top of page

【2023更新】Shopifyリビュー:Shopifyの価格、機能、メリットとデメリット

概要

オンラインビジネスの急速に拡大するとともに、Eコマースウエブサイト構築ツールの数が幅広く上昇しています。Shopifyは流行のEコマースソリューションですが、ご自分のビジネスに本当に適しているかどうか丁寧に検討すべきです。

そんなことで悩んでいるなら、今回の記事をぜひご覧ください。ここで、Shopifyの機能・メリット・デメリットを具体的に説明します。Shopifyはあなたのビジネスに本当に適しているかどうか、最後までお読みください。

Shopify・ユーザーフレンドリーEコマースプラットフォーム

Shopifyはコマースウエブサイトを構築するEフトウエアまたは一流のEコマースプラットフォームで、ユーザーが自分の販売サイトを簡単に作成・管理することができるようになります。これは定期課金型のサビースで、誰でも自分のオンラインストアを開始して商品を販売始めることができます。製品やサービスは、Web サイト、ソーシャル ネットワーキング サイト、さらには大手オンライン マーケットプレイスなど、さまざまな販売媒体を通じて販売できます。

Shopifyは個人事業主から大規模組織までを対象としています。これからShopifyを使用すべきの対象です。

  • 個人事業から大規模ビジネスへの発展したい事業者

  • ネットショップの初心者。

  • オンライン販売で大きな利益を得たい方。

  • 優れたデザイン、ブランド、世界観を目指す方。

このEコマースソリューションでオンライン販売チャネルを構築すれば、夢のビジネスを実現するようになります。サブスクリプション料を払うことでShopifyはEコマースビジネスを管理して設定するツールを提供し、ウエブサイトをホストします。インターネットアクセスできる限り、どこでもウェブブラウザで自分のサイトに簡単にアクセスして管理できます。

ウェブサイトの運用が時とともに進化し拡大するプロセスにShopifyはより拡張された機能を提供し、オンラインストアとともに成長します。それで、ビジネスの時期と状況ごとに、Shopifyは具体的な導入価格と特徴を提供します。

Shopifyの導入価格

現在、Shopifyは5つの料金プランを提供します。それらのプランには、無制限のプロダクト数・割引のコード・24時間体制サポートが含まれます。


Shopifyリビュー:Shopifyの価格、機能、メリットとデメリット_1

スタート:$5/月

ベーシック:

  • 価格:$33/月

  • 2人分のスタッフアカウント

  • 個人事業主、スモールビジネスに向け

スタンダード:

  • 価格:$95/月

  • 5人分のスタッフアカウント

  • スモールビジネスに向け

プレミアム

  • 価格:$399/月

  • 15人分のスタッフアカウント

Shopifyプラス:$2000米ドル/月から、カスタムできる価格です。

また、14日間Shopifyストアを無料でトライアルできます。


Shopifyと多様なEコマースプラットフォーム機能

Shopifyは豊富な機能があり、Eコマースを構築するのに信頼性の高いウェブサイトと評価されます。ウェブサイト開発の経験とスキルがない初心者なら、Shopifyはサポートする効果的なツールです。Shopify の機能は重なり合うレイヤーとして見られるため、Shopify が本当に自分に適しているかどうかを確認するには、これらのコア機能をよく見てください。

オンラインストアをカスタマイズ

大勢の顧客はShopifyウェブサイトのデザインが非常に直感的で、簡単に操作できると評価します。ウェブサイトを構築経験が豊富であればあるほど、完全性とプロフェッショナリズムを維持しながら、簡単なドラッグ アンド・ドロップ・エディターを使用してストアのレイアウトを好みに合わせて簡単にカスタマイズすることが簡単になります。

デザインとレイアウトについて、ストアのテーマには12個の無料テーマ、約120個のプレミアムテーマが含まれます。Shopifyが作成されたテーマはきちんと、魅力的なスタイルで、専門的なデザインされており、ユーザーは様々な選択ができます。


Shopifyリビュー:Shopifyの価格、機能、メリットとデメリット_2

それらのテーマは編集インタフェースでを編集されますが、プロダクトの編集はバックエンドダッシュボートで管理できます。Shopifyにより、自分の独特なテーマでありストアを作成できます。

優れたセールス・ツール

Shopifyでは、導入プランごとに、配送から税金けさんまでスムーズなビジネス運用をサポートするのに多様な機能を備えたツールを提供します。


これらはオンラインからオフライン販売までサポートするいくつかの機能です。

  • 配送:配送は重要で、複雑なプロセスです。Shopifyは注文の配送が成功したと確認し、配送オプションを簡単に管理するのに役に立ちます。また、5分間でShopify配送プロファイル設定の完全ガイドをご覧ください。

  • Abandoned cart recovery:Shopifyは、放置されたカートに対して、顧客に自動で通知を送ることができます。この機能により、注文の約70%がカート落ちている問題を幅広に改善し、販売率が向上できます。

  • 商品管理:完全な在庫管理などの特別な商品管理ツールを使用して、在庫・注文状況を簡単に追跡し、商品リストを更新できます。

  • ドロップシッピング:多様なドロップシッピングアプリが備えたShopifyは、ドロップシッピングを希望する事業者に最適です。ドロップシッピングに最適な12以上のShopifyテーマをご覧ください。

  • 決済方法:Paypal、Amazon Pay、Apple Payなど100以上の支払ゲートウェイをサポートします。ここに注意点があります。Shopify Payments を選択しない限り、すべての支払ゲートウェイには取引手数料がかかります。Shopify Paymentsを選択した場合、Shopifyは手数料を免除します。

  • マルチチャネル連携:マルチチャネルの連携により、ウェブサイトだけではなくストアも多様化します。AmazonやeBay、FacebookやInstagramのようなソーシャルメディアチャネルなど、より多くのターゲット顧客にリーチするようになります。

  • 税金:Shopifyには、自動税計算が組み込まれて、プロセスを合理化できます。

  • POS(Point of Sale): POS・ポスはアプリとオンラインストアの間で自動的に同期し、在庫と注文を最新の状態に更新する特別なアプリケーションです。

SEO・Marketingツール


Shopifyリビュー:Shopifyの価格、機能、メリットとデメリット_3

レポーティング・内部分析ツール:これは店舗が獲得する収益、顧客の返品率、リアルタイムの洞察など、店舗のパフォーマンスを視覚化します。

Maketingメール:Shopifyが提供する取り組みの自動メールキャンペーンは、顧客へ通知を送信できます。Maketingメールを使用する最も一般的な方法は、Seguno、Klaviyo、Campaign Monitorなどのサードパーティのアプリケーションを使用することです。さらに、外部アプリケーションまたはHexaSyncなどのサードパーティー統合プラットフォームを使用して、Shopifyストアを一元管理できます。

多言語対応オプション:Shopify は多言語サイトをサポートしていますが、プログラマーに自信がない限り、これは最も簡単なプロセスではありません。ただし、Shopifyは多言語ストアを簡単に作成できるLangifyやWeglot Translatorなどのアプリもあるので、心配しないでください。異なる通貨を扱うときに手数料を請求されたくなければ、Shopify Paymentの決済方法に注意してください。

以下は、Shopifyの各導入プランと対応する機能の機能概要です。

機能

ベーシック

スタンダード

プレミアム

オンラインストア

無期限の商品

スタッフアカウント

2人分

5人分

15人分

24時間体制サポート

販売チャネル

在庫場所

1000まで

1000まで

1000まで

手動注文作成

割引コード

無料のSSL証明書

放棄されたカートプッシュ通知

ギフトカード

レポート

​スタンダード

高度

​サードパーティが計算した配送料

​–


信頼できるパートナーによるアプリ

Shopifyアプリストアに提供される8000を超えるアプリが使用可能で、顧客がビジネスの成長に簡単に適応できる強力なアプリケーションを完全に準備しています。

例えば、ドロップシッピングを使用する場合は、アプリストアのサポートが必要になります。Bolero、Judge.me Vitals、Yotpo、Looxなどドロップシッピングをサポートするアプリがたくさんあります。

Shopifyストアには、利益の増加を目指する企業にとって便利なツール・アプリケーションが満載です。Eコマースストアの一流のアプリケーションは次のようなものがります。

  • Oberlo:ドロップシッピングのアプリ

  • Kit:Maketingメディアのアプリ

  • Printful:オンデマンド印刷のドロップシッングアプリ

  • Hubspot CRM:販売とMaketingのキャンペーンを立て

  • Seguno: Maketingメールアプリ

  • Plug in SEO:販売とトラフィックのための強力なSEOツール

  • フォームビルダー: カスタムフォーム、フィードバック、簡単な支払い、寄付、注文

  • 商品リビュー:顧客が購入体験を共有する最も簡単な方法

  • Smile:ポイントや紹介ポイント、VIPへのギフトを通じた顧客ロイヤルティ プログラムの設計

  • Shopify POS:オンラインとオフライン販売を連携します。

これらの機能は、コードを使用せずにネットショップをカスタマイズできるように、サードパーティの開発者によって構築されています。 必要なツールのほとんどはここに見つけられます。

Shopifyのメリット

これが、Shopifyが小売業者から大企業まで人気があることの理由です。

  • ユーザーフレンドリーのインタフェースで、簡単に操作

  • ドロップシッピングを使用したい販売者に最適

  • サードパーティーで税金計算を自動的に実行

  • 機能が搭載された導入プラン

  • 取り組まれたMaketingメール

  • 放棄されたカードはすべてのカートで利用可能

  • 物理的な商品の販売

  • 海外への販売に最適

Shopifyのデメリット

ストアカスタマイズの限定

  • 製品ごとにオプションは 3 つだけ

  • データフィールドの追加は非常に難しい

それ以上のプレミアムパッケージには料金が必要

  • 限定された無料テーマ

  • Shopify Payment以外のサードパーティ支払いを使用

  • POSの完全機能バージョンは非常に高価

  • 主な機能を利用するにはアプリ内購入が必要

  • 運送業者のリアルタイム配送は、最も高価な展開プランでのみ利用

ほとんどのShopifyアプリはサードパーティーに依存するので、毎月の料金が高くなるかもしれません。

Shopifyはあなたのビジネスに適していますか?

ShopifyはShopify アプリストアのアプリケーションの完全なスイート、複数の展開パッケージ、優れた機能セットを備えた包括的なEコマースプラットフォームであると考えられています。Shopifyストアは、販売機能やデザイン機能など、あらゆるカテゴリでうまく機能します。

Shopifyはそれらの事業者に最適であると確信しています

  • あらゆる規模のストアを所有している場合、特に在庫が多いまたはビジネスの規模を拡大したい場合。

  • 販売から配送、税金計算書までの業務をサポートするオールインワンソリューションを探している方。

  • アプリに頼って追加料金を払ってストアの機能をアップグレードすることを遠慮しない方。

機能を発揮するために、Shopifyはサードパーティーのアプリケーションに依存しており、コストが増加傾向にあることに注意してください。また、(ShopifyまたはShopifyアプリストアが提供されていない外部のアプリを使用する場合は、これらのアプリケーションをストアと効果的に組み合わせる方法を検討する必要があります。HexaSyncを活用したShopify 統合ソリューションは、あらゆる種類のアプリを Shopify ストアにシームレスに統合するのに役立ちます。

上記で提供する情報に加えて、最も現実的で決定しやすいビューを得るために、無料の Shopify体験を今すぐ始めることを選択できます。


閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page