top of page

【2023】Infor SyteLine ERPとは?機能・強み・評価を具体的に説明

更新日:2023年9月7日

Infor SyteLineに興味があり、このERP導入を検討しているあなたは、Infor SyteLineが提供するサービスや機能を知りたいと考えます。また、「Infor SyteLine ERP はどのようなビジネス目標を満たしますか?」という質問の答えを見つけましょう。

以上のような質問は 以下のInfor SyteLine の機能、強み、実際のレビューに関するこの詳細な分析で見つかります。


Infor SyteLine・製造業特化型のERPソリューション

【2023】Infor SyteLine ERPとは?機能・強み・評価を具体的に説明

Infor SyteLineは複雑な製造プロセスを自動化し、製造業向けに特化し開発されたERPシステムです。特に、中小の組立製造向けの発展に対応するERPシステムです。


その中の「組立製造業」(Discrete manufacturing)とは、 製造ラインまたは生産ラインを利用し、部分を簡単に分解できる個別の製品を生産する生産形態のことです。


Infor SyteLineはMagic Quadrantの製品中心企業向けのクラウドERPのリーダに選ばれたInfor社(Gartner、2022年8月)のERPソリューションの一つです。Oracle、Microsoft などの競合他社に加えて、Inforは優れたプロセス自動化機能や分析機能を搭載したベストクラウドERPソリューションと評価されます。


このERPソリューションでは、人事、会計から、販売、生産、配送管理まで製造業のあらゆる主要な業務分野を含まれています。Infor SyteLineは中小規模の製造業者や販売業者に適しており、Windowsオペレーティング·システムに対応し、オンプレミスまたはクラウトベースのビジネスの両方に柔軟な導入オプションを提供します。


Infor SyteLineが対応できる主な業界:

  • 自動車業界向けERP

  • 産業用機械・装置製造業界向けERP

  • 工業用製品・素材加工

  • 食品・食料業界向けERP

  • ファッション業界向けERP

Infor SyteLineが向けている対象は組立製造の顧客で、特に:

  • 中堅企業のような顧客 (売上が約3000万円~1億)

  • 最適なコストで短期間で導入できる方法を検討している顧客

  • 海外進出をしている顧客 または(海外進出を予定している顧客)


Infor SyteLineの主な機能

Infor SyteLine ERPは、製造プロセスを最適化し、製造業界向けの資源を効率的に包括的に管理する特殊な機能を提供します。以下はそれの主な機能です。


ハイブリッドな生産形態に対応


【2023】Infor SyteLine ERPとは?機能・強み・評価を具体的に説明

ハイブリッドな生産形態は毎日に異なるアイテムを作成し、在庫品を蓄積することを減少するため、一日の要求によって作成します。そうすると、企業がこのアイテムから他のアイテムまで柔軟に転換する必要があり、配送時間、柔軟なスケジュールなど、問題がつながります。


製造業特化のERPソリューションの特徴として、Infor SyteLineは御社の多様な生産形態に対応します。

  • 見込生産

  • 受注組立生産

  • 受注生産

  • 個別受注生産

  • 繰返し生産

部品表と工程表管理

Infor SyteLineの特徴一つはBOMsを柔軟に調整できることです。統合された部品表管理(Bill of materials - BOM)により、部門間で資材基準を一元管理でき、APS連携したジャストインタイムの資材供給を提供します。


さらに、Sytelineは工程単位の資材・在庫管理、原価計算、各アイテムの製造にかかるコストを計算します。


活動のための高度な計画ツール


【2023】Infor SyteLine ERPとは?機能・強み・評価を具体的に説明

自社のビジネス活動に適する計画ツールを選択することができます。これは

  • MRP (Material Requirements Planning) - 資材所要量計画

  • APS (Advanced Planning and Scheduling) - 資材調達計画および工程負荷計画(有限山崩計画)。つまり、製造計画が実行可能にするため、製造能力と製造負荷を調整する計画です。

このプロセスにより、生産性が向上し、注文の精度が向上します。つまり、問題が発生した場合にスケジュールを更新のが迅速化され、顧客の満足度が維持されます。

製造コンフィギュレーター

Infor SyteLineは、製造部門が全部の設定された注文を処理し、顧客に正確で設定された注文をていきょうできることを確認します。


SyteLineの強力な製品コンフィギュレーターを使用すると、製品知識を簡単に取得し、製品設定をユーザーにガイドできます。 構成固有のデータやドキュメントを作成することもできます。


SyteLineコンフィギュレーターには強力な統合機能と管理機能があるため、特定の機能、さらにはアプリケーションやコンピューティング プラットフォーム全体に簡単に導入できます。


顧客管理

顧客やリーダーとの関係のあらゆる側面を管理します。 特に、顧客の個別注文や受注生産品の製造オーダーなどを通じて、顧客ニーズの把握したり、見積したり、数字を計算したりすることができます。


Infor SyteLineは顧客サービスダッシュボード(Customer Service dashboard)、管理ツール、企業向けCRMシステムが搭載されています。


教育ツール

Infor SyteLineのInfor Implemetation Accelerator と Infor Campus により、ユーザーがInfor SyteLineを迅速に管理できるようにします。導入を迅速化できるだけでなく、IT スタッフの負担も軽減します。


その中に、Infor Implementation Acceleratorは開発プロセスの特別な便利なツールです。 このソリューションは、CloudSuite Industrial (SyteLine) のベストプラクティスを明らかにするのに役立ち、このアプローチがニーズを満たす場合に機能を簡単に導入できるようにします。


また、Infor Campusにより、必要に応じて、定期的な SyteLine トレーニング マニュアルとガイドに加えて、対面トレーニング、仮想クラス、マイペース クラスを提供します。


その他分析SyteLineビジネスインテリジェント

  • 売掛金分析

  • 元帳分析

  • 経営パフォーマンス分析

  • 売上分析

  • 在庫分析

  • 作業能率分析

  • 資材スクラップ分析

  • 製品売上貢献度分析

  • 製品納品率分析

  • 購買納期遵守分析


Infor SyteLine 導入コスト

Infor SyteLineのソフトウェアライセンスのコストは376万円から。このコストは5名分のユーザーライセンスを含まれて、6名以上の場合には、追加料金が発生します。それに、オプションモジュールには、、レポートソースコードと日本カントリーパック(特定国専用の業務要件)が含まれており、その他のオプションモジュールは別途費用が生じます。


ソフトウェア ライセンスの価格は、製品構成の変更や為替レートの変動により随時変更される可能性があります。 インストール料金や開発料金など、その他の費用についても、具体的な見積もりについてはInforに直接お問い合わせいただく必要があります。


Infor SyteLineの長所


ビジネス変革を促進するプラットフォーム

Infor SyteLineはInforの一流デジタルプラットフォーム・Infor Xiを提供します。Infor Xiはクラウドサービス連携プラットフォーム(Infor ION)、モバイルアクセス(Infor Motion)、ビジネス アナリティクス (Infor Analytics)、ソーシャル ワーク (Infor Ming.le) などの製品が含まれており、これらは企業がビジネス変革を行うのを支援する強力なツールです。


正確で迅速なビジネス意思決定

製造業向け特化のERPソリューションとして、BIとBAに従来のBI、BAソリューションよりも迅速に複雑なプロセスを最適化し、解決する機能を提供します。


Infor SyteLineは内部データを迅速かつ正確に分析し、内部データを使用して、より効果的な意思決定を行って、将来をより正確に予測できるように支援します。


ハイブリッド製造に柔軟な対応、ビジネス活動を支援

Infor Syteline ERPシステムは、製造実行システム (MES)、生産計画、ビジネス分析などの包括的な機能を1つのシステムで提供します。


前述したように、Infor SyteLineは繰返し生産、受注生産・受注組立、個別受注生産など、さまざまな生産形態に対応できます。


さらに、必要に応じて、製品管理および保守システム (QCS) などの Syteline オプションモジュールも使用できます。


クラウドシステムに基づいてソリューションを安全で保護し実行


【2023】Infor SyteLine ERPとは?機能・強み・評価を具体的に説明

Infor SyteLineを中心とするCloudSuite Industrialを通じて、Infor SyteLineをクラウドに導入することもできます。

Infor CloudSuite Industrialを通じてInfor SyteLine を最大限に活用する方法は次のとおりです。

  • 保証されたパフォーマンスと信頼性: 強力な処理と帯域幅の最適化により、ビジネスの継続性が保証されます。

  • ハードドライブを購入する必要はありません: CloudSuite Industrialをクラウド ソリューションとして起動すると、アカウントはデータセンターによって管理されます。

  • セキュリティ: 完全に装備された世界クラスのバックアップおよび災害復旧システムにより、自然災害などの最悪の場合でも安全性と通常の動作を確保します。


クラウド型でありながら高い拡張性に自信あり

クラウドベースのERPシステムが導入コスト・時間短縮という利点があったが、多くのビジネスが拡張性とカスタマイズ性について困難しています。


実は、専用のカスタマイズ機能を搭載されており、ノーコードでもカスタマイズをすることができます。システムを拡大する場合に、それらの機能が全部に引き継がれるため、システム開発コストの心配も解消されます。


また、Infor Syteline では、標準機能に加えて、機能を追加・強化できるオプションサービスも提供しています。 追加オプションを登録する必要があるので、無駄なく機能を拡張できます。


Infor SyteLine は御社のビジネスに適していますか?どのような拡張性の機会がありますか?


Infor SyteLineは、中小規模の個別製造企業、特に高度なBOMとレポート機能を必要とする中規模企業に最適なソリューションであることがわかりました。


【2023】Infor SyteLine ERPとは?機能・強み・評価を具体的に説明


レポート、カスタマイズ可能なダッシュボード、最新のユーザー インターフェイス、応答性の高い強力な BOM機能に優れたERPソリューションをお探しの場合、これが最良の選択となるでしょう。 さらに、エンジニアリング ボード(Engineering Board)とマテリアル プランナー ワークベンチ(Material Planner Workbench) 機能は、Infor SyteLine を他と区別する2つの最も目立つ機能です。


Infor Syteline ERP ソリューションの導入に成功した事例は数多くあります。代表的な例をいくつか示します。

必須の機能が標準でインストールされているため、メーカーはさまざまな問題を簡単に解決し、業界の要件を満たすことができます。 特に、柔軟な導入オプションとさまざまな形式の運用のサポートを必要とする Windows ユーザーにとっては重要です。

必須の機能が標準でインストールされているため、メーカーはさまざまな問題を簡単に解決し、業界の要件を満たすことができます。 特に、柔軟な導入オプションとさまざまな形式の運用のサポートを必要とする Windows ユーザーにとっては重要です。


ただし、ビジネスで高度なQMS機能が必要な場合、Infor SyteLineは最良の選択ではありません。 ナビゲーションは複雑であるため、新規ユーザーがシステムに慣れるためには、多くのスタッフのトレーニングが必要になる可能性があります。 SAP Business One と同様のソリューションを参照できます。


さらに、Infor SyteLine ERP と他のソフトウェアを同時に実行することも考慮する必要があります。 システム間でデータをリアルタイムに接続し、業務運営を簡素化し、分散システム間のデータ管理エラーを最小限に抑える方法。 HexaSync を使用した Infor SyteLine ソフトウェア統合ソリューションの回答を参照してください。


閲覧数:17回0件のコメント
bottom of page