top of page

SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上!

依存する運用リソースを維持しながら、ビジネスの生産性とパフォーマンスを向上していることは中小企業を始め、予算が限られる企業にとって困難な問題の一つです。この問題を理解しているので、今回の記事では、ビジネスプロセスを最適化し、生産性を向上させ、業務効率を向上させるソリューションである SAP Business One統合ソリューションについてご紹介していきたいと思います。ぜひ、最後までお付き合いください。


SAP Business One統合とは


SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上 1

まず、SAP Business Oneについて確認しましょう!SAP Business One (SAP B1 とも呼ばれています)中小企業に向けの企業資源計画ソフトウェアです。これは財務、会計、在庫、販売、顧客管理など、コアプロセスを最適なコストで管理できるため完全なERPソリューションです。


ビジネスの業務活動次第で、SAP B1は「人事・給与」、「経費精算」、「プロジェクト管理」、「生産管理」など、機能を柔軟かつ適切に提供します。


SAP Business Oneには、いくつかの主な機能があります。

  • 財務管理

  • 販売・顧客管理

  • 購買・在庫管理

  • ビジネスインテリジェンス

  • 分析とレポート

  • 業種別の機能

  • モバイル

  • インメモリープラットフォーム


SAP B1 ERP統合は、SAP B1とEコマース、POS、CRM、電子請求書ソフトなど、他のシステム、ソフトウェア、アプリケーションとの間にデータを接続することです。SAP B1と他のシステムの連携を促進できることと、それを御社の他のアプリケーショや子会社や支社に接続することを目的にします。データ管理の優れた可能性とタスクの自動的に一括で処理することで、ビジネス自動化に促進することにより、SAP B1統合は多くの企業に高く評価されています。例えば、顧客情報を収集し、注文、請求書、取引先などあらゆる対象の作成、更新、削除などができます。


SAP B1 ERP 統合をできるだけ早く導入する理由

実は、SAP B1 ERP、SAP S/4 HANAなどを実行する同時に、企業は顧客関係管理(CRM)、販売時点(POS)、会計ソフトなど多様な複雑なデジタルシステムを利用しています。そのため、システム間での連携が弱くなり、次のような問題になります:

  • 別個のシステムの分散データの問題

各システムは特別な役割を集中するので、多くの個別のシステムを管理すれば、企業に多大な時間、労力、費用がかかります。

  • SAP B1システムの複雑さ

SAP B1 ERP自体ははからり使いにくいの機能や高いの有料機能を備える複雑なシステムであり、一部のお客様にとってそのインターフェイスが使いにくいと考えられてます。それに従って、SAP B1と他の多くのアプリケーションを同時に展開するということは、さまざまな課題に対処する準備ができているということです。

  • カスタマーケアに関する不満

SAP B1 ERPは複数の機能を同時に実行するため、ほとんどの SAP ERP 顧客は、問題の処理が時間内に処理されない、または要件に従っていないことについて同様の不満を抱いています。


そのような問題に直面していたら、今こそすべての個別のシステムを統一ブロックに組織化するソリューションを見つける時間であり、これは企業活動の組織化における新たな分岐点となるでしょう。複数のデータ管理の複雑さを軽減し、エラーを最小限に減少し、SAP B1 のパフォーマンスを向上させることが、「SAP B1 ERP Integration」ソリューションの利点の 1 つです。 では、SAP B1 ERP 統合により、具体的にどのように企業の業務効率が向上したのでしょうか?


SAP B1 ERP 統合の顕著な改善

あらゆる種類のデータの接続性を向上


組織のすべての内部のデータ (部門間のデータ)から外部のデータ (Eコマースなどの外部ソフトウェアからのデータ) に、いつでもどこでも正確に接続できることはERP 統合がもたらす基本的な価値です。


会計士は、データレポートを取得する必要がなく、マーケティング部門のデータに簡単にアクセスし、オンラインストアから情報を更新できます。企業のデータがよりスムーズになり、より簡単に管理できるというのは大幅なコスト削減の鍵です。こういうことは、SAP B1を他の客プラットフォームに統合しておいてはじめて可能です。


例えば、ShopifyとSAP B1の統合ソリューション、MagentoとSAP B1の統合ソリューション、SAP B1とRakutenの統合ソリューションなどです。


ビジネスプロセスの自動化


SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上2

SAP B1 ERP統合が完了した後で、データアクセスの可能が最適化されるようになり、一括の複雑なビジネスプロセスの管理することは問題なくなりません。その代わりに、ビジネスプロセス、マーケティングプロセス、カスタマーケア、テクニカル サポートプロセスなどはすべて、1つのプラットフォーム・システム上で正確で論理的に組織され、一元管理されます。以前の担当者の気まぐれの要件によって管理されることはなくなりました。


そのため、組織内で問題が発生する場合、または顧客の改善する要求があった場合でも、リーダーが問題のトルネックを容易に発見し、タイムリーな対策を講じることができます。


上記のプロセスのすべてのデータはシステムに無制限に保存されるため、リアルタイムで監視およびレポートを作成し、セキュリティを確保できます。

プロセスを標準化することは、仕事の効率と品質を最大化し、プロフェッショナルで公正な企業文化の構築に役立ちます。


運用コストを最適化


SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上3

多くの異なるデータリソースを記録することは、企業は処と維持に膨大な予算と多くの人事を必要とします。ERP統合により、エラーやデータの重複を減少しryだけではなく、より重要で時間の必要がある業務にリソースを集中させ、付加価値のあるタスクを強化するのにも役立ちます。


さらに、SAP B1 ERP統合が成功したら、完全で単一のプラットフォームを通じて複数のデータを簡単に管理できるようになります。データ保存の一括のシステムを管理することに比べると、よりコストを削減できます。


従業員の生産性を向上

SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上4

上で述べたように、多くの企業は複雑なSAP B1 ERPシステム導入するには、データソースが重複するビジネスプロセスに人事を配置するのに困難になります。それに、共通のデータソースがないため、従業員が仕事を交換することも困難になります。さらに、昇進のない反復的な手作業は、従業員の熱意と士気に大きな影響を与えます。


SAP B1 ERP統合により、あらゆるビジネスプロセスが具体的に整理され、各個人のタスクが明確になるため、自分の責任を理解することができます。自動化はほとんどの手動タスクの負荷を軽減するのに役立ち、企業は貴重な業務にリソースを開発して、大きな収益源を生み出すことができます。


SAP B1 ERPに統合できるシステム


SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上5

EコマースをSAP B1 ERPに統合

現在のあらゆる一流のEコマースプラットフォームを統合できます。例えば:Magento、Shopify、Lightspeed、Woocommerce等です。


SAPとEコマースの統合により、Eコマースの成長速度を促進します。顧客情報、製品、注文、請求書、配送情報などのデータ、およびその他の多くの重要な情報が密接に連携されているため、管理プロセスにおける問題が制限されます。


POSソフトをSAP B1 ERPに統合

販売時点システムに連携したら、オフラインストアからオンラインストアまでの顧客のニーズに対応することの時間を短縮できます。これらの二つのシステムを連携するには、効率性を向上し、増大するユーザーのニーズに合わせたモバイルプレゼンスサービスを提供できることです。


フロントエンド POS、ミドルウェアの倉庫管理、バックエンド会計を1つの統合された小売システムに組み合わせることができます。SAP B1に統合できるPOSシステムはMagestore POS、ORANGE POS、Odoo POSなどです。


CRMソフトをSAP B1 ERPに統合

POS連携に加えて、CRMソフトに統合することにより、企業は顧客との関係を強め、リードを増やし、より包括的な個人エクスペリエンスを得ることができます。SAP B1 ERPと互換性のあるCRMソフトウェア: Salesforce、SugarCRM、Microsoft Dynamics 365 CRM、PandaDoc などです。


CRMソフトをSAP B1 ERPに統合するプロセスには、顧客情報、トランザクション、連絡情報などのデータを連携します。そのため、顧客の要求を理解して、戦略やキャンペーンがより正確で決まって、より良い顧客サービスを提供します。


ビジネスインテリジェンスをSAP B1 ERPに統合

リアルタイムでのデータ分析、データの品質や正確性の向上、カスタマイズが可能なダッシュボ ー ドはBIとSAP B1 ERPの統合の特徴な機能です。これは、内部情報と外部から収集した情報を組み合わせて分析する能力に基づいて確保されます。それに、企業にとって質の高いビジネス上の意思決定が可能になる鍵です。


SAP B1 ERPに統合するいくつかのBI:Klipfolio、Power BI、Omnia、QlikViewなどです。


HexaSync統合プラットフォームとの効率的なSAP B1 ERP統合


CRM、Eコマース、POSなど既存のシステムをSAP B1 ERPに統合のを導入するため、最適な方法は何かと疑問していますか?ご安心ください。実際には、Point-to-Point Integration、ESB Integration、iPaaS など、2 つのプラットフォームを直接接続するなど、さまざまな統合方法があります。


お客様のビジネスに効果的なiPaaSソリューションの1つであるHexaSyncマルチプラットフォームデータ統合ソリューションをご紹介していただきます。


SAP Business One ERP 統合によりビジネスの業務効率を向上6


HexaSyncはミッドウェアのプラットフォームとして機能し、二つ以上の異なるシステム間のデータをリアルタイムでシームレスに連携するのに役に立ちます。HexaSyncの優れた機能がいくつかあります

  • ミドルウェア:すべての複雑な統合をサポートするアプリケーションに依存しないプログラム。

  • EAV Design Pattern:データモデリング機能の強化。

  • Message Queue-Based Architecture(メッセージ キュー ベースのアーキテクチャ): スタンドアロン アプリケーションのコードを削減しながら、パフォーマンス、信頼性、柔軟なスケーラビリティを向上させます。

  • Cell-based Mapping:永続的な同期のためにデータ ファイルを特定します。

  • 他のERPアプリケーションとの統合: HexaSyncを利用すれば、EコマースのストアフロントをあらゆるERPソリューションに簡単に接続できます。

レガシーシステムを使用している場合でも、HexaSyncが特定のビジネスニーズに合わせて、調整されたシステムにデータをシームレスに接続することも可能になります。


結論

この記事を通じて、ERP統合はビジネス自動化にどのような大きな影響を与えるかを理解できるでしょう。すべてのエンタープライズ仕組みを接続し、簡単なプロセスを自動化することで、企業のパフォーマンスと生産性の向上を支援します。


そこで今こそ、SAP B1 ERP を完全に統合することでビジネスの効率を向上させるソリューションを検討する時間です。


閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page