、発展モデルを選択のは重要な役割を果たしています。よく理解するために、次のような一般的なモデルを参考し、適切な意思決定をします。

  • オンプレミスERP

  • クラウドERP

  • ハイブリッドクラウド

  • SaaS型ERP

多くの企業では、各ERP ソリューションには良い点と悪い点があります。企業にとって、SaaSソフトとクラウドERPを選択のが複雑で、チャレンジなプロセスです。


企業に最も適当なソリューションを見つけるため、自分の目標と各ソリューションが提供するものに比較する必要があります。そのため、今回のアーティクルでは、トップ9 SaaS ERPソフトウェアの長所と短所を学ぶために、それらをよりよく視覚化できるようにします。



また、この記事を通じて、Best Cloud ERPソフトウェアソリューション2022についての説明をご覧ください。


Sage X3 SaaS ERP


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Sage X3 SaaS ERP.jpg

Sage X3は、確立された企業向けのSage Group 企業資源計画ソリューションです。そのプロダクトには SaaS会計ソフトを含まれ、企業が支払いを行い、送り状を監視および支払い、給与支払名簿管理できるようにします。


SageのオンラインERPソフトウェアとは、中小企業や大規模な多国籍企業などの運用と開発の可能性を向上させます。 SaaS ERPソフトウェアは、ビジネス上のデータを確保するため、安全なクラウドとモバイルアクセス、脅威インテリジェンスのモニタリング、および通常のシステムパッチも提供しています。


メリット


  • ユーザーが顧客に適したサービスを提供するために必要な情報を提供することにより、ビジネスの成長と競争力を持続するのに役立ちます。 また、の品質を管理し、組織の非効率性を排除します。

  • 製造業、流通、経済管理からビジネスサービスなどで、業界での効率的な方法を適用する同時に中核的な事業活動を自動化します。

  • 多くの人がSage X3のユーザーフレンドリーや簡潔で明快なダッシュボードを称賛します。

  • また、このソフトウエアが高度なカスタマイズも非常に人気があり、専門家による正確な戦略と実行で、さまざまなビジネスラインのニーズに合わせて拡張および調整できます。

  • Sage X3には、企業固有のモジュールがすでに利用可能であり、 追加のコンプライアンスプロセスや製品の調整は必要ありません。

  • SageX3 は完全に統合されたオンラインサービスを提供し企業が適当な顧客を見つけ、企業が Web サイトや顧客データベースから関連する顧客分析やプロセス分析を生成できるようにします。


デメリット

  • SageにはCrystal Reportsの使用とエクスポートが難しいので、多くの企業はレポートのニーズを満たすため、カスタマイズされた開発を選択する必要があります。

  • Sage X3の主な言語は専有の4GL言語で、この言語を修理し設定できる佐内専門知識を持つビジネスが少ないです。そのため、サードパーティに向かって、アドバイスや実行されることをもらいます。

  • Sageのカスタマーケアの専門者はユーザーサポートのために必要な技術、地理的、または企業固有の知識が不足していることがあります。

  • 年間売上高が 1000 万ドル未満の企業には適していません。


SAP S/4HANA


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_SAP S/4HANAjpg

SAP S/4HANAは大企業のためのSAP ERPシステムです。これはSAP R/3とSAP ERPを継ぐものです。SAP S/4HANA SAPは Business Suite 4 SAP HANAの略語です。SAP R/2 から SAP R/3 への移行と同様に、SAP S/4HANA は SAP のお客様にイノベーションの大きな波をもたらします。

次世代の人工知能とベスト プラクティスを備えた SAP S/4HANA Cloud は、すべての従業員がより迅速に意思決定を行うのに役立ちます。 運用を最適化するために、統合されたプロセスを使用し、資産メンテナンス タスクを計画し、スケジュールを実行します。


メリット

  • SAP HANAはリアルタイムのデータ分析や意思決定を行うことに役に立ちます。それに従って、リアルタイムの洞察ができます。

  • RAMで保存され、インメモリデータベースの技術により、非常に高速なデータ処理とトランザクションが可能になります。

  • SAP HANAでは、複数の操作を並行して処理できますが、伝統的なデータベースでは1 つのクエリに対して 1 つのアクションしか処理できませんでした。

  • SAP HANAのインメモリ データベースでは、トランザクション(OLTP)およびオンライン分析処理 (OLAP) 用に複数のデータベースにまとめてアクセスできます。

  • SAP HANA のソース非依存という機能により、さまざまな外部ソースからデータを取得できます。 それに従って、データ統合が簡単になります。

  • パーシスタント データレジストリに企業の詳細情報を保存し、問題があればすぐに回復できます。

  • データ モデリングとデザインの技術により、データがより柔軟かつ現実的になり、モデリングと変更が容易になります。


デメリット

  • SAP HANAは、SAPまたはSUSE Linux 認定のハードウェアと互換性があり、ライセンス コストは非常に高いです。

  • ビジネスモデルが多くので、全部のERP ソリューションを満たすことができません。 SAP HANAに対応されるために、ERPユーザーが自社のシステムを変更する必要があります。

  • 以前のバージョンは、頻繁な SPS のリリースとアップグレードにより、すぐに時代遅れになりました。 したがって、ユーザーは毎回新しい更新の料金を支払う必要があり、アップグレードには時間がかかるため、ユーザーに不便をもたらす可能性があります。

  • ハイブリッド HANA の一部のクラウド、一部オンプレミス ソリューションは、問題と非効率性に悩まされています。

  • データベース テクノロジの従来の作業方法に固執している開発者は、SAP HANA を最大限に活用できないことがよくあることです。 SAP HANA には、他にも多くの機能がありますが、それらは高速なインメモリ データベースとしてしか使用できません。

Odoo ERP


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Odoo ERP

Odoo は単なる販売やプロジェクト管理ではなく、それ以外のこともできるプラットフォームです。これは、ユーザーが多くの事業活動を管理するためPOS、MRP、及び他のEコマース機能を含むソリューションです。


このソフトウェアは、その強力な在庫管理のおかげで、現在の業界に適した総合的なビジネス管理ソリューションを備えています。


メリット

  • Odoo ERPは全部のモジュールを接続し、ユーザーが生産から配送までプロダクツを簡単に監視できるようにします。

  • Odoo には、コミュニケーション、ドキュメント、収益の複製などにデジタル署名を統合することで、企業が販売プロセスを改善するのに役立つツールが多数あります。

  • いくつかの基本的でアクセス可能なカスタマー サービス オプションも提供します。

デメリット

  • Odoo ERPには複雑なフレームワークがあり、ビジネスのニーズに合わせて作成し、展開するのが難しい。

  • 高い価格設定は Odooの懸念事項の一つです。


Epicor Kinetic


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Epicor Kinetic

Epicor ERP は、流通、製造、サービス、小売に重点を置いたエンタープライズ システムです。 このシステムはさまざまなプラットフォームで動作し、オンプレミスまたは SaaS ソリューションとして設定できます。


中企業と大企業がwデータを結合し、洞察を発見し、データ主導の意思決定を促進し、ビジネスの生産性、効率、および収益を向上させるのを支援します。


ERP には、財務から会計、CRM からプロジェクト管理、在庫管理、人事管理まで、すべての活動を管理するエンド ツー エンドのフレームワークが含まれています。


メリット

  • Epicor は様々な分野のアメリカ合衆国及びカナダの製造企業に最適です。なぜなら、これが製造企業の要求を向上し、ビジネスが急速に発展し、拡大できるからです。

  • Epicor ERP は拡張性と柔軟性に優れ、豊富な機能セットを備えています。製造プロセスの規模や複雑さが必要ではなく、簡単に導入および拡張できるため、企業の成長をサポートします。

  • このソフトウェアには、会計からCRM、プロジェクト管理、人事までビジネスのあらゆる側面を対応するモジュールがあります。また、このプロジェクトでは必要なモジュールを選択できます。

  • また、包括的な会計および財務管理モジュールも付いてきます。 そのサポートにより、幅広いレポートやステートメントを作成できます。

デメリット

  • この製品は製造プロセス用ではありません。

  • 実行することとカスタマイゼーションは複雑です。

  • 専門家チームがこのプロジェクトを継続する必要があります。

  • 時間通りに支援を受けられません。


Sage Intacct


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Sage Intacct

Sage Intacct は財務、会計、クラウドコンピューティングを統合するSaaS財務管理ソフトウエアです。このソリューションは、プロセスの効率を改善し、企業成長を促進するための一般的なツールです。


また、あらゆる金融機関のニーズを満たすさまざまなオプションも提供しています。 支出管理、注文管理、現金管理、買掛金、売掛金は利用可能な可能性の一部です。


メリット

  • 財務チームも非財務チームもこのシステムが簡単に利用できます。

  • 単一の勘定科目表共有により、アカウントの総数を管理可能なレベルにしています。

  • クラウドプラットフォームで顧客がいつでも財務状況を確認できます。

  • 四半期ごとに、Sage のダッシュボードとレポーティングは無干渉のアップグレードを提供します。

  • Sage Intacct のオープンおよびパブリックの API は、幅広い統合オプションと柔軟性を提供します。

  • Sage Intacctのコミュニティと導入パートナーは継続的なサポート、教育、およびトレーニングを提供します。


デメリット

  • スイート ソフトウェアが提供できる運営機能が不足しています。

  • 一般に、中規模のソフトウェアのコストは、小規模企業のソフトウェアのコストよりも高くなります。

  • 非正統的で非永続的な報告方法の使用するので、側面が直感的ではありません。

  • 導入構成の変更が難しく、ソフトウェアの柔軟性が制限されます。


Plex Smart Manufacturing


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Plex Smart Manufacturing

Plex プラットフォームは、MES、ERP、サプライチェーンマネージメント、インダストリアルIoT(IIoT)と分析を通じて、人、システム、機械、サプライチェーンを繋がるSaaS ERP ソフトウエアです。


さらに、製造業者はビジネスのあらゆる側面を接続、自動化、追跡、分析して、ビジネス変革を推進できます。


メリット

  • プログラム管理、強化された品質、メンテナンス、カスタム レポート、および人的資源による優れたコア機能は、すべての ERP にはないものです。

  • Web上のビジネス ソフトウェアを扱ったことがある人なら誰でも簡単に使用できるため、総 IT コストが削減されます。

  • 従業員と生産に関連するすべてを追跡できることは便利です。

デメリット


  • MRP、ルーター、および BOMに接続されていないと、計画が非常に困難になります。

  • ソフトウェアの扱いにくい機能と現在のビジネス インテリジェンス ツールが、それを難しくしています。

  • セットアップするのは少し難しかったです。 ユーザーインターフェースも少し古くなっています。


Oracle Netsuite


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Oracle Netsuite

Netsuite は、中小企業向けの最高の SaaS ERP システムの 1 つであり、大企業向けに機能します. これは、重要な操作を自動化することにより、オールインワンのビジネス管理ソリューションであり、運営および財務パフォーマンスをリアルタイムで可視化します. つまり、このSaaS ERPソフトウェアにより、企業はより効率的に運営できます。


NetSuite は、ERP 管理機能を提供し、部門内で財務、運用、販売、サービス、人事のニーズに対応します。 約160国以上の 40,000 以上の企業が NetSuite ERP を使用しています。


メリット

  • ユーザーが自分のフォーム、フィールド、及びレコードを急速にカスタマイズできます。 企業は、ユーザー固有のビジネス要件に基づいて、追加の機能、ワークフロー、およびプロセスを作成できます。

  • 他のサードパーティ システムと簡単に統合できます。 統合により、ビジネスパフォーマンスが向上し、大きな利点がもたらされます。

  • Netsuite はすべての事業活動を自動化できます。有望な結果をもたらすと同時に、ビジネス手続きの効率を向上させます。

  • リアルタイムでデータをに集め、アクセスするNetsuiteの機能が迅速かつ正確な決定を下すのに役に立ちます。

デメリット

  • 個性化のプロセスが複雑で、有能なNetsuiteサービス提供者の保守とサポートを求めます。

  • ユーザーとアカウントの数量が増える同時に、ERPシステムの維持費も増えます。


Striven


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Striven

インダストリー4.0はここで、Striven は、製造業者が最新の課題と機会に直面するのを支援する準備ができています。人あたり 20 ドルからの Striven は、完全にクラウドベースでモバイル対応の ERP システムです。 Striven は、製造業のスマートな設計アイデアを使用して、柔軟で費用対効果の高いソリューションを提供します。


メリット

  • Strivenの四つの柱は、速度、データ管理、カスタマイズ、使いやすさです。 Striven は、これらの利点に焦点を当てることで、実装前であっても成功を保証します。

  • Strivenの顧客サポートチームは完全に社内にあり、米国に拠点を置いているため、いつでもアクセスできます。

  • Trivenは中小企業、大企業、様々なニーズ企業の規模と

  • Striven は、完全に拡張可能でネイティブに統合されているため、規模と専門知識に基づいて様々なニーズを持つ中小企業および拡大中の企業向けに設計されています。

  • Striven は、製造プロセスを自動化、簡素化、および統合するためのプラットフォームです。

  • Striven の在庫管理システムにより、注文の処理、発送、請求が時間通りに効率的に簡単に行えます。

デメリット

  • 給与支払名簿は含まれていません

  • カレンダー機能は慣れるまで時間がかかります。

  • レポート機能と検索機能が制限されているため、不便な場合があります。


Dynamics 365 Business Central


TOP 9 Best SaaS ERP Software Solutions_Dynamics 365 Business Central

Microsoft Dynamics 365 Business Central は、中小企業向けの包括的なビジネス管理ソリューションです。


3 つの展開オプションがあります

  • Cloud ー Microsoft クラウド サビースによって完全に管理されます。

  • Cloud + Edge ー ローカルに保存されたビジネス データとアプリケーション サービスを備えた中央クラウド。

  • ローカルビジネス データ- オンプレミスのビジネス プロセスとデータ ストレージ。


メリット

  • 生産用材料の請求書の作成を自動化します。

  • 見積もりを再入力する代わりに、それらから販売注文を作成できます (これには、いくつかの追加ソフトウェアが必要でした)。重複試行が少なくなり、インポート エラーが少なくなります。

  • ユーザーフレンドリー; ユーザーの使用方法、データ入力、製品結果のトレーニングは必要ではありません。

  • パスワードと許可アカウントが設定されているので安全です。

  • 一般会計、A/R、A/P、固定資産、および予算編成の要件はすべて柔軟でカスタマイズ可能です。


デメリット

  • レポートは確実に改善できます。

  • 他のソフトウェアやツールと統合することはできません。

  • ナビゲーションが非常に難しいと感じる人もいます。

  • サードパーティの販売者は、カスタマイズ、変更、およびアップグレードを行う必要があります。


ERP の実装と Beehexa との統合

つまり、上記の SaaS ERP ソフトウェアはすべて効果的ですが、それぞれにメリットやデメリットがあります。 ビジネスにはそれぞれ独自の目標とニーズがあるため、すべてのビジネスにソリューションを提案することはできません。


大規模なプロジェクトと同様に、SaaS ERP の実装計画を使用して、一度に1 つずつ進める必要があります。 SaaS ERP の実装は、完全なシステムを計画、構成、展開するプロセスであるためです。 したがって、多くの異なる機能をサポートおよび自動化する際の複雑さのために、数か月かかることがよくあります。


この実装は注意が必要で、いくつかの段階に分けて、明確な方向性を持っています。 さらに、組織は要件を慎重に定義し、プロセスを再設計する方法を決定し、実装前に厳密にテストする必要があります。


SaaS ERP の実装プロセスは非常に複雑であることがわかります。 利点に加えて、実装プロセスには企業が克服しなければならない多くの課題もあります。 SaaS ERP 実装の失敗を心配するのは普通のことですが、幸いなことに、私たち Beehexa が SaaS ERP 実装の旅を一歩一歩お手伝いします。


企業による SaaS ERP の実装をサポートするだけでなく、SaaS ERP の統合ソリューションである HexaSync 統合プラットフォームも提供します。 当社のプラットフォームは、レガシー システムと最新の SaaS アプリケーションにシームレスに接続することにより、ビジネスが運用をシームレスに自動化するのに役立つミドルウェアとして機能します。


SaaS ERP 統合戦略に最適な製品である HexaSync について学びたいと考えています。 今すぐお問い合わせください。 製品の使用方法を説明するためのアドバイスとデモを提供します。 本日、SaaS ERP 実装のデモをお見せできることをうれしく思います。




閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page