top of page

【2023】Magento 2 リビュー: 定義・メリット・デメリット

長期間で専門的なEコマースプラットフォームを発展しようとする個人や企業にとって、Magentoはありふれた名前であり、優先する価値があります。Magento 1 バージョンはAdobeによってサポートされなくなったため、次に表示される内容は、Magento2またはMagentoという意味です。


Eコマースのような活発な市場では、Magentoはいつも顧客に信頼され、Nike、Samsung、Fordなどのような大手ブランドをはじめ、多くの企業で大幅に導入されています。では、Magentoは企業にどんな利点をもたらすか、またこのソリューションの欠点を丁寧に検討しましょう。


Magento 2・オープンソースのEコマースプラットフォーム

【2023】Magento 2 リビュー: 定義・メリット・デメリット

Magento 2 は、PHP言語のオープンソースのEコマースプラットフォームであり、販売者があらゆる購買体験を設定することができます。このEコマースプラットフォームで、発展者がEコマースウエブサイトを作成し、編集することができます。


Magentoがリリースされて以来、二つのバージョンを提供します。

  • Magento Open Source:誰でも簡単にカスタマイズできる無料オープンソースを提供します。自社のウェブサイトを構築する目的とした中小企業・技術分野に適しています。

  • Magento Commerce:セルフホストバージョンまたはMagento Commerce Cloud のようなクラウドホストバージョンにインストールできます。Magento Open Sourceより多くの機能を搭載されており、ミッドレンジ市場や大企業に向けています。もちろん、Magentoのアカウントが必要で、Commerce Edition でオンラインストアを開発するにはライセンス料が必要です。


2020年6月に、Magento1がサポートが終了したと、2020年はMagentoにとってマイルストーンとなったそうです。Magento1EOS(End of support)のことは2020年のMagento移動のウェーブになっていて、Magentoの発展チャンスにつながります。新しいバージョンであるMagento Commerceは多くの強みがあり、ShopifyやWoocommerceという2つの強力な競合他社に次ぐ、優れた地位をしています。


【2023】Magento 2 リビュー: 定義・メリット・デメリット


Builtwithのレポートによると、現在の時期(2023年9月)まで、日本市場では378ウエブサイトがMagentoを使用していると言われます。それ同時に、世界中に709104ウェブサイトがあり、538754のライブサイトを含まれています。それらの数字はMagentoの世界的な流行度と市場への急速な普及率を表示します。


ShopifyやWoocommerceなど他のEコマースプラットフォームに比べると、Magentoが機能カテゴリーで優れていることはMagentoの特別なことです。


Magento2のメリット・2023年にも企業に信頼して選択する理由

Gartnerの評価によると、Adobe(またはMagento)は美準の完成道と実行能力で4年連続でリーダとして認められました。他のプラットフォームに特別なMagentoを満たすことはいくつかあります。

  • 無限のカスタマイズ機能を備えた柔軟なプラットフォーム

  • 統合されたツール・機能

  • ユーザー・コントリビューターの幅広いコミュニティ

  • 拡張性可能性が最適化

  • 高度なSEO機能

  • 簡単なマルチプラットフォーム連携機能


無限のカスタマイズ機能を備えた柔軟なプラットフォーム

オープンソースとして、Magentoはカスタマイズや拡張性の大きな可能性を開きます。服ストア、電気店など、Magentoにとって問題ではありません。オープンソースプラットフォームで何もより柔軟になり、コードを編集し、テンプレートやを調整し、自分の要求に正確に調整することができます。


企業が様々な地域通貨次第でローカライズされた内容を作成するのような複雑な要件がある場合でも、Magentoアーキテクチャにより簡単に対応できます。


さらに、Magentoはまだニーズを満たしていない場合、サードパーティーにMagentoを統合することか、導入する当初から拡張機能を建築することで、より多くの顧客にアピールできます。特に、MagentoのAPIに基づいて、ERP、CRM、支払方法など、サードパーティーシステムを簡単かつ迅速に統合できます。


統合されたツール・機能

【2023】Magento 2 リビュー: 定義・メリット・デメリット

Magento には搭載された完全な機能リストがあり、コア機能には標準的なEコマースWeb サイトに必要なものがすべて含まれています。


Magentoの基準な機能のリスト

  • マーケティング・プロモーション・コンバージョンツール

  • 検索エンジン最適化 (SEO)

  • カテゴリ管理とカタログ閲覧

  • ウェブサイト管理

  • チェックアウト・支払い・発送

  • 顧客アカウントと顧客サービス

  • グローバルサポート

  • モバイルコマース

  • 分析とレポート作成

  

また、Magentoの特別な機能で企業が迅速に発展します。

  • ページビルダー

  • コンテンツのステージング

  • 顧客のセグメンテーション

  • 動的なルールベースの製品関係

  • 即時購入でコンバージョン率を高める

  • ビジュアルマーチャンダイジング

  • ビジネス・インテリジェンス


Magentoは、多様な機能のEコマースプラットフォームとして、販売者にオンラインストアに対して完全な柔軟性と管理可能性を提供します。完全な機能セット(専門的な技術可能を求める)により、転換性、柔軟性、効率などを向上し、Magentoのユーザーは素敵なショッピングエクスペリエンスを顧客に簡単に提供します。


Magentoの直感的なインタフェースを通じて、売上や注文を確認でき、個人要求に応じてウェブサイトを調整できます。それで、企業を完全に拡張可能になり、幅広い支援をもらえます。


ユーザー・コントリビューターの幅広いコミュニティ


【2023】Magento 2 リビュー: 定義・メリット・デメリット

世界中に470000人を超える開発者が参加するコミュニティとして、Magentoフォーラムは非常に活気があり、Magentoでほとんどの使用問題に対する解決方法を見つけるのに理想的な場所です。


このプラットフォームから技術サポートを受けるだけではなく、このコミュニティに参加する技術スタッフはプラットフォーム建築のスキルを専門的に向上するチャンスがあります。


また、Magentoの設計方法、プラグインや拡張機能のインストール方法、支払いの処理方法などについて、Magento wikiコミュニティで役立つ記事もご覧いただけます。


拡張性可能性が最適化

Magentoは強力なEコマースプラットフォームを評価され、1 時間あたり数十万の製品と数千のトランザクションの処理をサポートします。


在庫内の膨大な量の商品が存在する困難に遭っている企業は、Magentoによって順調に改善できるようサポートされます。階層化されたキャッシュ可能なアーキテクチャは、製品ポートフォリオカテゴリーを改善し、変化する市場ニーズに対応するのに役立ちます。


Magentoにより、オンラインストアが多くの国から簡単にアクセスし、大勢の海外顧客にアプローチできるようになります。それに、B2BからB2C ハイブリッド Eコマースまで、ビジネス プロセスを適切に実行できます。

Magento を使用すると、ビジネスプロセスを妨げることなく、デジタルタッチポイント、新しいテクノロジーを追加し、ビジネスを迅速に拡大できます。


高度なSEO機能


この時代にビジネスを発展するには、強力なEコマースプラットフォームを所有するだけで十分ではありません。Magento SEO潜在的な顧客をブランドに誘導することです。


Magentoを使用すると、普通な業務でSEOの基盤を作成することができます。例えば:

  • メタタグ付け(Meta tagging)

  • サイトマップの構築(Sitemap building)

  • ページ上の SEO の最適化(On-page SEO optimizations)

  • リッチ スニペットの追加(Adding rich snippets)

  • SEO に適した URL 構造(SEO-friendly URL structure)


それにより、すべてのSEO詳細は、特に画像の宣伝など、製品やコレクションごとに最適化されることが保証されます。Magento ウェブサイトの検索レベルを上げることは、同様のプラットフォームと比べてそれほど難しくなく、高度な SEO 最適化も Magento のプログラマー チームと多数のユーティリティによってサポートされます。

簡単なマルチプラットフォーム連携機能

これはMagentoの目立つ機能で、企業がサードパーティーのあらゆるプラグインや拡張機能と統合できます。また、APIを使用してサードパーティソフトウェアとのカスタム統合を構築することができます。また、すべてのデータを同期し、Magenoに統合できるため、HexaSyncのようなマルチプラットフォームデータ統合ソリューションについて学ぶこともできます。


自社のMagentoにこれらのような役に立つアプリケーション・ソフトを統合することを検討したほうがいいです。

  • 在庫管理システム

  • CRM・顧客管理ソフトウエア

  • 自動会計システム

  • 安全な支払いゲートウェイ

  • 配送システム

  • POS・販売時点情報管理システム

これらの統合により、e コマースストアのトランザクションがより安全になり、ウェブサイトの外観が向上し、顧客エンゲージメントが向上します。


Magento2のデメリット・検討すべき欠点


高い導入コスト

Magento Open SourceとMagento Commerceのどちらでも、多大の費用を検討するべきです。

Magento Open SourceではMagentoを無料でダウンロードできますが、新機能の追加やプラグインサポートやMagento発展サービスなどストア建築際には発生することは別途料金がかかります。


Magento Commerceバージョン(またはAdobe Commerce)を導入する必要がある大規模ストアの場合は、ライセンス費用はホスティングと追加の基準の機能を含めて年間 20,000 ドルから 125,000 ドルの範囲になります。 Adobe Commerce Cloud のライセンスの場合、費用は年間最大190,000ドルになります。


上記に述べたのMagentoの価格は選択した導入パッケージの固定費用にすぎません。長期的には、オンラインストアを維持するためのフルタイムのMagento開発者のコストを検討する必要があります。実は、必要に応じて、Magento開発者を雇う料金も高額になります。そのため、Magentoのカスタマイズオプションに投資する前に、ビジネス ニーズを明確に特定する必要があります。


技術的な障壁

他のプラットフォームとは異なり、Magentoは学習曲線が急であることで有名で、ユーザーが最初から技術・プログラミングの知識を求めます。つまり、Magentoははるかに複雑です。コーデイング経験がない人にとって、Magentoを利用することは非常に困難です。簡単に言えば、Magentoは初心者向けではなく、次のようなタイプなら、他のプラットフォームを検討したほうがいいです。

  • ウエブサイト建築の経験が限られています。

  • 公開後は自社でウェブサイトを運営する予定。

  • ストアのオンライン プレゼンスをシンプルにしたい

  • ストアの最小限のコード化

時間と専門知識 が必要する複雑なアーキテクチャが多いため、ストアを設定するためのプログラミング知識を持つMagento開発者のチームを準備するべきで、Magentoを効果的に使用するようになります。


MagentoはこのEコマースプラットフォームを使用する傾向がある大企業に適しています。Magentoでコーデイング経験がある開発者のおかげで、あらゆるEコマースプラットフォームで役に立ち、選択したプラットフォームを最大限に活用できるように支援します。


Magentoは御社に適していますか?

【2023】Magento 2 リビュー: 定義・メリット・デメリット

あらゆる面で、Magentoは柔軟性と拡張性を必要とするEコマースビジネスに非常に適したプラットフォームであると考えられています。 ただし、上で述べたように、Magentoを効果的に活用してWeb サイトを構築および維持するなら、自分とチームの知識と学習曲線を改善するべきです。


Web サイトを初めから構築するノウハウと手段があれば、Magento は最適な選択肢です。また、 目標ができるだけ早くストアを立ち上げる場合は、Shopify などの使いやすいプラットフォームを使用するのが最良の選択です。


Magento は、多くの潜在顧客をEコマース ビジネスに引き込む強力なパートナーとなるでしょう。 将来的にビジネスが成長しても、基盤を「再構築」する必要はありません。


閲覧数:14回0件のコメント
bottom of page