top of page

SAP S/4HANA全体像の紹介

更新日:1月16日

ERPとは何ですか?

SAP S/4 HANAを学ぶ前に、ERPシステムとは何の意味かと理解しておきましょう。基本的な概念によると、ERP(Enterprise Resource Planning の略 - 企業資源企画) は企業全体を管理システムです。つまり、経済、販売、製品、倉庫、会計、CRM、電子商取引、注文、マーケティングなど、部門全体をすべて同じシステム上で管理しており、それがERPと呼ばれます。

市場における主要なERPとしては、Microsoft Dynamics 365、Oracle、Infor SyteLine などが挙げられます。

ERPは企業にとって重要なので、このコアシステムを拡張しなければなりません。自分の組織に適したERPシステム導入し、さらには事業開発の各階段に合わせてERPシステムを変更することも検討したほうがいいです。


SAP S/4HANAとは?

SAPは、世界のERPソリューション市場における一流の企業の一つであり、現在の主要な製品はSAP S/4HANAです。

SAP会社は当初、ERPシステムを中心としたソリューションを提供していました。現在、顧客体験を提供するSAP Customer Experience: 旧 SAP C/4 HANA、SAP Ariba (販売管理)、SAP Concur (予算決済)、SAP Successfactor (HR 管理)などがあり、SAP Ariba 販売管理、SAP Concur 予算決済、SAP Successfactor - HR 管理などがあり、多くの業務ソリューションを提供します。

上記のすべてのアプリケーションを含む「インテリジェント エンタープライズ」というSAPのコンセプトにおいて、SAP S/4HANA はSoR (記録システム) を担当する基盤とみなされ、重要な役割を果たす「デジタルコア 」と位置づけています。それぞれの独立したERPビジネスソリューションを推進するインフラとして重要です。

1979 年以来、SAP の開発プロセスを通じて、SAP は長年にわたり、SAP R/2、SAP R/3、SAP ERP から多くの改良バージョンをリリースしてきました。2015年2月に、SAPは新世代のビジネスソフトウェアをリリースし、SAP S/4 HANA (Sap Business Suite for Hana の略) と呼ばれすぐに人気になりました。


SAP S/4 HANA introduction_1

「Suite for HANA」のコンセプトは、「Suite on HANA」と間違えないように、注意してください。

  • 「Suite for HANA」:HANAデータベース上で実行されるSAP ECCシステムです。

  • 「Suite on HANA」:ゼロから完全に再設計された次世代 ERP システム。簡素化されたデータ モデル、合理化されたアーキテクチャ、FIORIを使用したユーザー エクスペリエンスの向上、AIや機械学習などの先進テクノロジーを提供します。

SAP S/4 HANAはインメモリデータベース「SAP HANA」を基盤としたERPソリューションで、SAPの第4世代ERPの特徴を際立たせるポイントでもある。インメモリデータベースであるSAP HANAにより、s/4 Hana をパブリッククラウドやプライベート クラウド、またはオンプレミスでも自由に展開できます。例えば、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドに展開すると、わずか数分でストレージを最大 60 TB (テラバイト) まで拡張できます。

SAP S/4 HANA introduction_2

SAP S/4 HANAは以前のSAP ERPからSAP HANAに移動するだけでなく、SAP HANAの可能性を最大限に使用するため、全面的な再構築が

  • データ モデルを簡素化し、中間テーブルを最小限に抑え、メイン テーブルのみを保持します。

  • 単一の備品管理台帳でプロセスを簡素化します。

  • 製品の処理量・生産高というスループット向上:製品をデータベースに追加するだけで、標準の価格制限はありません。


SAP S/4 HANAのメリット

ゼロレスポンスタイム

SAP S/4 HANA introduction_3

S/4 HANAはSAP HANAのインメモリデータベースの技術を基本として、データ処理速度が圧倒的に向上しています。ほとんどの業務の処理速度の速さは、「常にデータベースのレスポンスタイムがゼロだと仮定したら、ERPシステムはどのようになるだろうか?」という不可解な問いかけから始まりました。また、なぜS/4 HANAがそんなに早いかという問題を理解できる技術を一読ください。


同じプラットフォーム上で分析とレポート

SAP S/4 HANAは、新しいERPをゼロから再構築して、データ モデルとプロセスを簡素化します。旧バージョンの ERP のようにデータウェアハウス・DWHを利用する代わりに、同じプラットフォーム上で分析とレポート作成を行うことで、重要なビジネス情報を迅速に取得できます。


TCO・総保有コストとストレージコストの削減

高速レスポンスタイムの次の効果はビジネスの概要を改善し、ビジネス プロセスの効率を見直すのに役立ちます。データサイズの削減により、部門の作業量が削減され、TCO(総所有コスト) が削減されるだけでなく、インフラストラクチャコストも削減されます。


オンプレミス・クラウド・ハイブリッドの両方で柔軟な導入の可能

S/4 HANAをオンプレミス、クラウド、ハイブリッド方法などどこにデプロイするかを自由に選択できます。Microsoft Azureとも互換性があり、より戦略的な企業情報システムを立ち上げえることができます。


さらに、SAP S/4 HANAの主要モジュールであるFI(財務会計)、CO(会計管理)、SD(販売管理)、MM(在庫管理)、 または最近登場した重要なモジュールは、hr (人材管理) と ppds (生産計画) などの役割と連携を理解すれば、ERP導入がより便利になります。


ケーススタディS/4 HANAのお客様の成功事例

以下はS/4 HANAの多様な成功顧客の一つの代表例です。


SAP S/4 HANA introduction_4

S/4 HANAを導入する前に、Swiss Post.Ltd は市場での競争の激化、郵便量の減少、低金利による利益率の低下という問題に直面していました。問題は、約11のERと9つのDWH・データ ウェアハウスが、コア プロセスと分散マスター データを備えたスイスのポスト部門によって分離されているという事実にあります。これにより、財務、顧客、サプライヤーのデータを統合する際に、リアルタイムの透明性が欠如し、コストが発生します。

ソリューション

  • コアプロセスとデータを単一の「デジタルコア」に再編成します。

  • システムのランドスケープは、SAP S/4 HANAのインスタンスとSAPビジネスDWHのアプリケーションの1つに最適化されています。

  • 調達および人事管理活動をクラウド (SAP Ariba、SAP SuccessFactor) に移行し、SAP  Master Data Governance ・マスターデータ管理アプリケーションに基づくデータ管理センターを使用します。

  • SAP ソリューション マネージャー向けの重点的なビルドによってサポートされる革新的なプロジェクトで SAP Cloud プラットフォームを使用します。

結果

  • スイスポストグループとそのビジネスパートナーとの関係におけるリアルタイムの透明性

  • 単一の信頼できる情報源による標準化されたデータプロセス

  • TCO (総所有コスト) を最大 30% 削減し、不要なインターフェイスを 70% 削減します。

特に、このケーススタディを通じて、将来のイノベーションプロジェクトのためのスマートエンタープライズフレームワークが構築されました。


SAP S/4 HANAはあなたのビジネスに適していますか?

SAP S/4 HANAはリリース以来、シンプルさを追求した結果、このシステムに重要な機能が欠けてしまうのではないかというユーザーからの多くの疑問に直面してきました。実際、S/4 HANAチームは貢献を重視し、機能/モジュールを毎日改善しています。

Sap S/4 HANAのモジュールは、これが非常に実用的で実用的な ERP ソリューションであることを部分的に示しています。複雑なビジネス プロセスをより効果的に管理したいと考えている大規模企業の場合、s/4 hana は検討する価値のある ERP です。

S/4 HANAの導入のチャレンジについて、次のような課題に注意しましょう。

  • 機械学習などの高度なテクノロジーと並行して、完成プロセス中にシステムにはまだ制限があり、企業は上記のソリューションの欠点やギャップを認識する必要があるためです。

  • 導入の難しさは、この ERP のテクノロジーとはあまり関係なく、組織の種類 (展開する製品の種類) の性質に関係しています。

  • S/4 HANAやその他の ERP の導入を希望する大規模な世界的多国籍企業や複雑な組織にとって、変革は非常に複雑になり、多くの変更が必要になります。したがって、企業は適切なリスク軽減とプロジェクト管理方法を確実に導入する必要があります。

ERP システム、特に SAP S/4 HANA のERP導入の一般的な課題を解決する方法について、いくつかのヒントを紹介します。

  • 導入する前に、s/4 hana の価値をニーズと比較して検討し、他の ERP システムと比較してください。

  • 将来的に前進するには、組織内のすべての部門が最初から連携する必要があります。そうすることで初めて、ビジネス プロセスを管理し、望ましい効果を達成するために何を変更する必要があるか、どこを強化する必要があるかを管理できるようになります。

  • 現在だけでなく将来的に、S/4 HANA テクノロジーを活用してこれらのビジネス プロセスをサポートする方法を決定します。

  • 変更管理に重点を置きます。非技術的な側面に焦点を当てます。これは、人的資源と組織の運営を調整するための投資に焦点を当てることを意味します。最終的には、これは S/4 HANAのテクニックよりもさらに強力な役割を果たします。

さらに、S/4 HANA やその他のシステムを一元的かつ効率的に管理するには、クロスプラットフォームのデータ統合プラットフォームであるHexaSync などのサードパーティ ソリューションの選択を検討してください。


つまり

ERP システムを導入したことがない場合、または古い SAP ERP を使用していて s/4 hana バージョンに切り替えたい場合は、上記の情報が役に立ちます。S/4 HANAについてさらに詳しく知りたい場合は、以下の関連記事を参照することをお勧めします。


閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page