top of page

【2023】SAP Business One ERP リビュー:企業への機能、メリット、デメリット

運用を大幅に強化し、レポートやトランザクションを監視するための最適なソリューションを検討しています。 問題の処理に役立つ中小企業に適したソフトウェアが 1つあります。 この記事では、SAP Business One Review を取り上げ、その価格と機能を紹介します。


SAP Business One ERPとは

SAP Business One (SAP B1とも呼ばれます) は、中小企業が時間の経過とともに規模を拡大しやすくする企業資源計画システムです。


特に、年間収益が1億5,000万ドル未満、従業員数が約500人中小企業にとって理想的なソリューションです。SAP B1 ERPは会計、財務、販売、顧客関係、レポート・分析作成などの日常業務の管理を支援し、合理化された効果的な方法を提供します。


ERPソリューションの市場では、SAP Business Oneが世界中の多くの企業に信頼されている上位の選択と言えます。特に、日本の業界におけるSAP B1の競合他社としては、次のようなものが挙げられます。

  • OBIC7

  • Microsoft Dynamics

  • SMILE V 2nd Edition

  • ZAC クラウドERP

  • MoneyForward クラウドERP

  • Multibook

  • Grandit

  • Oracle Netsuite

  • Galileopt DX

  • 奉行V ERP


ITreviewの視覚的な比較表による、満足度や機能に基づいた推奨ERPパッケージの視覚的な比較表をご覧ください。この図では、SAP Business Oneのランキングが競合他社にどのように

中堅企業におすすめのERPパッケージを満足度・機能性でランキング(IT Review 2023)で明確に示しているかを示しています。


SAP Business One ERP Review
中堅企業におすすめのERPパッケージを満足度・機能性でランキング(IT Review 2023)


SAP Business One ERP Review
中小企業におすすめのERPパッケージを満足度・機能性でランキング(IT Review 2023)

HG Insightsの統計によると、現在まで世界では世界中で約25.907の企業がSAP B1を導入しており、21.187を超える企業から多くの良いフィードバックを受けています。ほとんどのSAP B1を利用している企業は製造、小売、エンタープライズ サービス業界などです。その中にPanasonic、Ottobock、WuXi AppTec、Coca-Cola Company、Highland Laboratoriesなどがあります。


SAP Business One Review

SAP Business Oneを導入するコスト

実際には、SAP Business Oneの固定価格がありません。ですから、自分の企業や希望に合った価格を得るために、営業チームに直接に連絡しかたがありません。SAP B1の実行コストには、導入費用、ライセンス料、維持・支援コストが含まれます。以下は各要素の価格の詳細なリストであり、参考にしてください。


SAP Business One ライセンス料

  • プロユーザー:$3126.79

  • 限定ユーザー :$1621.30

  • スターター パッケージ ユーザー (最大5ユーザーまで) : $1320.20

  • プロフェッショナル ユーザー クラウド ライセンス :月額 $105.38

  • 限定ユーザー クラウド ライセンス:月額 $54.43

  • スターター パッケージ ユーザー (最大5ユーザーまで) クラウド ライセンス:月額 $44.01

SAP Business One 導入費用

  • プロユーザー:$3213

  • 限定ユーザー:$1666

SAP Business One 維持・支援コスト

  • オンプレミス オプションのライセンス料金の 17%と5%が追加されます。

  • クラウド コンピューティング・プロバイダーによってクラウド上でレンタルおよび運用されます。

SAP B1の機能

SAP B1はあらゆる規模に柔軟に対応できるように設定されており、ビジネスに適した管理を強化できます。これからはあらゆるビジネス プロセスの管理に役立つSAP B1の主な機能です。


財務管理

SAP B1 Accountingにより、仕訳記入、売掛金、買掛金などのプロセスを自動的に処理できます。また、お金の流れやビジネスの事業予算を管理したり、仮想関数で固定資産を監視したり、プロジェクトのコストを管理したりすることができます。さらに、財務管理の最適なツールにより、ビジネスに利益をもたらす正確な意思決定ができます。


SAP Business One Review  5

販売・顧客管理

このソフトウェアには、マーケティング活動を作成したり、管理したり、分析したりする機能や即時のサービス提供のため、販売プロセスの販売機会や見込み顧客のアプローチを監視できます。SAP B1を導入する企業は、いつでも、どこでも、あらゆるモバイル設備で情報を管理できます。


SAP Business One Review 2

顧客関係管理(CRM)

顧客を満足させ続けることは、収益を最大化する優れた方法です。CRM SAP Business One は、販売、サービス、マーケティング活動を支援します。 キャンペーンを管理して見込み客を追跡し、アフターサポートを管理できます。


SAP Business One Review 3

購買・在庫管理

購買依頼、発注書、入庫の作成・返品管理など、調達プロセスが合理化されます。SAP B1により、ユーザーが価格表や税金情報などの詳細な品目購入情報を維持しながら、残高勘定科目と購入分析を表示できます。


SAP Business One Review 4


在庫管理の機能は異なる倉庫でリアルタイムにデータを収集し、コスト効率の高い生産を維持します。そのため、計画が簡単に作成し、買掛金を自動化に作成できます。


ビジネスインテリジェンス

SAP B1の機能の一つは、分析やレポートツールを利用して、ビジネスのデータに基づいて、タイムリーで正確なレポートを作成できます。複数のリソースのデータをアクセスし、新しいレポートを作成し、既存のレポートをカスタマイズすることで、事業業務を効率的に実行できます。さらに、このソフトウェアは、見込み顧客の洞察をより迅速に得ることができる直感的なツールを提供します。


SAP Business One Review 5


分析とレポート

SAP Business Oneのダッシュボードとレポートを利用すれば、従業員の人々が自信をもって、良い意思決定をでき、より迅速で良いサビースを提供できるようになります。管理者が収益、コスト、お金の流れなど、財務活動を正確で監視できます。さらに、SAP B1がリアルタイムの分析のデータをより迅速で収集できます。



SAP Business One Review 5


業種別の機能

SAP B1の利点は、ビジネスプロセス向けの高級のツールや経験を備える業界固有の機能を提供することです。合理的な生産により、顧客のニーズを満たし、新たな収益源を増やすことができます。さらに、このERPソリューションは、資源計画やプロジェクト管理や支払いを備えたプロフェッショナルで高品質のサービスを提供します。


モバイル

SAP B1 の特別な機能はモバイルアプリケーションであり、多忙な移動中の営業チーム向けに設計されています。 管理者は、モバイル デバイスで見込み顧客と顧客アカウントを管理し、在庫を表示し、注文することができます。


SAP Business One Review 6

インメモリープラットフォーム

SAP Business Oneにより、オンプレミスまたはクラウドベースのIT環境を複雑にしないで、利益を増やして、ビジネスを成長させることができます。また、組み込み分析(embedded analytics)や高性能機能を利用して、作業をより効率的に行うこともできます。


SAPアプリケーションとAPIs

SAP B1のAPI、アプリケーション、エコシステムを使用して、サンプル アプリ、拡張機能、オープン統合を構築します。 SAPから、APIsとプリーパキジドをされた統合を発見し、既存のソフトウェア環境にソリューションを接続したり、カスタム拡張機能を作成したりできます。


SAP B1 のメリットとデメリット

メリット

  • SAP B1 ERPはすべての財務、製造、顧客システムを簡単に管理および合理化できるセンターを提供します。

  • ERPソリューションに期待される一般的な日常機能を提供します。

  • リアルタイムのデータでビジネスの意思決定を行い、ビジネスの成長に投資します。

  • 企業はリアルタイムでデータを所有し、データを一元管理します。

  • 顧客のライフサイクル管理サービスでリードベースを作成します。

  • 自動アラート機能で、システムに問い合わせることなく、重要な情報を確実に入手できます。

デメリット

  • SAP B1システムはかなり複雑で、このERPに経験不足なユーザーにとって、カスタマイズは困難です。

  • 非公開の導入費用で、中小企業にとって、選択することは困難です。

  • さらに、このソフトウエアは必要とするSAP B1 モジュールや機能を選択的にサポートするわけではありません。

  • このツールには給与計算機能がないため、企業は追加の金額を出してサードパーティから購入する必要があります。


つまり、SAP Business Oneは企業に重要で基本的なビジネスプロセスを提供し、特定の要求に合わせたカスタマイズができます。SAP Business Oneに満足している顧客が多かったが、SAP Busness Oneを簡単に利用できるかどうかは、SAPユーザーと従業員のこのERPシステムの経験によって決まります。従業員の学習曲線が長いほど、効果的な実装までに時間がかかります。



SAP B1 ERPの効果を最大限発揮する方法

SAP Business One はIT企業のバックボーンとして、包括的なERPソリューションです。上記で述べた多様で効果的な機能により、ビジネスを応援する利点が理解できるでしょう。ただし、ビジネス活動が相互に連携して同時に行うことのため、ビジネスがますます複雑になります。その中に、個別のシステム間で整合性が取れずに重畳データを管理すること・SAP B1の機能を効果的に利用し、SAP B1のような複雑なソフトウェアをほかのアプリケーションと実行すること・カスタマーケアの要求に対応することなどの問題を解決します。したがって、企業内の複数のソフトウェア システムは SAP B1 と運用すれば、あらゆる課題に対応できるようにしておく必要があります。

上記の壁を打ち破って、SAP B1 ERPの効果を発揮する基準として機能するには、SAP Business Oneを他のアプリケーションに統合するのは効果的なソリューションの一つです。ビジネスの業務効率を向上させる統合SAP B1 ソリューションを導入する場合は、HexaSyncにお問い合わせください。SAP Business Oneに統合できるいくつかの上位のシステムを以下で参照できます。

  • Magento 2 と SAP B1 の統合

  • Shopify と SAP B1 の統合

  • Woocommerce と SAP B1 の統合

結論

SAP Business Oneは、企業が単一の管理システムを通じて業務運営をより詳細に管理できるように設計された理想的なシステムだと信じられます。


SAP Business One は、業界をリードするソフトウェアソリューションの一つと考えられています。 ただし、それがビジネスに適しているかどうかは、ビジネスの規模と従業員の経験によって決まります。 したがって、このレビューの情報を身に着け、見積もりを受け取った後、慎重に検討する必要があります。


閲覧数:13回0件のコメント
bottom of page