top of page

SAP HANA とは? 機能・メリットの紹介

「データベースの応答時間がゼロだと仮定すると、ERP システムはどのようなものになるでしょうか?」

2000 年代半ば以降、この単純だが謎に満ちた研究課題に端を発し、SAP共同創設者のハッソ プラットナー氏は 2010 年に新しいテクノロジーSAP HANA を発売しました。 最初のコラムでは、高速データ処理ソリューション、卓越したアプリケーション開発SAP HANA についてもっと深く探求しましょう。

SAP HANAとは


SAP HANA とは? 機能・メリットの紹介_1

HANAは、High-Performance ANalytic Appliance の略称で、企業がデータをメモリに保存し、高速に処理できるようにして、情報システムに適したデータベースです。HANAは Hasso’s New Architecture、SAP社の4 人の創設者の 1 人であるハッソ によって開発された新しいアーキテクチャとしても理解できます。これは、SAP SE によって開発および販売されている、インメモリの列指向のリレーショナル データベース管理システムです。


ERP システムの機能がますます増加する中で、システム全体に点在するシステムや多くのデータベースを保守する必要があるため、ERP はますます煩雑になっています。SAP HANAは、複雑なビジネスシステムを簡素化し、同じプラットフォーム上の多くのビジネス アプリケーションにわたるデータのリアルタイム処理速度を向上させるためにリリースしました。


一般的のメモリは揮発性メモリであり、電源を切るとすべてのデータが消えてしまいます。一方、インメモリデータベースでは、データをメモリに保存する処理プロセスにようってデータの損失が回避されます。このテクノロジは、データを継続的に保存する機能メインメモリの高速処理を組み合わせた、データベース時代の最初の基盤をします。

じゃ、SAP HANAはそんな複雑な問題をどのように解決できるでしょうか。SAP HANAをSAP S/4 HANA ・SAP BW/4 HANAの業務運営の中核システムとして位置づける基本的な特徴を分析してみましょう。

SAP HANAプラットフォーム

現在,SAP HANAは多様な内部機能を提供するので、「データベース」の役割の他に、SAP HANAプラットフォームとよく呼ばれます。


SAP HANA とは? 機能・メリットの紹介_2

HANA プラットフォームには、企業のERPとBIの問題を解決できる三つの主な機能があります。それは

  • インメモリコンピューティング。

  • カラム型データベースによる効率的なデータ圧縮

  • 並列処理

それでは、HANAをより深く理解するためにこれらの機能について詳しく見ていきましょう。

HANAのインメモリコンピューティング

まず、一般的なパソコンのメモリがどのように機能するかを見てみましょう。メモリには、主なメモリは三つあります。

  • 補助メモリ: 最大かつ安価なメモリ。 磁気ディスクまたはソリッド ステート ドライブのいずれか。電源を切ってもデータは保持されます。データの書き込みまたは読み取りが非常に遅い。

  • メイン メモリ: ほとんどが RAM で構成されており、高価ですが、補助メモリよりもはるかに高速です。 電源を切るとデータが失われます。

  • キャッシュ メモリ: CPU の近くにある少量の非常に高速なメモリで、CPU が現在使用しているデータを保存します。


SAP HANA とは? 機能・メリットの紹介_3

SAP のR/3 ERP はサーバー上で実行され、巨大なデータベースを備えたメインフレーム コンピューターと見なされますが、R/3 の弱点は、データの取得に時間がかかるため、高度なデータ分析機能が欠如していることです。二次記憶。


では、インメモリテクノロジーはどのように違うのでしょうか?

当時のテクノロジにより、これまで補助メモリでしか利用できなかった記憶容量をメインメモリで使用できるようになりました。具体的には、インメモリ処理テクノロジは、すべての実データを 64 ビット アドレスで動作する巨大なメイン​​ メモリ (テラバイト) に保存します。高速CPUキャッシュを最大限に活用し、メモリアクセスによるデータ処理速度を向上させます。

HANAを使用すると、ERP の完全なデータセットがデスクトップまたはラップトップの RAM に保存され、迅速なアクセスが可能になります。さらに、毎日補助メモリを使用する必要がないため、時間を節約できます。インメモリ データベースの利点は、次のように通常のメモリとの基本的な比較によって簡単に確認できます。

通常のデータベースの構造とインメモリ データベースの構造を比較した表をみましょう。


データベース表

一般なメモリ データベース

インメモリデータベース 

データベース管理場所

デスク(すべてのデータ)

メモリ(すべてのデータ)

メモリ (よく使用データの一部のみ) 

SSD (すべてのデータ・バックアップ)

データベースエンジン

ディスクアクセス

インメモリアクセス

速度

  • ディスクアクセスの速度が遅い。 

  • バッチ検索/データ分析/バッチ処理が遅い


ディスクアクセスの速度が早い。 

  • ディスクアクセスの速度が遅い。 

  • バッチ検索/データ分析/バッチ処理が早い

  • SDDでは、定期的にログインしてデータを更新することもできます。スナップショットのおかげでデータは統合されます。

カラム型データベースによる効率的なデータ圧縮


以下のテーブルの例では、左側の最初のテーブル (基準テーブル) のデータには、顧客や原材料などの繰り返しデータが多数含まれます。


HANAデータベースの哲学の一つは、これまでの行指向のデータではなく列指向のデータを使用することです。データを列 (右) に作成すると、行 (左) のテーブルよりも簡単に圧縮され、読み込み速度が向上することがはっきりとわかります。


HANAを使用すると、標準テーブル1 のデータが 3 つの小さなテーブル (2、3、4) に変換されます。これにより、データが合理化され、行に保存されるため、データの重複が減ります。エラーが減り、データの圧縮が容易になります。そのため、数百から数千行のデータをスキャンすることなく、クエリを迅速にスキャンするのに役立ちます。


SAP HANA とは? 機能・メリットの紹介_4

HANAプラットフォームのデータベースはR/3 ERPやBusiness Suite 7などほかのOLTP システムより、もっとも高速なデータベースを提供します。

重複データを排除し、必要なときにすぐにデータ分析できるようにする非常に高速なOLAPツールを開発しました。その結果、データ フットプリントが大幅に削減され、データ サイズが小さくなったことでアクセスが高速化され、データの読み取りが高速化されることがわかりました。それは、SAP S/4 HANAが非常に高速である重要な理由の 1 つでもあります。

並列処理・パラレルプロセッシング

この機能は一般な概念であり、ABAP レポートおよびプログラムに実装されています。 つまり、業務ステップで実行されるレポートが並列処理用にプログラムされている場合にのみ、業務が並列処理されます。

列形式でデータを処理すると、データが垂直に分割されているため、並列操作が可能になります。複数の列を検索または集計する必要がある場合、これらの各操作を異なる処理コアに割り当てることができます。


SAP HANA とは? 機能・メリットの紹介_5

SAP HANAは、「インメモリへのデータの保存とアクセス」、「カラムでのデータ管理」、「並列データ処理」の 3 つの機能に加えて、SAP HANAプラットフォームのデータベース サービスの機能を使用することで、可用性の確保とデータベースの問題の解決も行うことができます。

SAP R/1のリリースから SAP S/4 HANAの現在バージョンに至るまでの開発プロセスを通じて、SAP HANAは SAP S/4 Hanaにおける3つの主要な柱の1つとなっています。そこで、SAP HANAとSAP S/4 HANAを混同する人がよくいますが、引き続きこの2つの概念の違いを理解できます。

HANAとS/4 HANAの違い

このセクションでは、S/4 HANA とは何ですか? という質問をします。S/4 HANA は「SAP Business Suite 4 SAP HANA」の略で、さまざまなものを集めたものです。 これが、HANAが十分に理解できない理由の 1 つです。



HANA 

S/4 HANA

基準

SAP基盤データベース


SAP アプリケーションスタック

  • 最新バージョンのSAP R/3(ECC 6) 用のアプリケーションのコレクション

  • S/4 はHANAデータベースで実行するバージョンです。

特徴

ECC 6はHANAデータベースで実行できます。

s/4 hana は hana データベース上でのみ実行できます。

Ưu điểm: 

  • SAP アプリケーションスタックを乾燥化します

  • 基礎となるテーブルを単純化します

  • 新しいUIであるFioriを提供します。


HANAの意味

速度

  • データとデフォルトのアプリケーションの速度が向上

  • データのアーキテクチャーを簡素化

  • 複数のインデックスを使用する必要がなくてアプリケーションの高速化

  • 以前は夜間に実行する必要があった業務が、ERP上で定期的に起動されるようになる。

開発の取り組み

以前は、ソリューション開発はプログラミングに大きく依存しており、SAPでさらに多くのテーブルを作成する必要がありました。

HANAは、CDS AMDP という2つの主要なテクノロジーに基づいて、コードやテーブルを削減します。

  • 企業が開発する必要がある 2つの機能

  • 新しいテクノロジーを使用してより良いソリューションを所有.

CDS と AMDP の容量については、「なぜSAP S/4 HANA が高速に動作するのか」の記事をご一読ください。

提案解決法

  • SAP HANAは、大規模なデータセットに基づいて、より優れた、よりスケーラブルなソリューションを提案します。

  • BWでのみ利用可能なタスク (プレビューの実行と合成、日次KP レポートなど) を実行できるようになり、ERPでも利用できるようになりました。

  • 意思決定プロセスを行うためにより大きなデータセットを使用

Fioriインターフェース

  • これはSAPの新しいテクノロジー、不必要なシステム対話を排除します。

  • ブラウザだけで、SAPにアクセスできます。

  • 内部ユーザインタフェースと外部ユーザインターフェースから、新しい操作や画面を簡単に作成できます。

SAP HANAは、最もシンプルな方法でユーザー エクスペリエンスを向上させ、ユーザー プロファイルによって提供されるすべてのユーザーが平等な価値を持てるようにすることに集中しています。


結論

今回のコラムを通じて、SAP HANAの重要性と大量の複雑なデータを効率的に管理できる理由を理解できれば、良かったです。ビジネスに合わせて、オンプレミスとクラウド サービスの両方で SAP HANAの容量を完全に拡張できます。それを理解することは、SAP S/4 HANA ERP ソリューションの導入を検討するための足掛かりにもなります。


閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page