top of page

【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5

ERPトレンドをアップデート

自分のEコマースプラットフォームを効果的で運用できるのは大問題になっています。この問題を解決するため一流のソリューションは組織に企業資源企画・ERPシステムを使用することです。ERPソリューションはあらゆる規模・業界である企業があらゆるビジネスプロセスや機能を唯一のシステムに統合して管理できます。

Statistaの調査によると、2024年に世界のERP市場は970億ドルに成長するとされ予測されています。その中に、SAPとOracleは市場の主要ベンダーの二つです。

日本には、信頼性の高い流行のERPシステムがいくつかあります。


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_1

各ERPシステム次第で、異なる機能セットや特徴が含まれるので、Shopifyストアに最適な各ERPシステムの詳細を提供いたします。


ShopifyとERPと統合は何?なぜ必要なのか?

Storeleadのレポートによると、2023年第の3四半期に、日本のShopifyストアは全四半期比12.1%増加し、前年比67%増加しました。これらの数字は、Shopifyが日本市場におけるShopifyの目立つ成長率を表示しながら、このプラットフォームを管理するチャレンジも気になります。そこで、ERPソリューションはこんな問題に向かっています。


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_2

Shopifyをはじめ、Eコマースプラットフォームで、販売チャネル、在庫、決済方法、会計、注文管理ツール、利益管理ツールなど多様なシステムを一元管理しなければならなりません。管理業務が多すぎて、Shopifyストアが成長すると困難になってしまいました。

  • 製品カタログを管理し、注文を行う。

  • 手作業により、在庫の製品を追跡して管理

  • 人事のコストが増加

主な理由はほとんどの業務・部門における連携性とコミュニケーションがないからです。そんなことを悩んでいるなら、ERPソリューションを選択しShopifyストアと統合する時期が来ています。

今、ShopifyとERPの統合について説明ましょう。これは、Shopifyストアを企業内のシステムに連携するプロセスです。具体的には、在庫、注文、顧客などあらゆる情報をERPデータベースシステムに同期します。それで、二つのシステム間の共通のデータフローが作成され、顧客体験を向上できます。

それに、ShopifyとERPの統合による双方向コミュニケーションを促し、ストアに次のような利点をもたらします

  • 重複しやすい手動データ入力を取り除く

  • 関連するデータと倉庫のステータスは常に正確かつ透明

  • 複数のデータ入力必要がない価格変更

  • 顧客に自動に通知し、顧客体験を向上

  • ビジネスを成長させ、24時間年中無休の販売からより多くの利益を獲得

上記はオンラインストアを促進し合理化するためShopify ERP統合に投資することの重要性を示しています。Shopifyストアがさらに強力に発展させたければ、複数のERPシステムを統合する方法が必要です。


Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5

Microsoft Dynamics 365


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365は、よく使うユーザーインターフェースを備えたMicrosoftno信頼できる主要なERPシステムです。Microsoft Dynamics は、CRMソリューションであり、さまざまな手頃なプランを備えたクラウドベースのERPです。

主な機能

Microsoft Dynamics 365は次のような主な機能を提供します

  • Finance and Operations

  • Retail

  • Talent

  • Sales

  • Customer Service

  • Project Service Automation

  • Field Service

  • Marketing

価格

Sales:

  • プロフェッショナル:¥8,125毎月1ユーザあたり

  • 企業:¥11,875毎月1ユーザーあたり

Finance: ¥22,500毎月 1 ユーザーあたり

Customer insight: 最低料金 ¥212,500毎月テナント 1 件あたり

Supply chain management: ¥22,500毎月 1 ユーザーあたり

Service:

  • Customer Service Professional: ¥6,250毎月 1 ユーザーあたり

  • Customer Service Enterprise:¥11,875毎月 1 ユーザーあたり

  • Field Service:¥11,875毎月 1 ユーザーあたり

  • Remote Assist: ¥8,125毎月 1 ユーザーあたり

Commerce: ¥22,500毎月 1 ユーザーあたり

Project Operations: ¥15,000毎月 1 ユーザーあたり

リビュー

  • メリット:拡張のCRM機能とOutlookとExcelなどのMicrosoft Officeの製品に統合します。AI

  • デメリット:小企業にとっては高価です。初心者には操作が難しくモバイルアプリの機能が期限されます。

SAP Business One


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_SAP Business One

SAP Business Oneは中小企業が運営し、高利益で成長できるようにするアプリケーションです。これは、会計、ERPシステム、ディスクリート製造業向けのERPシステムなど包括的なアプリケーションの一つです。

主な機能

  • Financial Management

  • Sales and Customer Management

  • Purchasing and Inventory Control

  • Business Intelligence

  • Analytics and Reporting

価格

価格の詳細についてはSAP B1のセールチームに直接連携する必要があります。SAP Business Oneは一般的に認定パートナーを通じて販売されます。ビジネスが、ライセンス料とユーザーの数に応じて料金を支払います。

リビュー

  • メリット:導入やカスタマイズが簡単にでき、複数のデータソースに連続しクエリを実行できるため、ワークフローの簡素化できます。

  • デメリット:初心者にはカスタマイズが難しく、サプライチェーン管理が複雑かもしれません。外部のシステムに連携することは期限されます。

  • もっと詳しく知りたい方はSAP Business One リビュー:価格、メリット・デメリットでご覧ください。

Infor SyteLine


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_Infor SyteLine

Infor は、複雑な製造プロセスを自動化する、製造業向けのERPシステムです。Infor SyteLineはInforが提供する組立製造業向けの主なERPシステムです。

主な機能

  • Hybrid manufacturing

  • 部品表と工程表管理 - Bill of materials BOM

  • 資材所要量計画 - Material Requirements Planning MRP

  • 資材調達計画および工程負荷計画 - Advanced Planning and Scheduling APS

  • Customer service dashboard

  • Business intelligence tools

価格

Infor SyteLineのソフトウェアライセンス料は376万円からです。また、レポートソースコードと日本カントリーパックなど、他のオプションモジュールは増加料金が発生します。

リビュー

  • メリット:効果的なサプライチェーン管理で製造業及び流通業を目的としています。また、4.0テクノロジーの生産を提供します。

  • デメリット:再企業向けに複雑な構成が必要であり、ユーザーフレンドリーのインターフェースではありません。

Netsuite


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_Netsuite

会計、財務計画作成、ウエアハウス管理、Eコマース、CRMなど多様なモジュールアプリを37000以上の顧客に提提供するERPクラウドです。世界でビジネスを運営したら、Oracle Netsuite ERPが最適です。

主な機能

  • Accounting

  • Financial Management

  • Global Business Management

  • Inventory Control and Warehouse Management

  • Order Management

  • Supply Chain Management

  • Fixed Asset Management

  • Payment Management

  • Demand Planning

  • Purchasing and Vendor Management

  • Manufacturing

  • Billing Management and Invoicing

価格

顧客次第価格が編集します。これはERPの構成、必要な追加モジュール、総ユーザー数、契約期間が含まれます。

リビュー

  • メリット:Netsuiteは強力な会計管理や財務管理、プロジェクト管理、業界を超えたオプションを組み合わせています。優れた拡張性がビジネスの長期的な成長に役立ちます。また、Eコマースに統合することができます。

  • デメリット:価格と導入コストが高く、長期の導入時間が必要です。 NetSuite はオンプレミス バージョンを提供していなくて、サードパーティ プラットフォームとの統合により遅延やダウンタイムが発生しやすくなります。

Odoo


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_Odoo

Odooは、多様なビジネスアプリケーションを唯一のシステムに統合するERPシステムだから、複数なアプリを運用しようとする大企業に対応できます。Odooはオープンソースコードに基づいて構築されており、販売、マーケティング、人事、会計など、田泓な機能を提供しています。

主な機能

  • Inventory and Supply Chain

  • Sales Management

  • Ecommerce

  • Finance and Accounting

  • Marketing

  • CRM and POS

  • Human Resource Management

リビュー

  • メリット:無料であるオープンソースコード。包括的な機能を備えた柔軟性で、アプリ・ユーザーごとの個別のコストが必要とせずに、アプリケーションを双方に統合でできます。ユーザーフレンドリーなインターフェース

  • デメリット:大規模なプロジェクト管理には制限があります。 サポートがビジネス ニーズを満たしていない可能性もあります。無料プランではアプリは 1 つだけ使用でき、ユーザー・従業員を追加または削除しても価格は自動的に調整されません。

HexaSync・データ統合プラットフォームでShopifyをERPに統合を実行

Shopifyを改善する上で、優れたアプリを選択した後で、二つのシステム間の連携、コミュニケーションを行うためコネクターを見つけましょう。Eコマースプラットフォームを統合したことがないばあい、上記のEコマース統合情報に圧倒されるかもしれません。でも、HexaSyncを選んだら、ERP導入のチャレンジのストレスを解消できます。


【2023年版】ShopifyとERPの統合:Shopifyに統合するため、最適なERPのトップ5_3

HexaSync は、選択された機能を使用して、すべての統合要件が合理的なコストで徹底的かつ完全に実装されることを保証します。

  • ミドルウェア:すべての複雑な統合をサポートするアプリケーションに依存しないプログラム。

  • EAV Design Pattern:データモデリング機能の強化。

  • Message Queue-Based Architecture(メッセージ キュー ベースのアーキテクチャ): スタンドアロン アプリケーションのコードを削減しながら、パフォーマンス、信頼性、柔軟なスケーラビリティを向上させます。

  • Cell-based Mapping:永続的な同期のためにデータ ファイルを特定します。

  • 他のERPアプリケーションとの統合: HexaSyncを利用すれば、EコマースのストアフロントをあらゆるERPソリューションに簡単に接続できます。

レガシーシステムを使用している場合でも、HexaSyncが特定のビジネスニーズに合わせて、調整されたシステムにデータをシームレスに接続することも可能になります。

結論

ニーズ、規模、予算、戦略に基づいて、市場調査でShopifyストアに適当なERPソリューションを選択できます。さらに、運営の簡素化、ビジネスプロセスの自動化、効率の向上を実行するため、信頼できるサードパーティーのデータ統合プラットフォームでチームを活性化しましょう。


閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page